生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。「授業が分からない」「過去問の解説が分からない」あなたでも英語の知識を積み上げ、「授業が分かる」「過去問が解ける」あなたに。講義は何度でも受け直すことができます。

逆転英語スピーキング対策基礎講座

【スピーキング対策講座:6講】スピーキング対策のコツは、英語で話した1文の英文法の基礎を確認することです

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「スピーキング対策のコツは、英語で話した1文の英文法の基礎を確認することです」について話して行きます。

逆転英語スピーキング・リスニング対策

授業をしている講師「早速だけど、英語で1文を話した後、どうしているかな」

授業を受けている生徒「英語で1文を話した後、何もしていない」

授業をしている講師「そうだよね。殆どの人が授業を受けている生徒のように英語で1文を話した後、何もしていない。あなたがただその場限りの会話を友達とできれば良いと考えている場合には、何も言うことはない。しかし、あなたが英語のスピーキングの勉強をしている場合には、言わないといけないことがある。あなたが英語のスピーキングの勉強をしている場合には、言わないといけないことは、英語で1文を話した後、何もしないとスピーキング力は身に付かないということ

授業を受けている生徒「え。スピーキング力を身に付けるには、どうすれば良いの」

授業をしている講師「スピーキング力を身に付けるには、英語で1文を話した後、英語で話した1文が正しいかどうかを英文法の基礎で確認することが必要になる。英語で1文を話した後、英語で話した1文が正しいかどうかを英文法の基礎で確認することで、あなたが話した英語の何処が間違っていたのかを把握し、知識を修正することができる。知識を修正することで、何が起きるかな」

授業を受けている生徒「知識を修正することで、英語で話しをする時、できるだけ正しい英文法を使えるようになる」

授業をしている講師「そうだよね。英語で話しをする時、できるだけ正しい英文法を使えるようになることで、スピーキング以外に2つの勉強ができるんだけど、何か分かるかな

授業を受けている生徒「うーん。もしかして、英文法と英作文かな」

授業をしている講師「正解。なので、あなたがスピーキングの勉強をする時には、スピーキング・リスニング・英文法・英作文を切り離して勉強せずに、関連を持たせて勉強してね

授業を受けている生徒「はい。でも英語を1文しか話さない時ばかりではないよね。英語を1文以上話さないといけない場合、どうすれば良いの」

授業をしている講師「英語を1文以上話さないといけない場合にあなたに意識して欲しいことについて次回話をする。今回は、スピーキング対策のコツは、英語で話した1文の英文法の基礎を確認することですについて話しました。あなたが英語を話しっぱなしにしている場合には、今すぐに英文法の基礎を確認してね。次回は、スピーキング対策のコツは、接続詞を意識しながら話すことですについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
・英語で1文を話した後、何もしないとスピーキング力は身に付かない

・英語で1文を話した後、英語で話した1文が正しいかどうかを英文法の基礎で確認することで、あなたが話した英語の何処が間違っていたのかを把握し、知識を修正することができる

・スピーキング・リスニング・英文法・英作文を切り離して勉強せずに、関連を持たせて勉強する

逆転英語5

【スピーキング対策講座:5講】スピーキング対策のコツは、あなたが見たこと・思ったことを1文の英語で話すことです

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「スピーキング対策のコツは、あなたが見たこと・思ったことを1文の英語で話すことです」について話して行きます。

逆転英語スピーキング・リスニング対策

授業をしている講師「早速だけど、英語を話す時、どうしているかな

授業を受けている生徒「英語を話す時、日本語を話す時と同じように1文以上で話そうとする」

授業をしている講師「そうだよね。英語を話す時、1文以上で話そうと思うことで、何が起きるかな

授業を受けている生徒「英語を話す時、1文以上で話そうとすることで、無意識の間に「え。英文法はこれで良いのかな」「本当は●と言いたいけど、英語が分からないから▲でいいや」と思うかな」

