逆転英語ブログ

担当した生徒の成績を【最大30点上げた暗記式ではなく紐づけ式】英文法・英作文・英文読解の基礎講座を無料公開。解法講座をメールマガジンで有料公開。中学3年時2/5の成績→高校入学後4・5/5の成績に逆転→大学時代3年間塾講師のアルバイト。正解の理由を説明できなかった生徒を正解の理由もできる生徒にした講義。

カテゴリ:逆転英語過去問講座 > 東京都公立高校入試の英語問題解説

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「関係代名詞×未来形×長文でも分解することで理解できます」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2019年度東京都公立高校入試に出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2019年度東京都公立高校入試】
The train that stops at Ayame Station will leave at nine forty,and the train that stops at Momiji Station and Keyaki Station will leave at nine forty.


「英文を見ると、willが使われている。なので、未来形の肯定文についての知識が必要だと分かる」

 「おしい。実は、今回の英文で必要な知識は2つある。1つは、が言った通り、未来形の肯定文。もう1つは、The train that stops at Ayame Station・the train that stops at Momiji Station and Keyaki Stationに隠されている。The train that stops at Ayame Station・the train that stops at Momiji Station and Keyaki Stationで使われている英文法は、何だと思う。

「The train that stops at Ayame Station・the train that stops at Momiji Station and Keyaki Stationで使われている英文法は、that以下でthe trainについて説明しているので、関係代名詞かな」

 「正解。今回の英文を入試で初めて見てThe train that stopsが出て来た瞬間に、関係代名詞が使われていることを疑うことができなかった人は、The train that stops at Ayame Stationを読んだ瞬間に頭がパニックになり、問題を正確に解くことができなくなる。しかし、The train that stopsが出て来た瞬間に、関係代名詞が使われていることを推測できた人は、英文を読み進め、関係代名詞が使われていることを確認し、問題を正確に解くことができる」

「確かに英文法では、簡単な英文法でも長文読解の英文で使われていた場合、見落としてしまうことがあるよね」

 「なので、今回の英文では、2つの英文法を押さえていることが前提にある。1つは、関係代名詞の肯定文。もう1つは、未来形の肯定文の2つの英文法を押さえていることが前提にある。関係代名詞の種類は3種類あったよね。関係代名詞の3種類は、何だったかな。

「関係代名詞の3種類のまず1つ目は、人間の時に使うWho。2つ目は、物事・事物の時に使うWhich。最後3つ目は、人間・物事・事物の時に使うthatの3種類がある」

 「正解。今回の英文では、どの関係代名詞が使われているかな。

「今回の英文では、最後3つ目のthatが使われている」

 「正解。未来形の肯定文は、どのように作れば良かったかな。

「未来形の肯定文は、主語+will+動詞の原形+~.という文の形で作れば良かった」

 「正解。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「今回の英文は、1文が長い。正しく英文を読むには、どうすれば良かったかな。

1文が長い英文は、2文以上に分解することで、正しく英文を読むことができる

 「今回の英文では、どうすれば良いかな。

「今回の英文では、,の前に/を入れ、2文にすることで正しく英文を読むことができる」

 「正解。今回は、関係代名詞×未来形×長文でも分解することで理解できますについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<関係代名詞の種類について>
Who→人間の時に使う

Which→物事・事物の時に使う

that→人間・物事・事物の時に使う

<未来形の肯定文について>
現在形 主語+動詞+~.

未来形 主語+will動詞の原形+~.

関係代名詞の種類・未来形の肯定文について話している人

▼追伸
令和3年以降志望校を譲れないあなたへ



▼追伸
問題が丸っきり正解できないあなたへ



▼追伸
最後まで逆転英語紙上講義を受講して頂き、ありがとうございます。

1か月660円(税込み)で英語力を身に付けるアウトプット・インプットをし、英語の基礎力を身に付けませんか。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「一般動詞の過去形×動名詞が出て来ても文型を使い分解することで理解できます 」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度東京都公立高校入試に出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2020年度東京都公立高校入試】
I learned protecting the environment is very important.


