逆転英語ブログ

担当した生徒の成績を【最大30点上げた暗記式ではなく紐づけ式】逆転英語基礎講座・逆転英語中級講座開講中。逆転英語応用講座は開講準備中。

タグ:to不定詞

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「2020年度長崎県公立高校入試問題【4-6】を解説する」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度長崎県公立高校入試問題【4-6】を読み、解答を考えてくれるかな

【2020年度長崎県公立高校入試問題【4-6】】
I’m very glad(have/to/like/a brother)you.

「英文を見ると、have/to/likeと書かれている。なので、to不定詞を使った並び替え問題だと分かる。to不定詞の作り方は、to動詞の原形だった。選択肢を見ると、a brotherと書かれている。なので、今回の英文は兄弟がいることについての英文だと分かる。ここまで並び変えると、I’m very glad to have a brother you.。残りの選択肢を見ると、like。動詞は既に足りている。なので、今回のlikeは前置詞として使われている。likeを前置詞として使う時には、like名詞だった。なので、今回の問題は
I’m very glad to have a brother like you.

 「正解。今回の問題を正しく解くことができたか。それとも正解できなかったのかの分かれ目は、2つある。1つは、選択肢を見た瞬間もしくはI’m very gladを見た瞬間にbe glad toを思い出すことができたのか。もう1つは、前置詞のlikeの使い方を理解しているのかの2つのことだよ。今回の問題を5分以内に正しく解くことができた受験生は、今回の問題の分かれ目の2つを押さえ、正解することができた」

「はい」

 「今回は、2020年度長崎県公立高校入試問題【4-6】を解説するについて話しました。あなたが今回の問題を正解できなかった場合には、英熟語とlikeの使い方について復習してね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の問題の正解について>
I’m very glad to have a brother like you.

2020年度長崎県公立高校入試問題【4-6】について話している人

第84講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「2019年度宮崎県公立高校入試問題【3-2(1)】を解説する」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2019年度宮崎県公立高校入試問題【3-2(1)】を読み、解答を考えてくれるかな

【2019年度宮崎県公立高校入試問題【3-2(1)】】
A:How do you practice English?

B:I usually (to/to/talk/try)foreigners.

「英文を見ると、to/talk/tryと書かれている。なので、to不定詞を使う並び替え問題だと分かる。また動詞を判断させる並び替え問題だと分かる。Aが話した内容を見ると、practiceと書かれている。なので、Bが話した内容の動詞はtryだと分かる。残った英単語は、to/to/talk。to不定詞の形は、to動詞の原形だった。なので、to talk。ここまでを繋げると、try to talk。Bが話した内容を見ると、foreignersと書かれている。なので、foreignersへ向けてtalkするのだと分かる。今回の問題は、I usually try to talk to foreigners.

 「正解。今回の問題を正しく解くことができたか。それとも正しく解くことができなかったかの分かれ目は、動詞を判断することができたかだよ。今回の問題を正しく解くことができなかった受験生は、Bだけの会話を読み、動詞を判断し、talkを動詞と考え、正解することができなかった。なので、問題文をしっかりと読み、問題を解くようにしてね

「はい」

 「今回は、2019年度宮崎県公立高校入試問題【3-2(1)】を解説するについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の問題の正解について>
I usually try to talk to foreigners.

2019年度宮崎県公立高校入試問題【3-2(1)】について話している人

第80講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「2019年度栃木県公立高校入試問題【2-2(2)】を解説する」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2019年度栃木県公立高校入試問題【2-2(2)】を読み、解答を考えてくれるかな

【2019年度栃木県公立高校入試問題【2-2(2)】】
Ms.Brown ()to the gym.

ア her students
イ go
ウ told
エ to


「英文の選択肢を見ると、イ go・エ toと書かれている。なので、to不定詞の英文の並び替え問題だと分かる。to不定詞の形は、to動詞の原形だった。なので、to goとなる。残りの選択肢を見ると、ア her students・ウ told。動詞を考えると、動詞はウ toldだと分かる。ここまでを並べ替えると、Ms.Brown (told to go)to the gym.となる。これでは、Ms.Brownが誰に対してtoldしたのか分からない。なので、今回の問題は、Ms.Brown told her students to go to the gym.

 「正解。今回の問題を正しく解くことができたのか。それとも正しく解くことができなかったのかの分かれ目は、選択肢を見た瞬間にto不定詞を使うことに気が付いたかどうかなんだよ。なので、今回の問題の選択肢を見た瞬間、あなたがto不定詞を使うことを頭に思い浮かべることができなかった場合には、to不定詞と動名詞について勉強し直してね

「はい」

 「今回は、2019年度栃木県公立高校入試問題【2-2(2)】を解説するについて話しました。しっかりと復習してね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の問題の正解について>
Ms.Brown told her students to go to the gym.