授業をしている講師「そうだよね。スピーキングの勉強を始めたばかりの人が、英語を話す時、日本語を話す時と同じように1文以上で話そうとすることで、授業を受けている生徒のように無意識の間に「え。英文法はこれで良いのかな」「本当は●と言いたいけど、英語が分からないから▲でいいや」と思い、最悪、英語を話すことが嫌になってしまう。しかし、スピーキングの勉強を始める時、これまでスピーキングの勉強をしたことがない自分自身に1つだけルールを決めることで、英語を話すことが嫌にならない」

授業を受けている生徒「スピーキングの勉強を始める時、これまでスピーキングの勉強をしたことがない自分自身に1つだけ決めるルールとは、何かな」

授業をしている講師「スピーキングの勉強を始める時、これまでスピーキングの勉強をしたことがない自分自身に1つだけ決めるルールは、英語を話す時には、1文で話すというルールだよ。予め英語を話す時には、1文で話すというルールを決めておくことで、1文を英語で話した後、直ぐに英語を話さないといけないという焦りを感じることがなくなる。なので、英語を話す時には、1文で話すというルールを決めることでスピーキング力が身に付いて行く

授業を受けている生徒「確かに英語を話す時には、1文だけ話せば良いとルールを決めておくことで、文を英語で話した後、直ぐに英語を話さないといけないという焦りを感じることがなくなり、落ち着いて英語を話すことができる」

授業をしている講師「今回は、スピーキング対策のコツは、あなたが見たこと・思ったことを1文の英語で話すことですについて話しました。今からあなたが見たこと・思ったことを1文の英語で話してね。次回は、スピーキング対策のコツは、英語で話した1文の英文法の基礎を確認することですについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
スピーキングの勉強を始める時、これまでスピーキングの勉強をしたことがない自分自身に1つだけ決めるルールは、英語を話す時には、1文で話すというルール

逆転英語5

【スピーキング対策講座:4講】スピーキング対策のコツは、正しい発音をインターネットを使い、身に付けることです

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「スピーキング対策のコツは、正しい発音をインターネットを使い、身に付けることです」について話して行きます。

逆転英語スピーキング・リスニング対策

授業をしている講師「早速だけど、英語の正しい発音を調べる時、どうしているかな」

授業を受けている生徒「英語の正しい発音を調べる時には、辞書を使ったり、電子手帳を使っている」

授業をしている講師「そうだよね。勉強をする上で分からないことを辞書で調べることは良いこと。しかし、辞書で正しい発音を調べた時、正しい発音を音で知ることはできない。なので、スピーキングの勉強をする時には、辞書・電子手帳を使い、正しい発音を調べることはおすすめしない」

授業を受けている生徒「え。スピーキングの勉強をする時には、どうやって正しい発音を調べれば良いの」

授業をしている講師「スピーキングの勉強をする時には、インターネットを活用し、正しい発音を調べる。インターネットで英単語を調べることで、発音も知ることができる」

授業を受けている生徒「確かにインターネットで英単語を調べた時、スピーカーのようなものが出て来る時がある。スピーカーのようなものを押すと正しい発音を聞くことができるのかな」

授業をしている講師「そうだよ。なので、第3講までで話して来たことを実践する時には、話した英単語の正しい発音を英単語を話した日のうちにインターネットで調べて欲しい」

▼関連記事





授業を受けている生徒「分かった。正しい発音をインターネットで調べるだけで良いんだね」

授業をしている講師「実は、正しい発音をインターネットで調べる時にあなたにして欲しいことがある。正しい発音をインターネットで調べる時にあなたにして欲しいことは、インターネットで調べた英単語の正しい発音を聞いた後、直ぐにあなたもインターネットで調べた英単語の正しい発音の真似をして英単語を話して欲しい

授業を受けている生徒「正しい発音の練習は、何回すれば良いの」

授業をしている講師「正しい発音の練習の話をすると、殆どの人が授業を受けている生徒と同じように何回練習をすれば良いのかを質問して来る。正しい発音の練習を何回すれば良いのかを質問することは、英単語を練習する回数・過去問を何回解いた方が良いのかを質問しているのと同じことなんだよ。英単語を記憶できる回数は、人によって違う。過去問を解けるように回数も人によって違う。英単語を記憶できる回数・過去問を解けるようになる回数と同じように正しい発音ができるようになる回数も、人によって違う。なので、あなたが正しい発音を練習する時には、あなたが納得できるまでする必要がある

