逆転英語ブログ

担当した生徒の成績を【最大30点上げた暗記式ではなく紐づけ式】英文法・英作文・英文読解・英単語・過去問の基礎講座を無料公開。オンラインなので、納得するまで基礎講座を試せる。解答力が身に付く解法講座を有料公開。中学3年時2/5の成績→高校入学後4・5/5の成績に逆転→正解の理由を説明できなかった生徒を正解の理由もできる生徒にした講義をした大学時代3年間塾講師のアルバイト。

タグ:文型

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「as many asを使っている英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度宮崎県公立高校入試問題に出題された英文を読み、文構造を考えてくれるかな

【2020年度宮崎県公立高校入試問題】
The number in 2018 was almost three times as many as the number in 2016.


「英文を見ると、as asがある。なので、The number in 2018と比較している物は何かを意識しながら文構造を考えないといけないと分かる。three timesまでで文構造を考える。主語はThe number in 2018。動詞はwas。補語はthree timesだと分かる。as以下の英文を見ると、the number in 2016と書かれている。なので、The number in 2018は、the number in 2016と比較していることが分かる」

 「正解。今回の英文は、英文を見た瞬間、文構造が複雑だと考えてしまう。しかし、three timesまでの文構造を押さえることで、今回の英文の文構造はシンプルということが分かる。なので、今回の英文を初めて見た時、as以下の英文が分からなかったとしても、three timesまでの英文で英文の大まかな内容を押さえることができる

「はい」

 「どうしてthree timesを補語と考えたのかな。

「three timesを補語と考えた理由は、The number in 2018=three timesの関係が成り立っているから

 「正解。つまり、今回の英文の文構造は、主語+動詞+補語.となる。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「今回は、as many asを使っている英文の文構造を押さえるについて話しました。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文の文構造について>
主語+動詞+補語.

as many asを使っている英文の文構造について話している人

▼追伸
英文法だけではなく、英文の文構造も押さえ、難関大学に合格したいあなたへ



第27講のみでも購入できます。


 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「一般動詞の過去形×be動詞の過去形がある文でも分解することで理解できます」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2019年度大阪府公立高校入試に出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2019年度大阪府公立高校入試】
I thought bringing bikes into trains was convenient.


「今回の英文を見て、1文が長いので、2文にする必要があることが分かる。1文を2文にすると、I thought。bringing bikes into trains was convenient。になる」

 「そうだよね。2文を1文にしたことで今回の英文では何かが省略されていることに気が付かないかな。

「今回の英文で省略されているのでは、thatかな」

 「何処に入るthatが省略されているかな。

「今回省略されているthatは、I thought that bringing bikes into trains was convenient.thatが省略されている」

 「正解。今回の英文を正しく理解するには、後半の英文の文構造を押さえておくことが必要なんだよ。bringing bikes into trains was convenientの文構造は、どうなっているかな。

「bringing bikes into trains was convenientの文構造は、主語は、bringing bikes into trains。動詞は、was。bringing bikes into trainsconvenientと言える。なので、convenientは、補語として使われている」

 「正解。英文の文型を確認する時には、主語=~と言えるかを考えることも大切だよね」

「はい」

 「今回は、一般動詞の過去形×be動詞の過去形がある文でも分解することで理解できますについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<主語・動詞が2つあると考えることができる英文について>
前半の英文と後半の英文の間に省略されていることはないか確認する

主語・動詞が2つあると考えることができる英文について話している人

▼追伸
令和3年以降志望校を譲れないあなたへ



▼追伸
問題が丸っきり正解できないあなたへ



▼追伸
最後まで逆転英語紙上講義を受講して頂き、ありがとうございます。

1か月660円(税込み)で英語力を身に付けるアウトプット・インプットをし、英語の基礎力を身に付けませんか。



第13講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「文型を押さえることで文構造が少しだけ複雑な英文でも理解できます」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2021年度大学共通テストに出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2021年度大学共通テスト】
In fact,young people say ”Sweet!” to mean something is “good” in English.

「文を見ると、文頭が長いので、どうして良いのか分からない」

 「そうだよね。今回の英文のように少し長い英文は、1文で内容を理解しないことが大切なんだよ。1文で内容を理解せずに自分で理解できるように文に/を入れ、分解する。/を入れ、文を分解することで、主語・動詞を正しく押さえることができ、英文を正しく理解できるようになる

「確かに少しだけ長い英文は、1文の長さに圧倒され、主語・動詞を押さえることができない」

 「今回の英文では、In fact,young people say/ ”Sweet!” to mean something is “good” in English.とすることで、まずは前半の英文を押さえ、次に後半の英文を押さえ、そして最後に前半の英文と後半の英文を総合し押さえる。3段階で英文を押さえることで、英文を正しく押さえることができる」