「うーん。learnedが使われているので、一般動詞の過去形の話もある。一般動詞+動詞ingがあるので、動名詞の話もあることが分かる。あと後半にbe動詞が出て来ているので、一文の主語と動詞がどれなのかをしっかりと押さえる必要があることが分かる」

 「そうだよね。今回の英文は、が言ったように一般動詞の過去形動名詞の2つの英文法についてしっかりと理解できていることが前提にある。一般動詞の過去形について軽く質問するね。子音+yの一般動詞を過去形にする時、どうすれば良いのかな。

「子音+yの一般動詞を過去形にする時は、yをiにし、edを付ける」

 「そうだよね。動名詞には、3つの形があったよね。動名詞の3つの形は、どんな形だったかな。

「動名詞の3つの形のまず1つ目は、主語として使われる動詞ing+動詞+~. 。2つ目は、動詞の目的語として使われる主語+動詞+動詞ing. 。最後3つ目は、前置詞の目的語として使われる主語+動詞+~+前置詞+動詞ing+~.の3つの形がある」

 「正解。今回の英文のI learned protecting the environmentでは、3つのうちのどれで使われているかな。

「今回は、一般動詞の後ろにあるので、動詞の目的語として使われている」

 「そうだよね。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「今回の英文では、もう1つ知っていることが前提のことがある。今回の英文で知っていることが前提のもう1つのことは、文型だよ。文型を押さえておくことで、今回の英文の主語・動詞をしっかりと押さえることができ、英文を正しく理解することができる。今回は、何文型になるかな。

「え。急に文型について言われても分からない。しかも今回の英文は、後半にbe動詞まで出て来ているので、分からない」

 「そうだよね。文型をしっかりと押さえ、試験本番を迎えた受験生と文型を押さえずに、試験本番を迎えた受験生では、今回の英文1文とっても、理解できるか理解できないか分かれる。今回のように後半のbe動詞が出て来て、動詞が2つある文を見た時、どうすれば良いのか。実は、3つのことを意識することで、文型をしっかりと押さえることができる。まずは、1つ目は、2つ目の動詞が出て来るまでを大きな主語として考える。2つ目は、2つ目に出て来た動詞を大きな動詞として考える。最後3つ目は、2つ目に出て来た動詞の後ろは、大きな主語と=と言えるのか。それとも言えないのかを考える。この3つのことをすることで、文型をしっかりと押さえることができる

「なるほど。今回の英文の場合、大きな主語がI learned protecting the environment。大きな動詞がis。I learned protecting the environmentvery importantと言えるので、第2文型かな」

 「正解。もし主語=~と言えない場合は、何文型になるかな。

「主語=~と言えない場合は、~を目的語と考えることができるので、第3文型」

 「正解。今回の英文で押さえていることが前提の英文法は、まず1つ目は、一般動詞の過去形の肯定文。2つ目は、動名詞の肯定文。最後3つ目が、文型だったんだよ」

「はい」

 「今回は、一般動詞の過去形×動名詞が出て来ても文型を使い分解することで理解できますについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<一般動詞の過去形の肯定文について>
現在形 主語+一般動詞+~.

過去形 主語+一般動詞の過去形+~.

<動名詞の3つの使い方について>
・主語→動詞ing+動詞+~.

・動詞の目的語→主語+動詞+動詞ing.

・前置詞の目的語→主語+動詞+~+前置詞+動詞ing+~.

<5文型について>
・第1文型→主語+動詞.

・第2文型→主語+動詞+補語.(主語補語)

・第3文型→主語+動詞+目的語.

・第4文型→主語+動詞+目的語目的語.