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「あなたはインターネットを活用し、英単語の正しい発音を練習することで、あなたが英単語を話す時に英語の発音に対する意識が以前と変わって来る。あなたが英単語を話す時に英語の発音に対する意識が以前と変わることで、スピーキング力も上がって来る

授業を受けている生徒「確かに意識することで、成長するよね」

授業をしている講師「今回は、スピーキング対策のコツは、正しい発音をインターネットを使い、身に付けることですについて話しました。今から英単語を話す時には、英語の発音を意識してね。次回は、スピーキング対策のコツは、あなたが見たこと・思ったことを1文の英語で話すことですについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
・辞書で正しい発音を調べた時、正しい発音を音で知ることはできない

・スピーキングの勉強をする時には、インターネットを活用し、正しい発音を調べる

・正しい発音をインターネットで調べる時にあなたにして欲しいことは、インターネットで調べた英単語の正しい発音を聞いた後、直ぐにあなたもインターネットで調べた英単語の正しい発音の真似をして英単語を話して欲しい

逆転英語5

▼▼▼関連記事





【スピーキング対策講座:3講】スピーキング対策のコツは、挨拶を英語で話すことです

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「スピーキング対策のコツは、挨拶を英語で話すことです」について話して行きます。

逆転英語スピーキング・リスニング対策

授業をしている講師「早速だけど、家族などの知人と会った時、挨拶をしているかな」

授業を受けている生徒「友達に会った時には、挨拶する。でも、家族などの知人に会った時には、挨拶をする時もあれば、挨拶をしない時もあるかな」

授業をしている講師挨拶をする時、どのように挨拶をしているかな

授業を受けている生徒「挨拶をする時には、「おはよう」など日本語で挨拶をしている」

授業をしている講師「挨拶をする時、日本語で挨拶をすることは、スピーキングの勉強から考えた場合、とても勿体ないことをしているんだよ」

授業を受けている生徒「どうして挨拶をする時、日本語で挨拶をすることは、スピーキングの勉強から考えた場合、とても勿体ないことをしていることになるの」

授業をしている講師挨拶をする時、日本語で挨拶をすることは、スピーキングの勉強から考えた場合、とても勿体ないことをしていることになる理由は、自然に英語を話すことができるからだよ。少しだけ考えて欲しい。あなたが今していることを英語で話そうとしようとした場合、あなたはどう思うかな」

授業を受けている生徒「今していることを英語で話そうとしようとした場合、「間違えた英語を話したら嫌だな」「これを伝えるには、どうすれば良いのかな」「もう英語で話さなくて良いや。日本語で話す」などと思うかな」

授業をしている講師「そうだよね。「間違えた英語を話したら嫌だな」「これを伝えるには、どうすれば良いのかな」「もう英語で話さなくて良いや。日本語で話す」などと思うことで、スピーキングの勉強をすることが嫌になる。しかし、挨拶を英語で話すことは、「間違えた英語を話したら嫌だな」「これを伝えるには、どうすれば良いのかな」「もう英語で話さなくて良いや。日本語で話す」などと思うことはない。なので、家族などの知人と会った時、英語で挨拶をすることで、英語を話す機会が増える

授業を受けている生徒「確かに。でも、家族などの知人と会った時、英語で挨拶をし、知人も英語で挨拶をし、英語で話しを続けてきた場合、どうすれば良いの」

授業をしている講師家族などの知人と会った時、英語で挨拶をし、知人も英語で挨拶をし、英語で話しを続けてきた場合、あなたはラッキーだと考えた方が良い。どうして知人も英語で挨拶をし、英語で話しを続けてきた場合、あなたはラッキーだと考えた方が良いのか。知人も英語で挨拶をし、英語で話しを続けてきた場合、あなたはラッキーだと考えた方が良い理由は、スピーキングの勉強を一緒に勉強する人を見つけることができたからだよ。あなたがこれからスピーキングを勉強して行く中で、英語で話しをし合う仲間が必要になる。あなたがまだスピーキングの勉強を始めたばかりで英語を話すことができない場合には、英語で話しをし合う仲間と英語で話す時のルールを決めておくことで、あなたが「何を言っているか分からない」「もう英語なんて嫌い」などと思わなくて済む