「なるほど」

 「今回の英文では、文型についてしっかりと押さえることができている人と文型についてしっかりと押さえることができていない人では英文の内容を正しく理解するにかかる時間に大きな差が出る。英文の後半”Sweet!” to mean something is “good” in Englishの文型を押さえることができることで、落ち着いて英文を理解することができる。英文の後半は、何文型になるかな。

「文型には、5文型あった。主語=~と言うことができる時には、第2文型だと考えることができる。今回の英文で考えると、主語=~と言うことができる。なので、第2文型」

 「正解。英文読解問題を解く時には、模試・過去問を解いている時以外にも文型をしっかりと意識しながら勉強することで、入試本番でも慌てることがなくなる

「はい」

 「今回は、文型を押さえることで文構造が少しだけ複雑な英文でも理解できますについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<5文型について>
・第1文型→主語+動詞.

・第2文型→主語+動詞+補語.(主語補語)

・第3文型→主語+動詞+目的語.

・第4文型→主語+動詞+目的語目的語.

・第5文型→主語+動詞+目的語補語.(目的語補語)

文型について話している人

▼追伸
令和3年以降志望校を譲れないあなたへ



▼追伸
最後まで逆転英語紙上講義を受講して頂き、ありがとうございます。

1か月660円(税込み)で英語力を身に付けるアウトプット・インプットをし、英語の基礎力を身に付けませんか。



第6講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「一般動詞の過去形×動名詞が出て来ても文型を使い分解することで理解できます 」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度東京都公立高校入試に出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2020年度東京都公立高校入試】
I learned protecting the environment is very important.


「うーん。learnedが使われているので、一般動詞の過去形の話もある。一般動詞+動詞ingがあるので、動名詞の話もあることが分かる。あと後半にbe動詞が出て来ているので、一文の主語と動詞がどれなのかをしっかりと押さえる必要があることが分かる」

 「そうだよね。今回の英文は、が言ったように一般動詞の過去形動名詞の2つの英文法についてしっかりと理解できていることが前提にある。一般動詞の過去形について軽く質問するね。子音+yの一般動詞を過去形にする時、どうすれば良いのかな。

「子音+yの一般動詞を過去形にする時は、yをiにし、edを付ける」

 「そうだよね。動名詞には、3つの形があったよね。動名詞の3つの形は、どんな形だったかな。

「動名詞の3つの形のまず1つ目は、主語として使われる動詞ing+動詞+~. 。2つ目は、動詞の目的語として使われる主語+動詞+動詞ing. 。最後3つ目は、前置詞の目的語として使われる主語+動詞+~+前置詞+動詞ing+~.の3つの形がある」

 「正解。今回の英文のI learned protecting the environmentでは、3つのうちのどれで使われているかな。

「今回は、一般動詞の後ろにあるので、動詞の目的語として使われている」

 「そうだよね。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「今回の英文では、もう1つ知っていることが前提のことがある。今回の英文で知っていることが前提のもう1つのことは、文型だよ。文型を押さえておくことで、今回の英文の主語・動詞をしっかりと押さえることができ、英文を正しく理解することができる。今回は、何文型になるかな。

「え。急に文型について言われても分からない。しかも今回の英文は、後半にbe動詞まで出て来ているので、分からない」

 「そうだよね。文型をしっかりと押さえ、試験本番を迎えた受験生と文型を押さえずに、試験本番を迎えた受験生では、今回の英文1文とっても、理解できるか理解できないか分かれる。今回のように後半のbe動詞が出て来て、動詞が2つある文を見た時、どうすれば良いのか。実は、3つのことを意識することで、文型をしっかりと押さえることができる。まずは、1つ目は、2つ目の動詞が出て来るまでを大きな主語として考える。2つ目は、2つ目に出て来た動詞を大きな動詞として考える。最後3つ目は、2つ目に出て来た動詞の後ろは、大きな主語と=と言えるのか。それとも言えないのかを考える。この3つのことをすることで、文型をしっかりと押さえることができる

「なるほど。今回の英文の場合、大きな主語がI learned protecting the environment。大きな動詞がis。I learned protecting the environmentvery importantと言えるので、第2文型かな」

 「正解。もし主語=~と言えない場合は、何文型になるかな。

「主語=~と言えない場合は、~を目的語と考えることができるので、第3文型」

 「正解。今回の英文で押さえていることが前提の英文法は、まず1つ目は、一般動詞の過去形の肯定文。2つ目は、動名詞の肯定文。最後3つ目が、文型だったんだよ」

「はい」

 「今回は、一般動詞の過去形×動名詞が出て来ても文型を使い分解することで理解できますについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<一般動詞の過去形の肯定文について>
現在形 主語+一般動詞+~.

