逆転英語ブログ

担当した生徒の成績を【最大30点上げた暗記式ではなく紐づけ式】逆転英語基礎講座・逆転英語中級講座開講中。逆転英語応用講座は開講準備中。

タグ:否定文

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「受動態の否定文を使った英文の並べ替え問題を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2019年度東京都公立高校入試問題に出題された英文を題材にした並べ替え問題を読み、解答を考えてくれるかな

【2019年度東京都公立高校入試問題】
(not,reused,picture,My,and,books,toys,were).


「英単語を見ると、reused・wereと書かれている。なので、受動態の英文並び替え問題だと分かる。また英単語を見ると、notと書かれている。なので、否定文の英文並び替え問題だと分かる。notはbe動詞の後ろの置くことができた。また受動態の文の形は、主語+be動詞+動詞の過去分詞+~+by行為をした人・もの.だった。ここまで英単語を繋げると、were not reusedとなる。残りの英単語を見ると、picture,My,and,books,toys。Myが大文字で始まっているので、文頭に来ると分かる。またMyの後ろには、名詞を置くことができた。英単語を繋げると、My picture books and toysとなる。were not reusedは、主語が抜けている。なので、今回の問題は、My picture books and toys were not reused.

 「正解。今回の問題を正解できたか。それとも正解できなかったのかは、notを見た瞬間に否定文の並び替え問題と予測することができたかだよ。何も考えずに英単語を見た受験生は、wereを見て初めて、否定文の並び替え問題だと気が付き、問題を解く時間をロスした。なので、並び替え問題を解く時には、予測しながら、問題を解くようにすることで問題を解く時間のロスを減らすことができる

「はい」

 「今回は、受動態の否定文を使った英文の並べ替え問題を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の並べ替え問題の正解について>
My picture books and toys were not reused.

受動態の否定文を使った英文の並べ替え問題について話している人

▼追伸
今している勉強法が合わないあなたへ



第53講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「to不定詞×接続詞を使っている英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2016年度岡山県公立高校入試問題に出題された英文を読み、文構造を考えてくれるかな

【2016年度岡山県公立高校入試問題】
American people like to invite their friends to their home and have a party,but that kind of party is not popular in Japan.

「英文を見ると、to inviteと書かれている。なので、to不定詞に気を付けながら、英文の文構造を考える必要があると分かる。また英文を見ると、butと書かれている。なので、but以下の英文は、butまでの英文の内容と対比になっている内容が書かれていると予想が付く。butまでの英文の文構造を考える。主語はAmerican people。動詞はlikeだと分かる。to invite their friends to their home and have a partyがlikeについて説明している。なので、to invite their friends to their home and have a partyは目的語だと分かる。つまり、butまでの英文の文構造は、主語+動詞+目的語。but以下の英文の文構造を考える。主語はthat kind of party。動詞はisだと分かる。that kind of partypopularの関係になっている。なので、popularは補語だと分かる。今回の英文の文構造は、主語+動詞+目的語+主語+動詞+補語.

 「正解。今回の英文のAmerican peopleと対比している対象は何かな。

「今回の英文のAmerican peopleと対比している対象は、Japan

 「どうして今回の英文のAmerican peopleと対比している対象は、Japanだと考えたのかな。

「今回の英文のAmerican peopleと対比している対象は、Japanだと考えた理由は、英文の文末にin Japanと書かれているから

 「正解。英文にbutが出て来た場合には、対比対象を押さえておくことが大切になる

「はい」

 「今回は、to不定詞×接続詞を使っている英文の文構造を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文の文構造について>
主語+動詞+目的語+主語+動詞+補語.

to不定詞×接続詞を使っている英文について話している人

第39講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「接続詞×whyを使っている英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2019年度大学入試共通テストに出題された英文を読み、文構造を考えてくれるかな

【2019年度大学入試共通テスト】
My father loves his garden,but at that time I didn’t understand why working in the dirtexcited him so much.


「英文を見ると、whyがある。なので、whyに気を付けながら、英文の文構造を考える必要があると分かる。またbutは、逆接の接続詞なので、but以下はbutまでの英文とのことの内容について書かれていると予想することができる。英文の前半の文構造を考える。主語はMy father。動詞はloves。目的語はhis gardenだと分かる。英文の後半の文構造を考える。主語はI。動詞はdidn’t understandだと分かる。whyは原因・理由を表す時に使うことができた。なので、why以下の英文は原因・理由について書かれていると分かる。why以下の英文が何について説明しているのかを考える。why以下の英文はどうしてdidn’t understandになったのかについて書かれている。なので、why working in the dirtexcited him so muchは目的語だと分かる。つまり、今回の英文の文構造は、主語+動詞+目的語+主語+動詞+目的語.