・第5文型→主語+動詞+目的語補語.(目的語補語)

一般動詞の過去形・動名詞・文型について話している人

▼追伸
令和3年以降志望校を譲れないあなたへ



▼追伸
問題が丸っきり正解できないあなたへ



▼追伸
最後まで逆転英語紙上講義を受講して頂き、ありがとうございます。

1か月660円(税込み)で英語力を身に付けるアウトプット・インプットをし、英語の基礎力を身に付けませんか。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「過去形×受動態の問題も 分解すれば理解できます 」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度東京都公立高校入試に出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2020年度東京都公立高校入試】
They were interested in Japanese culture and in studying Japanese.


「うーん。wereが使われているので、過去形の文ということ。それとbe動詞+過去分詞がある。なので、受動態の文ということかな」

 「正解。今回の英文を受験ではない時には、何に気を付けて英文を押さえれば良いのか分かる受験生でも、受験では頭が真っ白になり、パニックになってしまう受験生がいる。なので、実際に入試で出題された問題でどんな英文法が使われた英文が出題されているのかを確認することが大切なんだよ。また入試問題を題材にした勉強をすることで、が勉強した英文法がどのように使われるのかも確認することができる

「確かに英文法を勉強していて、こんな英文法を勉強して何が意味があるんだろう。入試で出題されているのかなと考えてしまうことがある。なので、実際に入試で出題された問題でどんな英文法が使われた英文が出題されているのかを確認することで、勉強のモチベーションも上がる」

 「そうだよね。今回の英文は、が言ったように2つの英文法を押さえていることが前提なんだよ。1つは、過去形。もう1つは、受動態の2つの英文法を押さえていることが前提にある。ここで質問するね。どうして今回の英文では、be動詞をwereを使っているのかな。

「be動詞をwereを使っているのは、主語がtheyだから」

 「そうだよね。折角なので、be動詞の過去形には、もう1つあったよね。何だったかな。

「wereは、areの過去形。もう1つは、am・isの過去形のwas

 「正解。今回は、were interested inを使い、受動態も使われている。受動態の肯定文の原則の形は、どうだったかな。

「受動態の肯定文の原則の形は、主語+be動詞+動詞の過去分詞+~+by行為をした人・もの.

  「正解。実は、今回は過去形・受動態以外にも気を付けることがあるんだけど、何か分かるかな。

「うーん。and in studying Japaneseをどう解釈するかかな

 「正解。実は、were interestedは2つに掛かっているんだよ。何に掛かっているか分かるかな。

「were interestedが掛かってる1つは、in Japanese culture。もう1つは、in Japanese cultureと同じようにand inで繋がっているので、in studying Japaneseかな」

 「正解。つまり、They were interested in Japanese culture.They were interested in studying Japanese.と考え、英文を読むことができる。このように英文を分解することで、一見難しそうに見える英文も実は、難しくないということもある。なので、出来るだけ早めに入試問題を題材にし、1文1文を丁寧にどんな英文法が使われているのか。どのような文構造になっているのかを押さえる勉強をすることも大切なんだよ。入試問題を題材にし、1文1文を丁寧にどんな英文法が使われているのか。どのような文構造になっているのかを押さえる勉強をすることで、英文法だけではなく、英文読解の力も身に付いて来る

「はい」

 「今回は、過去形×受動態の問題も 分解すれば理解できますについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<be動詞の過去形について>
・is,am→was

・are→were

<be動詞の過去形の肯定文について>
現在形 主語+be動詞+~.

過去形→主語+be動詞の過去形+~.

<受動態の肯定文について>
現在形 主語+動詞+~.

受動態→主語+be動詞動詞の過去分詞+~+by行為をした人・もの.

過去形・受動態について話している人

▼追伸
令和3年以降志望校を譲れないあなたへ



▼追伸
問題が丸っきり正解できないあなたへ



▼追伸
最後まで逆転英語紙上講義を受講して頂き、ありがとうございます。

1か月660円(税込み)で英語力を身に付けるアウトプット・インプットをし、英語の基礎力を身に付けませんか。

↑このページのトップヘ