こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「英単語planning×現在進行形の肯定文×to不定詞を紐づけし学ぶ」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度大学入試共通テストで出題された英文を読み、planningの意味は分かるかな

【2020年度大学入試共通テスト】
I heard Emma is planning to quit her full-time job.


「今回の英文を見ると、動詞にingが付いているのが分かる。なので、planningはplanにingが付いた現在分詞だと分かる。今回の英文で使われているplanningは、一般動詞・planの現在分詞として使われている」

 「正解。どうしてplanの現在分詞は、planningなのかな。

「planを見ると、母音+子音になっている。母音+子音にingを付ける時には、子音+子音ingにすることになっている」

 「正解。今回の英文で勉強できる英文法は、3つあるんだよ。まず1つ目は、今話したingの作り方について。もう2つは何だと思うかな。

「今回の英文で勉強できる英文法の残り2つのうち1つは、be動詞+動詞ingがあるので、1つは現在進行形の作り方。もう1つは、to+一般動詞の原形があるので、to不定詞の基本形の2つの英文法を勉強することができる」

 「正解。つまり、今回の英文では、3つの英文法を勉強することができる。まず1つ目は、ingの作り方。2つ目は、現在進行形の作り方。最後3つ目は、to不定詞の基本形の3つの英文法を勉強することができる。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「to不定詞の基本形には、2つあったよね。to不定詞の基本形は、どんな形だったかな。

「to不定詞の基本形の1つは、主語+動詞+to動詞の原形+~.。もう1つは、To動詞の原形+動詞+~.の2つがある」

 「正解。今回は、英単語planning×現在進行形の肯定文×to不定詞を紐づけし学ぶについて話しました。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
<英単語plannningについて>
一般動詞・planの現在分詞

<ingの作り方について>
・原則→動詞ing

・-e→―ing

・母音+子音→母音+子音+子音ing

<現在進行形の作り方について>
主語+be動詞+動詞ing~.

<to不定詞の基本形について>
・主語+動詞+to動詞の原形+~.

To動詞の原形+動詞+~.

英単語planningについて話している人

▼追伸
3か月後の自分に今よりも英語力を身に付けたいあなたへ



第6講のみでも購入できます。