生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。「授業が分からない」「過去問の解説が分からない」あなたでも英語の知識を積み上げ、「授業が分かる」「過去問が解ける」あなたに。講義は何度でも受け直すことができます。

カテゴリ: 逆転英語スピーキング対策基礎講座

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「スピーキング対策のコツは、目的を持って英会話レッスンを受講することです」について話して行きます。

逆転英語スピーキング・リスニング対策

授業をしている講師「早速だけど、英会話レッスンを受講する時、目的を持っているかな

授業を受けている生徒「英会話レッスンを受講する時、目的を持っていないかな。強いて目的と言えるか分からないけど、「英語を話せるようになりたい」と思いながら、英会話レッスンを受講している」

授業をしている講師「そうだよね。殆どの人が授業を受けている生徒と同じように「英語を話せるようになりたい」と思いながら、英会話レッスンを受講している。しかし、「英語を話せるようになりたい」と思いながら、英会話レッスンを受講しても、英語を話せるようにはならない

授業を受けている生徒「え」

授業をしている講師「どうして「英語を話せるようになりたい」と思いながら、英会話レッスンを受講しても、英語を話せるようにはならないのか。英語を話せるようにならない理由は、目的が抽象的だからだよ。あなたが「英語を話せるようになりたい」という目的で英会話レッスンを受講し始めて、「英語を話せるようになりたい」という目的で英会話レッスンを続けられるのは、1か月だよ。「英語を話せるようになりたい」という目的で英会話レッスンを受講し始めて、1か月後には「何のために英会話レッスンを受講しているんだっけ」「全然英語を話せるようになっている気がしない」「英語を話せなくても良いかな」と思い、英会話レッスンを受講することを辞める。あなたが英語のスピーキング試験を受験しない場合には、あなたがいつ英会話レッスンを受講することを辞めても、あなたにはさほど大きな影響はない。しかし、あなたが英語のスピーキング試験を受験しないといけない場合には、あなたには大きな影響がある

授業を受けている生徒「どうすれば良いの」

授業をしている講師「難しく考える必要はない。あなたが具体的な目的を持ち、英会話レッスンを受講すれば良い。具体的な目的の例として、志望校の英語の試験でスピーキング試験がある。どうしても志望校に合格し、進学したい。なので、スピーキング試験で9割得点するために英会話レッスンを受講する。進学する学校で来年から英語の授業が英語で行われるようになる。なので、英語の授業を理解し、英語の成績も良い成績を取るために英会話レッスンを受講するなどだよ。あなたが英会話レッスンを受講し始めてから1か月後に「何のために英会話レッスンを受講しているんだっけ」「全然英語を話せるようになっている気がしない」「英語を話せなくても良いかな」と思ったとしても、具体的な目的を思い出し、英会話レッスンを受講し続けることができる

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師「しかし、英会話レッスンを受講する時に大切なことがある。英会話レッスンを受講する時に大切なことは、あなたがスピーキング試験のために英会話レッスンを受講する場合には、講師にもしっかりとスピーキング試験のために英会話レッスンを受講していることを話すことだよ。あなたがスピーキング試験のために英会話レッスンを受講することを講師に伝えることで、講師はあなたがスピーキング試験で高得点が取れるようにレッスンをするようになる。仮にあなたがスピーキング試験のために英会話レッスンを受講することを伝えたにも関わらず、講師がスピーキング試験とは無関係なことばかりレッスンをして来た場合には、英会話レッスン教室・講師を変更した方が良い

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師1講で話した通り、あなたが英会話レッスンを受講し始める時期は、10講までのことが5割できるようになってからだよ。あなたが10講までのことが1割もできていない状態で英会話レッスンを受講したとしても、スピーキング力は身に付かない。逆転英語スピーキング対策講座は、今回が最後になる。これまで話したことを何度も繰り返し、実践し、スピーキング力を身に付けてね。お疲れ様でした

