逆転英語ブログ

担当した生徒の成績を【最大30点上げた暗記式ではなく紐づけ式】逆転英語基礎講座・逆転英語中級講座開講中。逆転英語応用講座は開講準備中。

タグ:完了形

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「完了形を使った英文の動詞変形問題を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2018年度京都府公立高校入試問題に出題された英文を題材にした動詞変形問題を読み、解答を考えてくれるかな

【2018年度京都府公立高校入試問題】
I’ve never (drink) delicious milk like this.


「英文を見ると、have・drinkと書かれている。なので、完了形を使った英文の動詞変形問題だと分かる。完了形を使った英文の文の形は、主語+have(has)+動詞の過去分詞+~.だった。drinkの過去分詞は、drunkだった。なので、今回の問題は、I’ve never drunk delicious milk like this.

 「正解。今回の問題を正解できたか。正解できなかったのかの分かれ目は、完了形を使った英文と見極めることができたかだよ。問題を解く速さだけ追求した受験生は、neverを見落とし、have toを使えば良いと考え、to drinkと解答する。問題を解く速さよりも大切なことは、何だと思うかな。

「問題を解く速さよりも大切なことは、問題に正解すること」

 「正解。なので、問題を正しく解くことを優先し、正しく問題を解けるようになってから、問題を早く解けるようにすれば良い

「はい」

 「今回は、完了形を使った英文の動詞変形問題を押さえるについて話しました。あなたが問題を正しく解けていない場合には、まずは問題を正しく解くことを優先してね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の動詞変形問題の正解について>
I’ve never drunk delicious milk like this.

完了形を使った英文の動詞変形問題について話している人

▼追伸
今している勉強法が合わないあなたへ



第57講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「仮定法×完了形×受動態の並べ替え問題も分解すれば解くことができます」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度大学入試センター試験に出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2020年度大学入試センター試験】
Tony:Those decorations in the hall look great,don’t they?I’m glad we finished on time.

Mei:Yes,thank you so much.Without your help,the preparations ()()()()()() all the guests arrive this afternoon.

1.been 2.by 3.completed 4.have 5.the time 6.would not


「英文を見ると、Withoutが使われている。the preparations ()()()()()() all the guests arrive this afternoonは、Without your helpを受けてのことを説明しているのが分かる。なので、withoutを使った仮定法の知識が必要だと分かる。また選択肢を見ると、been・by ・completedがある。なので、受動態の肯定文についての知識も必要だと分かる」

 「おしい。今回の英文では、3つの英文法の知識が必要になる。まず1つ目は、withoutを使った仮定法。2つ目は、受動態の肯定文最後3つ目は、何だと思うかな。選択肢を見ると、何の英文法が必要なのか分かる」

「選択肢を見ると、haveもある。あ、have・過去分詞があるので、完了形の肯定文の知識も必要ということかな」

 「正解。withoutを使った仮定法は、どのように作れば良かったかな。

「withoutを使った仮定法の作り方は、Without~,主語+助動詞の過去形+動詞の原形+~.

 「正解。完了形の肯定文は、どのように作れば良かったかな。

「完了形の肯定文の作り方は、have・has・had+動詞の過去分詞を使えば良かった」

 「正解。つまり、完了形の肯定文は、主語+have(has・had)+動詞の過去分詞+~.ということになる。受動態の肯定文の作り方は、どうすれば良かったかな。

「受動態の肯定文の作り方は、主語+be動詞+動詞の過去分詞+~+by行為をした人・もの.

 「正解。選択肢がある英文法の並び替え問題を解く時には、選択肢を確認し、勉強した英文法の中で使える英文法はないのかを考えることで正解することができる

「はい」

 「最後に今回の英文では、all the guests arrive this afternoonを押さえることが大切なんだよ。all the guests arrive this afternoonの何を押さえることが大切だと思うかな。

「もしかして、主語と動詞を押さえることが大切なのかな

 「正解。今回の英文では、all the guests arrive this afternoonの文構造を正しく押さえることができないと中々問題を解くことができない。all the guests arrive this afternoonの主語と動詞は、何かな。

「主語は、all the guests。動詞は、arrive

 「正解。今回は、仮定法×完了形×受動態の並べ替え問題も分解すれば解くことができますについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<withoutを使った仮定法について>
Without~,主語+助動詞の過去形+動詞の原形+~.

<完了形の肯定文について>
主語+have(has・had)動詞の過去分詞+~.

<受動態の肯定文について>
現在形 主語+動詞+~.

受動態→主語+be動詞動詞の過去分詞+~+by行為をした人・もの.

withoutを使った仮定法について話している人

第12講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「完了形の英作文」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回は受動態の英作文について話しました。受動態の英作文を解く時、注意することがあった。注意することは何だったかな。

「受動態の英作文を解く時、注意することは、madeの後ろにofか来るのかfromが来るのか

 「そうだよね。made ofとmade fromの違いは何だったかな。

「質が変わっていない時には、made ofを使い、質が変わっている時には、made fromを使う」

 「その通り。ここまで大丈夫かな。

 ▼関連記事



「はい」

 「今回は、完了形の英作文について話します。早速だけど、私は決して英語を勉強したことがありませんを英作文すると、どうなるかな。

「文を見ると、主語が私は。動詞が勉強しただと分かる。過去・現在・進行形・完了形を確認すると、したことがあるとあるので、現在完了形だと分かる。ここまでを英作文にすると、I have studied English.。残りの日本語を見ると、決してしたことがないとあるので、否定文を考える。完了形の否定文は、haveの後ろのnotを入れれば良かった。なので、I haven't studied English.」

 「おしい。残念ながら、今回は決してしたことがないと書かれているので、ただの否定文ではないんだよ。完了形で経験について英作文をする時には、特別な言葉を使うんだよ。経験がある時には、everを使い、経験がない時には、neverを使う。そして、ever・neverはhaveの後ろに入れる。つまり、主語+have(has)+ever(never)+動詞の過去分詞+~.となる。今回の問題に当てはめると、どうなるかな。

「問題を見ると、決してしたことがないとあるので、neverを使うと分かる。neverはhaveの後ろに入れれば良い。なので、I have never studied English.

 「正解。折角なので、I have studied English.を過去形の肯定文にすると、どうなるかな。

「過去形の肯定文は、動詞を過去形にする。文を見ると、studyが動詞だと分かる。なので、過去形の肯定文は、I studied English.

 「正解。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「今回は、完了形の英作文について話しました。次回は、動名詞・to不定詞の英作文について話します。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
<経験を英語で表す方法について>
ever→経験あり

never→未経験

<ever・neverを使った完了形の文について>
主語+have(has)+ever(never)+動詞の過去分詞+~.

英語で経験を表すことについて話している人

▼▼▼関連記事



第5講のみでも購入できます。

↑このページのトップヘ