逆転英語ブログ

担当した生徒の成績を【最大30点上げた暗記式ではなく紐づけ式】英文法・英作文・英文読解・英単語・過去問の基礎講座を無料公開。オンラインなので、納得するまで基礎講座を試せる。解答力が身に付く解法講座を有料公開。中学3年時2/5の成績→高校入学後4・5/5の成績に逆転→正解の理由を説明できなかった生徒を正解の理由もできる生徒にした講義をした大学時代3年間塾講師のアルバイト。

カテゴリ:逆転英語英単語講座 > 名詞を使った英単語

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「英単語problem×現在完了形の疑問文を紐づけし学ぶ」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度富山県公立高校入試問題で出題された英文を読み、problemの意味は分かるかな

【2020年度富山県公立高校入試問題】
Have you ever heard of the microplastics problem?


「英文を見ると、the microplasticsの後にproblemがある。なので、problemは名詞だと分かる。problemは、名詞問題という意味で使われている」

 「正解。今回の英文で勉強できる英文法が1つあるけど、何だと思うかな。

「今回の英文で勉強できる英文法は、現在完了形の疑問文

 「正解。どうして今回の英文で勉強できる英文法は、現在完了形の疑問文なのかな。

「今回の英文で勉強できる英文法は、現在完了形の疑問文になる理由は、Have・ever heardがあるから」

 「正解。現在完了形の疑問文の作り方は、どうすれば良かったかな。

「現在完了形の疑問文は、have・hasを文頭に持って来れば良かった

 「つまり、現在完了形の疑問文の文の形は、Have(Has)+主語+動詞の過去分詞+~?となる。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「今回は、英単語problem×現在完了形の疑問文を紐づけし学ぶについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<現在完了形の疑問文について>
肯定文 主語+have(has)+動詞の過去分詞+~.

疑問文→Have(Has)+主語+動詞の過去分詞+~?

・はい→Yes,主語+have(has).

・いいえ→No,主語+have(has)not.

problemについて話している人

▼追伸
3か月後の自分に今よりも英語力を身に付けたいあなたへ



▼追伸
最後まで逆転英語紙上講義を受講して頂き、ありがとうございます。

逆転英語紙面講義を持ち運び、スキマ時間に英語の基礎力を身に付けませんか。



第14講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「英単語voices×be動詞の過去形の否定文を紐づけて学ぶ」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2021年度大学入試共通テストで出題された英文を読み、voicesの意味は分かるかな

【2021年度大学入試共通テスト】
Mountain Pear have great voices,but they were not exciting on stage.



「英文を見ると、haveの後ろにvoicesがある。なので、voicesは名詞だと分かる。voicesは名詞・voiceの複数形として使われている」

 「正解。今回の英文で勉強できる英文法は、何かな。

「今回の英文で勉強できる英文法は、be動詞areの過去形wereが使われているので、be動詞の過去形の否定文を勉強できる」

 「正解。be動詞の過去形の否定文は、どのように作れば良かったかな。

「be動詞の過去形の否定文は、be動詞の現在形の否定文と同じように考えれば良かった。なので、be動詞の過去形の否定文は、be動詞の後ろにnotを入れれば良かった」

 「正解。つまり、be動詞の過去形の否定文の形は、主語+be動詞の過去形+not+~.となる。今回は、英単語voices×be動詞の過去形の否定文を紐づけて学ぶについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<be動詞の過去形の否定文について>
肯定文 主語+be動詞の過去形+~.

否定文→主語+be動詞の過去形+not+~.

voicesについて話している人

▼追伸
3か月後の自分に今よりも英語力を身に付けたいあなたへ



▼追伸
最後まで逆転英語紙上講義を受講して頂き、ありがとうございます。

逆転英語紙面講義を持ち運び、スキマ時間に英語の基礎力を身に付けませんか。



第13講のみでも購入できます。

↑このページのトップヘ