 「正解。今回の英文を正しく理解するには、が言った通り、butとwhyの2つを押さえることが必要になる。英文の骨組みを押さえることで英文を理解することができる。なので、英文にあなたが知らないことが出て来た場合でも、英文の骨組みを押さえることで英文の内容を理解することができる

「はい」

 「今回は、接続詞×whyを使っている英文の文構造を押さえるについて話しました。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文の文構造について>
主語+動詞+目的語+主語+動詞+目的語.

接続詞×whyを使っている英文の文構造について話している人

第34講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「原因と結果の英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2019年度大学入試共通テストに出題された英文を読み、文構造を考えてくれるかな

【2019年度大学入試共通テスト】
My mother had several business trips so she couldn’t take care of the garden.


「英文を見ると、soがある。なので、so以下を意識しながら文構造を考えないといけないと分かる。英文が長いので、My mother had several business tripsまでで文構造を考える必要がある。主語はMy mother。動詞はhad。目的語はseveral business tripsだと分かる。ここまでの英文で私の母は何度か出張をしていたということが分かる。なので、今回の英文のso以下は、My mother had several business tripsの結果について説明していると予想することができる。so以下の文構造を考えると、主語はshe。動詞はtake care of。目的語はthe gardenだと分かる。またcouldn’tを使っているので、否定文だと分かる。なので、今回の英文のso以下は、結果について説明している」

 「正解。今回の英文を見ると、後半にsoがあるので、so that構文があるのかなと考え、thatがないと分かった瞬間、so以下をどのように解釈して良いのか分からなくなる人がいる。なので、今回の英文では、落ち着いて1文を2文にし、英文を解釈して行くことで、英文の前半を解釈した時に、so以下は、英文の前半の結果について説明しているんではないかと予想しながら、英文の後半を読み進めて行くことができる

「はい」

 「今回の英文は、現在・過去・未来のいつを表しているかな。

「今回の英文は、過去を表している」

 「どうして今回の英文は、過去を表していると考えたのかな。

「今回の英文が過去を表していると考えた理由は、英文にhad・couldn’tが使われていたから」

 「正解。今回は、原因と結果の英文の文構造を押さえるについて話しました。しっかり復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文の文構造について>
主語+動詞+目的語+主語+動詞+目的語.

因果関係の英文の文構造について話している人

第24講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「be動詞の疑問文×一般動詞の否定文の問題でも分解することで理解できます」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2021年度大学共通テストに出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2021年度大学共通テスト】
Are you sure you don’t have it with you?


「今回の英文を見ると、be動詞が文頭に来ているので、be動詞の疑問文の文だと分かる。また英文後半を見ると、don’t haveと書かれているので、一般動詞の否定文の文だと分かる」

 「おしい。実は、今回の英文では、もう1つ隠されていることがある。今回の英文で隠されていることが何か分かるかな。

「うーん。Are you sure you don’t haveを分解すると、動詞+主語+~+主語+動詞となっている。なので、1文に主語・動詞が2つあることになる。1文に主語・動詞を2つ使うために接続詞のような英文法を使っているということかな。1文に主語・動詞を2つ使うために使われ、省略されることがあるのは、that。なので、今回の英文は、sureとyouの間にthatが省略されているのかな」

 「正解。今回の英文を正しく理解するには、sureとyouの間にthatが省略されていることに気が付くことが必要なんだよ。なので、今回の英文では、3つの英文法を押さえておくことが前提にある。まず1つ目は、be動詞の疑問文。2つ目は、一般動詞の否定文。最後3つ目は、thatの省略の3つの英文法を押さえておくことが前提にある。be動詞の疑問文は、どのように作れば良かったかな。

「be動詞の疑問文は、be動詞を文頭に持って来れば良かった。疑問文に対する答え方は、be動詞で聞かれている時には、be動詞を使って答えれば良かった」

 「正解。一般動詞の否定文は、どのように作れば良かったかな。

「一般動詞の否定文は、主語の後ろにdon'tもしくはdoesn'tを置き、一般動詞を原形にすれば良かった」

 「doesを使う時は、どんな時だったかな。

「doesを使う時は、主語が三人称単数の時に使う」

 「正解。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「今回は、be動詞の疑問文×一般動詞の否定文の問題でも分解することで理解できますについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<be動詞の疑問文について>
肯定文 主語+be動詞+~.

疑問文→Be動詞+主語+~?

はい→Yes,主語+be動詞.

いいえ→No,主語+be動詞 not.

<一般動詞の否定文について>
肯定文 主語+一般動詞+~.

否定文→主語+do(does)+not一般動詞の原形+~.

be動詞の疑問文と一般動詞の否定文について話している人

第7講のみでも購入できます。

↑このページのトップヘ