こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「スピーキング対策のコツは、感情を乗せて英語を話すことです」について話して行きます。

逆転英語スピーキング・リスニング対策

授業をしている講師「早速だけど、英語を話す時、感情を乗せて話しているかな」

授業を受けている生徒「感情を乗せて英語を話すことは、恥ずかしいからしていない」

授業をしている講師「そうだよね。殆どの人が授業を受けている生徒と同じように感情を乗せて英語を話すことは、恥ずかしいことだ。だから英語を話す時には、感情を乗せなくて良いと考えている。残念ながら、あなたが感情を乗せずに英語を話したとしても、感情を乗せて英語を話している人よりもスピーキング力は上がらない

授業を受けている生徒「え。どうして感情を乗せずに英語を話したとしても、感情を乗せて英語を話している人よりもスピーキング力は上がらないの」

授業をしている講師「感情を乗せずに英語を話したとしても、感情を乗せて英語を話している人よりもスピーキング力は上がらない理由は、簡単だよ。スピーキング力を上げるためには、他人の会話も必要になる。英語で会話をしている時、感情を乗せずに話された人は、感情を乗せず話している人のことをどう思うかな

授業を受けている生徒「感情を乗せずに話された人は、感情を乗せず話している人のことを「この人、私と話をしていて楽しいのかな」「この人と話していても楽しくないから早く話を終わらせたいな」「この人と話していても会話が丸っきり弾まないな」と思うかな」

授業をしている講師「そうだよね。感情を乗せて英語を話している人のことをどう思うかな

授業を受けている生徒「感情を乗せて話された人は、感情を乗せて話している人のことを「この人、私と話をしていて楽しいんだ」「この人と話していると楽しいから、もっと話をしていたい」「この人と話していると自然と会話が弾む」と思うかな」

授業をしている講師「そうだよね。なので、あなたが英文を音読する時も感情を乗せて音読することが必要になる。あなたが英文を音読する時も感情を乗せて音読することで、あなたは英語で会話をする時にも、自然と感情を乗せて英語を話すことができる。自然と感情を乗せて英語を話すことができることで、あなたのスピーキング力も上がる」

授業を受けている生徒「確かに。普段のスピーキングを勉強している時から、感情を乗せて英語を話すことで、英語で話しをする時、自然と感情を乗せて英語を話すことができる」

授業をしている講師「今回は、スピーキング対策のコツは、感情を乗せて英語を話すことですについて話しました。あなたは今から感情を乗せて英語を話してね。次回は、スピーキング対策のコツは、目的を持って英会話レッスンを受講することですについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
・あなたが感情を乗せずに英語を話したとしても、感情を乗せて英語を話している人よりもスピーキング力は上がらない

・あなたが英文を音読する時も感情を乗せて音読することで、あなたは英語で会話をする時にも、自然と感情を乗せて英語を話すことができる

逆転英語5