こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「前置詞を押さえる」について話して行きます。

基礎英語講座

授業をしている講師「前回は、空欄問題の解き方を押さえるについて話しました。文の空欄問題の解き方は、どうだったかな

授業を受けている生徒「文の空欄問題の解き方は、文章に書かれていることをもとに形容詞・副詞も意識して解けば良かった

授業をしている講師「そうだよね。文法の空欄問題の解き方は、どうだったかな

授業を受けている生徒「文法の空欄問題の解き方は、文法を意識して品詞を意識し、解けば良かった

授業をしている講師「そうだよね。どうして文法以外に意識することは、品詞も意識する必要があるんだったかな

授業を受けている生徒「品詞も意識する必要がある理由は、文法の空欄問題の中には、選択肢の品詞が判断できないと、正解できない問題が出題されているから

授業をしている講師「そうだよね。例えば、slowとslowyの違いは、何かな

授業を受けている生徒「slowは、名詞を説明する形容詞。slowyは、名詞以外を説明する副詞



授業をしている講師「正解。今回は、前置詞を押さえるについて話します。早速だけど、前置詞は、どんな時に使うかな

授業を受けている生徒「うーん。分からない」

授業をしている講師どうして前置詞は、どんな時に使うのか分からないのかな

授業を受けている生徒「前置詞は、どんな時に使うのか分からない理由は、前置詞は、名詞の前に使うことしか勉強していないからかな

授業をしている講師「そうだよね。前置詞は、名詞の前に使うという前置詞の文の型だけ押さえても、問題を正解できない。どうして前置詞の文の型だけ押さえても、問題を正解できないのかな

授業を受けている生徒「前置詞の文の型だけ押さえても、問題を正解できない理由は、感覚的に問題を解くことになるからかな

授業をしている講師「そうだよね。前置詞は、場所・方向・時など名詞・代名詞の意味を補う時に使うことも押さえることで5割感覚的に問題を解くことを辞める。残りの5割は、どうすれば良いかな

授業を受けている生徒「残りの5割は、前置詞のイメージを押さえれば良いのかな

授業をしている講師「そうだよね。前置詞のイメージは、主に9つ押さえれば良い。1つ目は、点のat。2つ目は、枠の中のin。3つ目は、接触のon。4つ目は、出発・離れて行くのfrom。5つ目は、方向と到達点のto。6つ目は、向かうのfor。7つ目は、所属・所有・つながりのof。8つ目は、近接のby。9つ目は、つながりのwith

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師例えば、He went () school.の()に適切な語を入れなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「He went () school.を見ると、() schoolと書かれている。名詞の前には、前置詞を使う。また前置詞は、場所・方向・時など名詞・代名詞の意味を補う時に使う。schoolは、場所・方向・時など名詞。主語は、He。動詞は、went。()に入る前置詞は、方向と到達点のtoと判断できる。なので、正解は、to

授業をしている講師「正解。今回は、前置詞を押さえるについて話しました。次回は、英作文問題の解き方を押さえるについて話します。しっかりと復習してね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<前置詞を使う時について>
前置詞は、場所・方向・時など名詞・代名詞の意味を補う時に使う

<前置詞の文の型について>
前置詞+名詞

<前置詞のイメージについて>
・at→

・in→枠の中

・on→接触

・from→出発・離れて行く

・to→方向と到達点

・for→向かう

・of→所属・所有・つながり

・by→近接

・with→つながり

受験対策をしている人