生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。「授業が分からない」「過去問の解説が分からない」あなたでも英語の知識を積み上げ、「授業が分かる」「過去問が解ける」あなたに。講義は何度でも受け直すことができます。

カテゴリ:逆転英語過去問講座 > 富山県公立高校入試の英語問題解説

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「2017年度富山県公立高校入試問題【3-1(2)】を解説する」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2017年度富山県公立高校入試問題【3-1(2)】を読み、解答を考えてくれるかな

【2017年度富山県公立高校入試問題【3-1(2)】】
A:Let’s go shopping at the supermarket.

B:Do(you/to/have/with/go/I)?


授業を受けている生徒「英文を見ると、to/have/goと書かれている。なので、have to動詞の原形の並び替え問題だと分かる。ここまで並び替えると、have to go。残りの英単語を見ると、you/with/I。主語となり得る英単語が2つある。youとIのどちらが主語になるのか分からない」

授業をしている講師「今回の問題に正解できなかった受験生も授業を受けている生徒と同じようにyouとIのどちらが主語になるのか分からなかった。実は、今回の問題は2つのことに着目することで、youとIのどちらが主語になるのか判断することができた。1つは、Aが話した内容。もう1つは、Bが話した内容にhave to動詞が使われていることだよ。Aが話した内容は何かな

授業を受けている生徒「Aが話した内容は、Let’s go shopping at the supermarket.。あ。Let'sを使っているのAはBにgo shopping at the supermarketすることを誘っていると判断することができる」

授業をしている講師「そうだよね。have to動詞からは何を判断することができるかな

授業を受けている生徒「have to動詞は、必要性がある時に使う。なので、BはAに対して私も go shopping at the supermarketする必要性があるのかを質問していると判断することができる」

▼関連記事



授業をしている講師「そうだよね。2つのことから判断すると、今回の問題の主語は、youとIのどちらかな

授業を受けている生徒「今回の問題の主語は、Iになる。なので、今回の問題は、Do I have to go with you?

授業をしている講師「正解。並び替え問題の中には、今回の問題のように会話の全体を把握しないと正しく解くことができない問題もある。なので、英文の文中にある並び替え問題は、1文だけで問題を解こうとせずに全体から問題を判断し、解くようにしてね

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、2017年度富山県公立高校入試問題【3-1(2)】を解説するについて話しました。あなたが今回の問題の正解できなかった場合にもしっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の問題の正解について>
Do I have to go with you?

逆転英語5




 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「比較級 and 比較級と判断させる英文の形容詞変形問題を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2020年度富山県公立高校入試問題に出題された英文を題材にした形容詞変形問題を読み、解答を考えてくれるかな

【2020年度富山県公立高校入試問題】
Plastic garbage in the sea becomes smaller and (small) after many years.


授業を受けている生徒「英文を見ると、smaller and (small)と書かれている。なので、andで繋がれた英文の変形問題だと分かる。今回の英文では、smaller and (small)となっている。なので、andの前が比較級になっているからandの後も比較級にするのかな。今回の問題は、Plastic garbage in the sea becomes smaller and smaller after many years.

授業をしている講師「正解。今回の問題は、授業を受けている生徒が話したようにandが前後で語句を同じ形にし、繋ぐことがあることを押さえていることで解ける。しかし、もう1つ今回の問題を解く方法がある。もう1つ今回の問題を解く方法は、何か分かるかな

授業を受けている生徒「うーん。分からない」

授業をしている講師「今回の問題を解くもう1つの方法は、「ますます~だ」の意味がある比較級 and 比較級に着目する方法だよ。今回の英文を見ると、smaller and (small)と書かれている。なので、smaller andを見た瞬間に比較級 and 比較級にするのではないかと予想をすることができる。今回の問題を正しく正解できた受験生と正しく正解できなかった受験生の差は、比較級 and 比較級を理解することができているかなんだよ

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、比較級 and 比較級と判断させる英文の形容詞変形問題を押さえるについて話しました。あなたが今回の問題で、比較級 and 比較級に着目できなかった場合には、しっかりと復習してね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の形容詞変形問題の正解について>
Plastic garbage in the sea becomes smaller and smaller after many years.

逆転英語5




 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「to不定詞の英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2020年度富山県公立高校入試に出題された英文を読み、文構造を考えてくれるかな

【2020年度富山県公立高校入試】
I’m reading a book about the first native English-speaker to teach English in Japan.


授業を受けている生徒「英文を見ると、to teachがある。なので、to不定詞を意識しながら文構造を考えないといけないと分かる。英文が長いので、I’m reading a book about the first native English-speakerまでで文構造を考える必要がある。主語はI。動詞はam reading。目的語はa bookだと分かる。to teach以下が何処について説明しているの分からない」

授業をしている講師「to teachまでの文構造を把握できている。どうしてa bookを目的語と判断したのかな

授業を受けている生徒「a bookを目的語と判断した理由は、I=a bookと言えないから」

授業をしている講師「正解。英文を見ると、about the first native English-speakerは何について説明しているかな

授業を受けている生徒「about the first native English-speakerは、どんな本なのかについて説明している。なので、a bookについて説明している」

授業をしている講師「正解。the first native English-speakerでは、具体的にどんなthe first native English-speakerなのか分からない。そこで英文を読み進めると、to teach English in Japanと書かれている。英文にto teach English in Japanと書くことで、具体的にthe first native English-speakerなのかについて説明している。to teach English in Japanは、何について説明していることになるかな

授業を受けている生徒「to teach English in Japanは、the first native English-speakerについて説明している」

授業をしている講師「正解。to teach English in Japanの文構造は、どうなっているかな

授業を受けている生徒「英文を見ると、to不定詞のto teachが使われている。なので、動詞はteachだと分かる。Englishを補語か目的語か考えると、目的語だと分かる。なので、動詞はteach。目的語はEnglish

授業をしている講師「正解。つまり、今回の英文の文構造は、主語+動詞+目的語+動詞+目的語.ということになる」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「to不定詞の4つの使い方があったよね。to不定詞の4つの使い方は、どんな使い方だったかな

授業を受けている生徒「to不定詞の4つの使い方のまず1つ目は、名詞的用法の~すること。2つ目は、形容詞的用法の~する~。3つ目は、副詞的用法(動作の目的)の~するために。最後4つ目は、副詞的用法(感情の原因) の~しての4つの使い方がある」

▼関連記事



授業をしている講師「正解。今回は、to不定詞の英文の文構造を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文の文構造について>
主語+動詞+目的語+動詞+目的語.

逆転英語5




↑このページのトップヘ