授業を受けている生徒「確かに英語で話しをし合う仲間がスピーキングの勉強を始めたばかりの時にできた場合には、英語で話す時のルールを決めておいた方が良いよね」

授業をしている講師「今回は、スピーキング対策のコツは、挨拶を英語で話すことですについて話しました。今からあなたは家族などの知人に会った時、英語で挨拶をしてね。次回は、スピーキング対策のコツは、正しい発音をインターネットを使い、身に付けることですについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
・挨拶をする時、日本語で挨拶をすることは、スピーキングの勉強から考えた場合、とても勿体ないことをしている

・挨拶を英語で話すことは、「間違えた英語を話したら嫌だな」「これを伝えるには、どうすれば良いのかな」「もう英語で話さなくて良いや。日本語で話す」などと思うことはない

・あなたがまだスピーキングの勉強を始めたばかりで英語を話すことができない場合には、英語で話しをし合う仲間と英語で話す時のルールを決めておくことで、あなたが「何を言っているか分からない」「もう英語なんて嫌い」などと思わなくて済む

逆転英語5

【スピーキング対策講座:2講】スピーキング対策のコツは、見たもの・思ったことを英単語で話すことです

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「スピーキング対策のコツは、見たもの・思ったことを英単語で話すことです」について話して行きます。

逆転英語スピーキング・リスニング対策

授業をしている講師「早速だけど、英語のスピーキングの勉強を始める時、どうしているかな」

授業を受けている生徒「英語のスピーキングの勉強を始める時には、文で話さないといけないと無意識に考えているかな」

授業をしている講師「そうだよね。スピーキングの勉強を始める時、殆どの人が授業を受けている生徒と同じようにこれからスピーキングの勉強を始めようとしているにもかかわらず、文で話さないといけないと考えている。文で話さないといけないと考えることで何が起きるかな

授業を受けている生徒「文で話さないといけないと考えることで、中々英語を話すことができなくなる」

授業をしている講師「そうだよね。スピーキング力は、英語を話さないと身に付けることはできない。しかし、文で話さないといけないと考えることで、中々英語を話すことができなくなり、スピーキング力を身に付けることができなくなる」

授業を受けている生徒「それでは、どうすれば良いの」

授業をしている講師「これからスピーキングの勉強を始める人は、恥ずかしがらず、格好つけようと考えずに、文で英語を話すことを辞めることが大切なんだよ」

授業を受けている生徒「え。スピーキング力は、英語を話すことで身に付くと話していたよね」

授業をしている講師「文で英語を話すのではなく、まずは英単語を話すことに集中する。英語を話すことに集中することで、「完璧に英語を話さないといけない」「これを英語で言いたいんだけど、どうすれば良いんだろう」と考えることはなくなる。なので、英単語を話すことに集中することで、英語を話す回数が増えて行く

授業を受けている生徒「確かに英単語を話すことに集中することで、英語を話す回数が増えて行く。しかし、どんな英単語を話せば良いの」

授業をしている講師「どんな英単語を話さないといけないという決まりはない。あなたが日常生活している中で、見た物・感じたことを英単語で話す。例えば、自宅で机を見た時には、「desk」と英語で話す。「悲しい」と思った時には、「sad」と英語で話し、「美味しい」と思った時には、「delicious」と英語で話せば良い。日常生活している中で、あなたが見た物・感じたことを英単語で話すことで、あなたは無理なく他人からやらされている感を感じずにスピーキングの勉強をすることができる

授業を受けている生徒「確かに日常生活している中で、見た物・感じたことを英単語で話すことは、続けやすい」

授業をしている講師「今回は、スピーキング対策のコツは、見たもの・思ったことを英単語で話すことですについて話しました。まずはあなたが見た物・感じたことを英単語で話してみてね。次回は、スピーキング対策のコツは、挨拶を英語で話すことですについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
・文で話さないといけないと考えることで、中々英語を話すことができなくなり、スピーキング力を身に付けることができなくなる

・英単語を話すことに集中することで、英語を話す回数が増えて行く

逆転英語5