▼関連記事



授業を受けている生徒「分かりました。お疲れ様でした」

●まとめ
・「英語を話せるようになりたい」と思いながら、英会話レッスンを受講しても、英語を話せるようにはならない

・あなたが具体的な目的を持ち、英会話レッスンを受講すれば良い

・英会話レッスンを受講する時に大切なことは、あなたがスピーキング試験のために英会話レッスンを受講する場合には、講師にもしっかりとスピーキング試験のために英会話レッスンを受講していることを話すこと

逆転英語5

▼▼▼関連記事



 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「スピーキング対策のコツは、感情を乗せて英語を話すことです」について話して行きます。

逆転英語スピーキング・リスニング対策

授業をしている講師「早速だけど、英語を話す時、感情を乗せて話しているかな」

授業を受けている生徒「感情を乗せて英語を話すことは、恥ずかしいからしていない」

授業をしている講師「そうだよね。殆どの人が授業を受けている生徒と同じように感情を乗せて英語を話すことは、恥ずかしいことだ。だから英語を話す時には、感情を乗せなくて良いと考えている。残念ながら、あなたが感情を乗せずに英語を話したとしても、感情を乗せて英語を話している人よりもスピーキング力は上がらない

授業を受けている生徒「え。どうして感情を乗せずに英語を話したとしても、感情を乗せて英語を話している人よりもスピーキング力は上がらないの」

授業をしている講師「感情を乗せずに英語を話したとしても、感情を乗せて英語を話している人よりもスピーキング力は上がらない理由は、簡単だよ。スピーキング力を上げるためには、他人の会話も必要になる。英語で会話をしている時、感情を乗せずに話された人は、感情を乗せず話している人のことをどう思うかな

授業を受けている生徒「感情を乗せずに話された人は、感情を乗せず話している人のことを「この人、私と話をしていて楽しいのかな」「この人と話していても楽しくないから早く話を終わらせたいな」「この人と話していても会話が丸っきり弾まないな」と思うかな」

授業をしている講師「そうだよね。感情を乗せて英語を話している人のことをどう思うかな

授業を受けている生徒「感情を乗せて話された人は、感情を乗せて話している人のことを「この人、私と話をしていて楽しいんだ」「この人と話していると楽しいから、もっと話をしていたい」「この人と話していると自然と会話が弾む」と思うかな」

授業をしている講師「そうだよね。なので、あなたが英文を音読する時も感情を乗せて音読することが必要になる。あなたが英文を音読する時も感情を乗せて音読することで、あなたは英語で会話をする時にも、自然と感情を乗せて英語を話すことができる。自然と感情を乗せて英語を話すことができることで、あなたのスピーキング力も上がる」

授業を受けている生徒「確かに。普段のスピーキングを勉強している時から、感情を乗せて英語を話すことで、英語で話しをする時、自然と感情を乗せて英語を話すことができる」

授業をしている講師「今回は、スピーキング対策のコツは、感情を乗せて英語を話すことですについて話しました。あなたは今から感情を乗せて英語を話してね。次回は、スピーキング対策のコツは、目的を持って英会話レッスンを受講することですについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
・あなたが感情を乗せずに英語を話したとしても、感情を乗せて英語を話している人よりもスピーキング力は上がらない

・あなたが英文を音読する時も感情を乗せて音読することで、あなたは英語で会話をする時にも、自然と感情を乗せて英語を話すことができる

逆転英語5

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「スピーキング対策のコツは、呼吸をするタイミングを予め決めておくことです」について話して行きます。

逆転英語スピーキング・リスニング対策

授業をしている講師「早速だけど、英語を話す時、呼吸をするタイミングを予め決めているかな」

授業を受けている生徒「英語を話す時、呼吸をするタイミングを予め決めていないかな」

授業をしている講師「そうだよね。日本語を話している時は、どうかな

授業を受けている生徒「日本語を話している時には、無意識にだけど、自分で決めたタイミングで呼吸をしている」

授業をしている講師どうして日本語を話している時には、無意識に自分で決めたタイミングで呼吸をしているのかな

授業を受けている生徒「日本語を話す機会が多いからかな。あと日本語を聞く機会が多いからかな」

授業をしている講師「そうだよね。つまり、日本語を話している時、無意識に自分で決めたタイミングで呼吸をすることができるようになった理由は、どのタイミングで呼吸をすればスムーズに日本語を話すことができるのかを練習する機会がたくさんあったからだよ。しかし、残念なことに日本で英語を話す機会は、日本語を話すよりも少ない。なので、あなたがスムーズに英語を話せるようになるには、外国の方が英語を話している時、何処で呼吸をしているのかを予め知り、真似ながら、自分事化することが必要になる

