こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「英単語young×have(has)の使い分けを紐づけし学ぶ」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2015年度大学入試共通テストで出題された英文を読み、youngの意味は分かるかな

【2015年度大学入試共通テスト】
However,this rise in the use of SNS by young people has been accompanied by increasing anxiety among parents and teachers.

「今回の英文を見ると、youngの後ろにpeopleと書かれている。なので、youngは、形容詞だと分かる。youngは、形容詞若いという意味で使われている」

 「正解。今回の英文で勉強できる英文法は、1つある。勉強できる英文法は、何か分かるかな。

「今回の英文で勉強できる英文法は、現在完了形かな」

 「おしい。has+動詞の過去分詞に着目したことは良いこと。もっと広く考えると、どうかな。

「あ。もしかしてhave(has)について勉強できるということかな」

 「正解。つまり、have(has)の使い分けについて勉強できる。have(has)の使い分けは、3つあったよね。have(has)の3つの使い分けは、何だったかな。

「have(has)の3つの使い分けのまず1つ目は、一般動詞として使う主語+have(has)+~.。2つ目は、助動詞として使う主語+have(has) to+動詞の原形+~.。最後3つ目は、現在完了形として使う主語+have(has)+動詞の過去分詞+~.の3つの使い方がある」

 「正解。今回のhasはどうして現在完了形として使われていると判断したのかな。

「今回のhasを現在完了形として使われていると判断した理由は、英文にhas+動詞の過去分詞が書かれていたから

 「正解。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「今回は、英単語young×have(has)の使い分けを紐づけし学ぶについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<have(has)の使い分けについて>
一般動詞→主語+have(has)+~.

助動詞→主語+have(has) to+動詞の原形+~.

現在完了形→主語+have(has)+動詞の過去分詞+~.

youngについて話している人

第32講のみでも購入できます。