こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「仮定を押さえる」について話して行きます。

基礎英語講座

授業をしている講師「前回は、不定詞と動名詞を押さえるについて話しました。不定詞と動名詞の違いは、何だったかな

授業を受けている生徒「不定詞は、未来を表す。 動名詞は、過去・現在を表す

授業をしている講師「そうだよね。動名詞の使い方は、何パターンあったかな

授業を受けている生徒「動名詞の使い方は、3パターンある。1つ目は、動詞ing+動詞+~.の場合は、主語。2つ目は、主語+動詞+動詞ing.の場合は、動詞の目的語。3つ目は、主語+動詞+~+前置詞+動詞ing+~.の場合は、前置詞の目的語として使われている

授業をしている講師「そうだよね。不定詞の使い方は、何パターンあったかな

授業を受けている生徒「不定詞の使い方は、2パターンある。1つは、主語+動詞+to動詞の原形+~.。もう1つは、To動詞の原形+動詞+~.

授業をしている講師「そうだよね。例えば、She stops running in the garden.とShe stops to run in  the garden. の違いを答えなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒不定詞と動名詞の違いの問題だと分かる。不定詞は、未来を表す。 動名詞は、過去・現在を表す。なので、正解は、She stops running in the garden.は、未来を表し、She stops to run in  the garden.は、過去・現在を表している



授業をしている講師「そうだよね。動名詞しか取らない動詞と不定詞しか取らない動詞は、何かな

授業を受けている生徒「うーん。分からない」

授業をしている講師「動名詞しか取らない動詞・不定詞しか取らない動詞は、共に主に5つある。動名詞しか取らない動詞の1つ目は、enjoy。2つ目は、recall。3つ目は、finish。4つ目は、avoid。5つ目は、put off。不定詞しか取らない動詞の1つ目は、want。2つ目は、decide。3つ目は、agree。4つ目は、expect。5つ目は、fail

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師agreeは、動名詞しか取らない動詞と不定詞しか取らない動詞のどっちかな

授業を受けている生徒「agreeは、不定詞しか取らない動詞

授業をしている講師「そうだよね。不定詞の用法は、何種類あるかな

授業を受けている生徒「分からない」

授業をしている講師「そうだよね。不定詞の用法は、3種類ある。不定詞の用法の1つ目は、主語・補語・目的語の働きをする名詞用法。2つ目は、直前の名詞や代名詞を修飾する形容詞用法。3つ目は、副詞と同じように動詞などを修飾する副詞用法

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師「副詞用法には、目的・原因・理由・結果の意味を表す4種類の用法がある

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師例えば、She stops to run in  the garden.の用法を答えなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「to runは、stopsの目的語の働きをしている。主語・補語・目的語の働きをするのは、名詞用法だった。なので、正解は、名詞用法

授業をしている講師「正解。byを使わない受動態についても話しました。byを使わない受動態は、何があったかな

授業を受けている生徒「byを使わない受動態は、9種類あった。1つ目は、be interested in ~。 2つ目は、be known to ~。 3つ目は、be known for ~。4つ目は、be made of ~(材料) 。5つ目は、be made from ~(原料)。6つ目は、be covered with ~。 7つ目は、surprised at ~。8つ目は、be worried about ~。9つ目は、be satisfied with ~

授業をしている講師「そうだよね。be made of ~とbe made from ~の違いは、何だったかな

授業を受けている生徒「be made of ~は、材料の時に使う。be made from ~は、原料の時に使う

授業をしている講師「そうだよね。例えば、Wine is made () grapes.の()に入る前置詞を答えなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうなるかな

授業を受けている生徒「grapesは、原料。原料の時は、be made from ~を使う。なので、正解は、from

授業をしている講師「正解。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、仮定を押さえるについて話します。早速だけど、仮定には、何種類か分かるかな

授業を受けている生徒「仮定は、4種類ある。1つ目は、仮定法現在。2つ目は、仮定法過去。3つ目は、仮定法過去完了。4つ目は、仮定法未来

授業をしている講師「そうだよね。仮定法の文の型は、原則4種類ある。1つ目は、主語 + 動詞(要求や提案)+ that + 主語 + 動詞の原形~の仮定法現在。2つ目は、If 主語+動詞の過去形~,主語+助動詞の過去形+動詞の原形~の仮定法過去。3つ目は、If 主語+ had+過去分詞~, 主語+ 助動詞の過去形+have 過去分詞~の仮定法過去完了。4つ目は、If 主語+should+動詞の原形~, 主語+助動詞の過去形+動詞の原形~の仮定法未来

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師例えば、If I were you, I would accept her offer.を考える。If I were you, I would accept her offer.で使われている仮定の種類は、何かな

授業を受けている生徒「前半でIf 主語+動詞の過去形~が使われている。後半で主語+助動詞の過去形+動詞の原形~使われている。If 主語+動詞の過去形~,主語+助動詞の過去形+動詞の原形~の仮定法過去だった。なので、仮定法過去が使われている

授業をしている講師「正解。今回は、仮定を押さえるについて話しました。次回は、関係詞を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<動名詞しか取らない動詞について>
enjoy

recall

finish

avoid

put off

<不定詞しか取らない動詞について>
want

decide

agree

expect

fail

<3つの不定詞の用法について>
名詞用法→主語・補語・目的語の働きをする

形容詞用法→直前の名詞や代名詞を修飾する

副詞用法→副詞と同じように動詞などを修飾する副詞用法

<不定詞の副詞用法の4種類の意味について>
目的

原因

理由

結果

<仮定法の原則4種類の文の型について>
仮定法現在→主語 + 動詞(要求や提案)+ that + 主語 + 動詞の原形~

仮定法過去→If 主語+動詞の過去形~,主語+助動詞の過去形+動詞の原形~

仮定法過去完了→If 主語+ had+過去分詞~, 主語+ 助動詞の過去形+have 過去分詞~

仮定法未来→If 主語+should+動詞の原形~, 主語+助動詞の過去形+動詞の原形~

受験対策をしている人