授業を受けている生徒「外国の方が英語を話している時、何処で呼吸をしているのかを予め知る方法は、映画・YouTubeなどで良いのかな」

授業をしている講師「外国の方が英語を話している時、何処で呼吸をしているのかを予め知る方法は、映画・YouTubeなどで良い。外国の方が英語を話している時、1文終わった後に呼吸をしているのか。接続詞を使う時に呼吸をしているのか。1文の途中で呼吸をしているのかなどを意識し、映画・YouTubeなどを観て欲しい。あなたは、外国の方が英語を話している時の呼吸のタイミングを真似、自分事化することで、スピーキング力が上がる

授業を受けている生徒「はい。でも、英語を話す時に無感情では会話をしている人に伝わらないこともあるよね」

授業をしている講師「そうだよね。なので、次回は、英語を話す時に感情を乗せることについて話すね」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、スピーキング対策のコツは、呼吸をするタイミングを予め決めておくことですについて話しました。今から外国の方が英語を話している時、何処で呼吸をしているのか意識してね。次回は、スピーキング対策のコツは、感情を乗せて英語を話すことですについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
・あなたがスムーズに英語を話せるようになるには、外国の方が英語を話している時、何処で呼吸をしているのかを予め知り、真似ながら、自分事化することが必要

・外国の方が英語を話している時、何処で呼吸をしているのかを予め知る方法は、映画・YouTubeなどで良い

逆転英語5

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「スピーキング対策のコツは、英文を音読することです」について話して行きます。

逆転英語スピーキング・リスニング対策

授業をしている講師「早速だけど、見たこと・思ったことなどを英語で話す以外に英語を話す回数を増やすことができることがある。英語を話す回数を増やすには、どうすれば良いのか分かるかな

授業を受けている生徒「うーん。分からない」

授業をしている講師「見たこと・思ったことなどを英語で話す以外に英語を話す回数を増やす方法は、英文を音読することだよ。スピーキング試験対策としては、日常生活で英語で話せることは英語で話すだけでは不十分。なので、日常生活で英語で話せることの他に英文を音読することでスピーキング試験で求められているスピーキング力を身に付けることができる

授業を受けている生徒「確かに英文を音読することで、英語を話す機会は増える。でも、英文はそんな簡単に見つけることはできないよね」

授業をしている講師「英文は簡単に見つけることができる。どうして英文を簡単に見つけることができるのか。英文を簡単に見つけることができる理由は、英語の教科書・英語の参考書・過去問にたくさん英文が書かれているからだよ。なので、あなたが音読するために必要な英文を探す必要はない

授業を受けている生徒「英語の教科書・英語の参考書・過去問に書かれている英文を全て音読すれば良いのかな」

授業をしている講師「英語の教科書・英語の参考書・過去問に書かれている英文を全ては音読する必要はない。英語の教科書・英語の参考書・過去問に書かれている英文の中で音読する必要がある英文は、英文読解のために書かれている英文だけで良い。英文読解のために書かれている英文だけを音読することに集中することで、あなたのスピーキング力は上がって行く

授業を受けている生徒「英文読解のために書かれている英文は、1回だけ音読すれば良いのかな」

授業をしている講師英文読解のために書かれている英文を音読する回数は、各英文読解のために書かれている英文を正しく発音でき、スムーズに音読できるまですることが必要なんだよ。何も意識せずに英文を音読をしたとしても、勉強をした気になるだけだよ」

授業を受けている生徒「はい。でも英文読解のために書かれている英文は、2文以上の英文で書かれているよね。一息で英文読解のために書かれている英文を全て音読することはできない。英文読解のために書かれている英文をスムーズに音読できるようになるには、どうすれば良いのかな」

