逆転英語ブログ

担当した生徒の成績を【最大30点上げた暗記式ではなく紐づけ式】英文法・英作文・英文読解・英単語・過去問の基礎講座を無料公開。オンラインなので、納得するまで基礎講座を試せる。解答力が身に付く解法講座を有料公開。中学3年時2/5の成績→高校入学後4・5/5の成績に逆転→正解の理由を説明できなかった生徒を正解の理由もできる生徒にした講義をした大学時代3年間塾講師のアルバイト。

タグ:関係代名詞

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「関係代名詞×長文を使っている英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2019年度神奈川県公立高校入試を見て、英文の文構造はどうなっているかな

【2019年度神奈川県公立高校入試】
This means we buy and eat food which is grown and made in our city.


 「文構造は分かったかな。

「はい」

 「講義は、ここから受講できるようにしておくね。

「はい」

続きを受講するために必要なパスワードは、有料メールマガジン(660円/月)に登録された方のみにメールマガジンと一緒にお伝えします。
逆転英語メールマガジン続きを読む

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「関係代名詞×接続詞を使っている英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2018年度大学入試共通テストに出題された英文を読み、文構造を考えてくれるかな

【2018年度大学入試共通テスト】
I know some students from the tennis team who want to take part because they really had a good time playing tennis with her over the past six months.


「英文を見ると、whoと書かれている。なので、関係代名詞に気を付けながら、英文の文構造を考える必要があると分かる。また英文を見ると、becauseがある。なので、because以下の英文は、理由を説明していると予想が付く。who前までの英文の文構造を考える。主語はI。動詞はknow。目的語はsome students from the tennis teamだと分かる。because前までの英文の文構造を考える。動詞はwant。目的語はto take partだと分かる。whoの後ろに動詞が来ているので、whoは主語だと分かる。またwho want to take partは、some students from the tennis teamについて説明しているのが分かる。つまり、because前までの英文の文構造は、主語+動詞+目的語+主語+動詞+目的語.。because以下の英文の文構造を考える。主語はthey。動詞はhadだと分かる。playing tennis with her over the past six monthsは、a good timeについて説明している。なので、a good time playing tennis with her over the past six monthsは目的語だと分かる。つまり、今回の英文の文構造は、主語+動詞+目的語+主語+動詞+目的語+主語+動詞+目的語.

 「正解。because以下の英文は、何を説明してるのかな。

「because以下の英文は、どうしてwho want to take partなのかについて説明している」

 「正解。今回の英文のように1文が長い英文では、関係代名詞・接続詞の前で/を入れることで文構造を押さえ易くなり、英文を正しく理解できるようになる

「はい」

 「今回は、関係代名詞×接続詞を使っている英文の文構造を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文の文構造について>
主語+動詞+目的語+主語+動詞+目的語+主語+動詞+目的語.

関係代名詞×接続詞を使っている英文の文構造について話している人

▼追伸
今年の夏から受験勉強を始めるあなたへ



第40講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「関係代名詞×thatを使っている英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2017年度大学入試共通テストに出題された英文を読み、文構造を考えてくれるかな

【2017年度大学入試共通テスト】
Students who work too hard are so tired during class that they might receive poor grades in school.


「英文を見ると、whoがある。なので、関係代名詞に気を付けながら、文構造を考えないといけないと分かる。thatまでの文構造を考える。主語はStudents。動詞はare。補語はso tiredだと分かる。that以下の英文が何を説明しているのかを考える必要がある。that以下の英文は、thatまでの英文のことによって何が起きるのかについて説明していると分かる。that以下の英文の文構造を考える。主語はthey。動詞はreceive。目的語はpoor gradesだと分かる。つまり、今回の英文の文構造は、主語+動詞+補語+主語+動詞+目的語.

 「正解。どうしてworkをStudentsの動詞だと考えなかったのかな。

「workをStudentsの動詞だと考えなかった理由は、2つある。1つは、hardの後ろにareがあったから。もう1つは、who work too hardがStudentsについて説明しているから

 「正解。今回の英文のように関係代名詞とthatが出て来る1文が長い英文を試験で始めた見た時、動詞を間違えて押さえてしまうことがある。なので、関係代名詞がある英文では、関係代名詞が何を説明しているのかをしっかりと押さえることが大切になる

「はい」

 「今回は、関係代名詞×thatを使っている英文の文構造を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文の文構造について>
主語+動詞+補語+主語+動詞+目的語.