2019年度栃木県公立高校入試問題【2-2(2)】について話している人

第79講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「to不定詞しか取らない動詞を使った英文の動詞変形問題を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2017年度大学入試共通テストに出題された英文を題材にした動詞変形問題を読み、解答を考えてくれるかな

【2017年度大学入試共通テスト】
The perfect choice when you want (eat) a lot.


「英文を見ると、wantと書かれている。なので、to不定詞しか取らない動詞を使った英文の動詞変形問題だと分かる。wantは、to不定詞しか取らない動詞だった。なので、今回の問題は、The perfect choice when you want to eat a lot.

 「正解。今回の問題を正解することができたのか。それとも正解できなかったのかの分かれ目は、wantがto不定詞しか取らない動詞ということを理解していたかだよ。wantがto不定詞しか取らない取らない動詞と理解していなかった受験生は、eatを動名詞かto不定詞のどちらかに変形する必要があることが分かったとしても、根拠なしで解答するしかなかった。なので、あなたが今回の問題を根拠なく解答した場合には、動名詞しか取らない動詞・to不定詞しか取らない動詞を押さえてね」

「はい」

 「今回は、to不定詞しか取らない動詞を使った英文の動詞変形問題を押さえるについて話しました。しっかりと動名詞しか取らない動詞・to不定詞しか取らない動詞を押さえてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の動詞変形問題の正解について>
The perfect choice when you want to eat a lot.

to不定詞しか取らない動詞の変形問題について話している人

▼追伸
今している勉強法が合わないあなたへ



第56講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「比較の比較級を使った英文の並べ替え問題を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2019年度大学入試共通テストに出題された英文を題材にした並べ替え問題を読み、解答を考えてくれるかな

【2019年度大学入試共通テスト】(disease,The,to,urban,rural,birds,more,had,the,capacity,than,resist,ones).

「英単語を見ると、more・thanと書かれている。なので、比較の比較級の英文並び替え問題だと分かる。また英単語を見ると、to,had,resistと書かれている。なので、to不定詞を使う英文並び替え問題だと分かる。more・thanと繋ぐことができる英単語を考える。英単語を見ると、capacityと書かれている。capacityは、能力という意味だった。なので、more capacity thanとなる。英単語を見ると、resistと書かれている。resistは、抵抗するという意味だった。何にresistするのか考える。英単語を見ると、diseaseと書かれている。なので、resist diseaseとなる。何がmore capacityなのか考える。resist diseaseがmore capacityと分かる。ここまで英単語を繋げると、more capacity to resist disease thanとなる。残りの英単語は、The,urban,rural,birds,had,the,ones。onesは比較している名詞を表していると予想が付く。なので、The urban birds・the rural onesと繋げることができる。今回の問題は、比較の比較級の英文並び替え問題だった。thanの後ろには、比較対象を書くんだった。なので、ここまで英単語を繋げると、The urban birds more capacity to resist disease than the rural ones.となる。The urban birds more capacity to resist disease than the rural ones.は、動詞が抜けていると分かる。残りの英単語を見ると、hadと書かれている。なので、今回の問題は、The urban birds had more capacity to resist disease than the rural ones.

 「正解。今回の問題に正解することができたのか。それとも正解できなかったのかの分かれ目は、2つある。1つは、比較の比較級の英文並び替え問題と気が付くこと。もう1つは、onesがbirdsを表していると気が付くことの2つのことが分かれ目になっていた。受験生の中には、比較の比較級の英文並び替え問題と気が付くことができたとしても、onesをどのように並び替えれば良いか分からずに解答することができなかった受験生もいる。なので、英文を読んでいる時に、this・that・it・oneなどが出て来た場合には、どのように使われているのか意識することが大切になる

「はい」

 「今回は、比較の比較級を使った英文の並べ替え問題を押さえるについて話しました。あなたが、onesが何を表しているのか分からなかった場合には、英文を読んでいる時に、this・that・it・oneなどが出て来た場合には、どのように使われているのか意識するようにしてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の並べ替え問題の正解について>
The urban birds had more capacity to resist disease than the rural ones.

比較の比較級を使った英文の並べ替え問題について話している人

▼追伸
今している勉強法が合わないあなたへ



第54講のみでも購入できます。

↑このページのトップヘ