過去形 主語+一般動詞の過去形+~.

<動名詞の3つの使い方について>
・主語→動詞ing+動詞+~.

・動詞の目的語→主語+動詞+動詞ing.

・前置詞の目的語→主語+動詞+~+前置詞+動詞ing+~.

<5文型について>
・第1文型→主語+動詞.

・第2文型→主語+動詞+補語.(主語補語)

・第3文型→主語+動詞+目的語.

・第4文型→主語+動詞+目的語目的語.

・第5文型→主語+動詞+目的語補語.(目的語補語)

一般動詞の過去形・動名詞・文型について話している人

▼追伸
令和3年以降志望校を譲れないあなたへ



▼追伸
問題が丸っきり正解できないあなたへ



▼追伸
最後まで逆転英語紙上講義を受講して頂き、ありがとうございます。

1か月660円(税込み)で英語力を身に付けるアウトプット・インプットをし、英語の基礎力を身に付けませんか。



第2講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「文型」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回は比較級・最上級の例外の中でmore・mostを付けるパターンについて話しました。more・mostを付けるパターンは、9つあったけど、何だったかな。

「more・mostを付けるパターンのまず1つ目は、3音節以上。2つ目は、aから始まる。3つ目は、文末がing。4つ目は、文末がly。5つ目は、文末がful。6つ目は、文末がless。7つ目は、文末がous。8つ目は、文末がish。最後9つ目は、文末がed

 「正解。比較級・最上級の例外で注意する3つのパターンもあったよね。何だったかな。

「比較級・最上級の例外で注意する3つのパターンのまず1つ目は、短母音+子音の時には、子音を重ねてer・estを付ける。2つ目は、文末がeの時には、r・stを付ける。最後3つ目は、文末がyの時には、yをiに変え、er・estを付ける」

 「正解。それでは、bigの比較級・最上級は、どうなるかな。

「bigは短母音子音の時なので、gを重ねる。なので、bigger・biggest

 「正解。よく復習しているね。

 ▼関連記事



「はい」

 「今回は、文型について話します。文型には5つある。文型を押さえておくことで英文法・英作文だけではなく、英文読解も点数が上がるんだよ

「どうして文型を押さえておくことで、英文読解の点数も上がるの」

 「文型を押さえることで、主語・動詞を見落とさなくなり、英文の内容をより理解できるようになるからなんだよ

「なるほど」

 「第1文型は、主語+動詞.。例えば、I swim in the pool.を考えてみる。主語と動詞は何かな。

「主語はI。動詞はswim

 「正解。第1文型は、主語と動詞で内容を把握することができる。第2文型は、主語+動詞補語.。例えば、He is a student.を考えてみる。主語と動詞は何かな。

「主語はHe。動詞はis

 「正解。第2文型は主語=補語になっているかで判断することができるんだよ。逆に第3文型は主語=目的語となっていない場合には、第3文型ではないかと推測をすることができる。第3文型は、主語+動詞+目的語.。例えば、She plays the piano.を考えてみる。主語と動詞は何かな。

「主語はShe。動詞はplays

 「正解。She=the pianoと言えるかな。

「She=the pianoと言うことはできない

 「正解。なので、第3文型なんだよ。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「第4文型は、主語+動詞+目的語目的語.。例えば、She teaches me Japanese.を考えてみる。主語と動詞は何かな。

「主語はShe。動詞はteaches

 「正解。主語と動詞だけでは内容をいまいち把握することができない。主語と動詞だけでは内容をいまいち把握することができない場合には、第4文型になっている可能性も考えることができるんだよ。第4文型と第5文型は、とても似ているんだよ。第5文型は、主語+動詞+目的語補語.なんだよ。なので、第2文型と第3文型と同じように判断する基準が必要になる。第4文型と第5文型か判断する基準は、目的語=補語となっているかなんだよ。目的語=補語となっている時には、第5文型と考え、なっていない場合には、第4文型と考えることができる

「なるほど。第2文型・第3文型の判断と第4文型・第5文型の判断の仕方は似ているね」

 「そうだね。しっかりと復習しておいてね。

「はい」

 「今回は、文型について話しました。次回は仮定法について話します。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
<5文型について>
・第1文型→主語+動詞.

・第2文型→主語+動詞+補語.(主語補語)

・第3文型→主語+動詞+目的語.

・第4文型→主語+動詞+目的語目的語.

・第5文型→主語+動詞+目的語補語.(目的語補語)

文型について話している人

▼▼▼関連記事



▼10分間の音声講義で確認できます



▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

▼追伸
最後まで逆転英語紙上講義を受講して頂き、ありがとうございます。

逆転英語紙面講義を持ち運び、スキマ時間に英語の基礎力を身に付けませんか。



第70講のみでも購入できます。

↑このページのトップヘ