関係代名詞×thatを使っている英文の文構造について話している人

▼追伸
今年の夏から受験勉強を始めるあなたへ



第36講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「関係代名詞を使っている英文の長文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2017年度大学入試共通テストに出題された英文を読み、文構造を考えてくれるかな

【2017年度大学入試共通テスト】
I was surprised when I saw Graph because the percentage of Japanese participants who are interested in volunteering was higher than I had expected.


「英文を見ると、長文だと分かる。なので、1文を3文にする必要があると分かる。1文を3文にすると、I was surprised。when I saw Graph。because the percentage of Japanese participants who are interested in volunteering was higher than I had expectedとなる。3文目にwhoが書かれている。なので、関係代名詞を意識しながら、文構造を押さえて行かないといけないと分かる。whoの前を見ると、Japanese participantsと書かれている。なので、関係代名詞whoからvolunteeringまでがJapanese participantsについて説明していると分かる。なので、whoからvolunteeringまでが書かれていないものと考え、because以下の文構造を考える。whoからvolunteeringまでが書かれていない英文は、because the percentage of Japanese participants  was higher than I had expected。主語はthe percentage of Japanese participants。動詞はwas。補語はhigherだと分かる。つまり、because以下の英文の文構造は、主語+動詞+補語だと分かる。I was surprisedの文構造を考える。主語はI。動詞はwas surprisedだと分かる。when I saw Graphの文構造を考える。主語はI。動詞はsaw。目的語はGraphだと分かる。つまり、今回の英文の文構造は、主語+動詞+主語+動詞+目的語+主語+動詞+補語.

 「正解。今回の英文では、becauseが使われている。becauseが使われているので、because以下の英文は、何について書かれていると予想することができるかな。

「becauseは、原因・理由を表す接続詞なので、because以下は、原因・理由について書かれていると予想することができる」

 「正解。なので、今回の英文は、becauseの前に/を入れることで、内容を正しく理解できる」

「はい」

 「今回は、関係代名詞を使っている英文の長文の文構造を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文の文構造について>
主語+動詞+主語+動詞+目的語+主語+動詞+補語.

関係代名詞を使っている英文の文構造を押さえるについて話している人

▼追伸
英文法だけではなく、英文の文構造も押さえ、難関大学に合格したいあなたへ



第30講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「thatを使っている英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2019年度鹿児島県公立高校入試問題に出題された英文を読み、文構造を考えてくれるかな

【2019年度鹿児島県公立高校入試問題】
I am going to talk about something important that will help us in our lives.

「英文を見ると、thatがある。なので、that以下が何を説明しているのかを意識しながら文構造を考えないといけないと分かる。I am going to talk about something importantまでで文構造を考える必要がある。主語はI。動詞はam going to talk。目的語はsomething importantだと分かる。ここまでの英文で私は大切なことを話すことが分かる。that以下の英文を見て行くと、that will help us in our livesと書かれている。なので、that以下がsomething importantについて説明していることが分かる。that will help us in our livesの文構造を考える。主語はthat。動詞はhelp。目的語はusだと分かる」

 「正解。どうして英文の前半の動詞をam goingではなく、am going to talkと考えたのかな。

「英文の前半の動詞をam goingではなく、am going to talkと考えた理由は、am going toは客観的に決まっていることを表す時に使うから

 「正解。英文後半のthatは、英文法の何として使われているかな。

「英文後半のthatは、関係代名詞として使われている」

 「どうして関係代名詞として使われていると考えたのかな。

「関係代名詞として使われていると考えた理由は、that以下の英文がsomething importantについて説明しているから

 「正解。関係代名詞は、前に出て来たことを説明することができたよね」

「はい」

 「今回は、thatを使っている英文の文構造を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文の文構造について>
主語+動詞+目的語+主語+動詞+目的語.

thatを使っている英文の文構造について話している人

▼追伸
英文法だけではなく、英文の文構造も押さえ、難関大学に合格したいあなたへ



第25講のみでも購入できます。

↑このページのトップヘ