授業をしている講師「英文をスムーズに音読できるようにするには、1つだけ意識することが必要なことがある。英文をスムーズに音読できるようになることで、あなたが英語で話しをする時にも英語をスムーズに話すことができるようになる。なので、次回は英文をスムーズに音読できるようにするには、1つだけ意識することが必要なことについて話すね」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、スピーキング対策のコツは、英文を音読することですについて話しました。あなたは今から英文の音読を始めてね。次回は、スピーキング対策のコツは、呼吸をするタイミングを予め決めておくことですについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
・スピーキング試験対策としては、日常生活で英語で話せることは英語で話すだけでは不十分

英文読解のために書かれている英文だけを音読することに集中することで、あなたのスピーキング力は上がって行く

・英文読解のために書かれている英文を音読する回数は、各英文読解のために書かれている英文を正しく発音でき、スムーズに音読できるまですることが必要

逆転英語5

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「スピーキング対策のコツは、接続詞を意識しながら話すことです」について話して行きます。

逆転英語スピーキング・リスニング対策

授業をしている講師「早速だけど、英語を話す時、何か意識していることはあるかな

授業を受けている生徒「英語を話す時、できるだけ正しい発音をすることを意識しているかな」

授業をしている講師「確かに特にスピーキングを勉強する場合は、英語を話す時、できるだけ正しい発音をすることを意識することは必要なことだよね。他に英語を話す時に意識していることはあるかな」

授業を受けている生徒「うーん。ないかな」

授業をしている講師「今度は、英語ではなく日本語で考えてみよう。日本語で自分が思いついたことをただ話している人の話を聞いてあなたは、どう思うかな

授業を受けている生徒「日本語で自分が思いついたことをただ話している人の話を聞いた時、「何言っているのか分からない」「早く話が終わらないかな」と思うかな」

授業をしている講師「どうして日本語で自分が思いついたことをただ話している人の話を聞いた時、「何言っているのか分からない」「早く話が終わらないかな」と思うのかな」

授業を受けている生徒「日本語で自分が思いついたことをただ話している人の話を聞いた時、「何言っているのか分からない」「早く話が終わらないかな」と思う理由は、話の繋がり、話の強弱などが丸っきり分からないからかな」

授業をしている講師「そうだよね。接続詞を使い、日本語で自分の考えたことを話している人の話を聞いた時、あなたはどう思うかな

授業を受けている生徒「接続詞を使い、日本語で自分の考えたことを話している人の話を聞いた時、「AということのためにA'という例えを使ったんだ」「この人は、Bと考えているんだ」と話している人が何を伝えたいのか理解しながら、話を聞くことができるかな」

授業をしている講師「そうだよね。同じことが英語でも言える。英語で自分が思いついたことをただ話している人の話を聞いた時、「何言っているのか分からない」「早く話が終わらないかな」と思う。しかし、接続詞を使い、英語で自分の考えたことを話している人の話を聞いた時、「AということのためにA'という例えを使ったんだ」「この人は、Bと考えているんだ」と話している人が何を伝えたいのか理解しながら、話を聞くことができる。なので、あなたが英語で1文以上話す時には、接続詞を使った方が聞き手が分かりやすい時には、接続詞を使って話をすることでスピーキング力を身に付けることができる」

授業を受けている生徒「接続詞を使った方が聞き手が分かりやすい時とは、どういう時かな」

授業をしている講師接続詞を使った方が聞き手が分かりやすい時とは、逆接・理由などを話す時だよ。聞き手がButを聞いた瞬間、「But以降は、これまでとは逆の話をするんだ」。Becauseを聞いた瞬間、「Because以降は、理由の話をするんだ」と話の流れを理解しながら、話を聞くことができる」

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師「今回は、スピーキング対策のコツは、接続詞を意識しながら話すことですについて話しました。あなたが今から英語を話す時には、接続詞を使い話してね。次回は、スピーキング対策のコツは、英文を音読することですについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
・あなたが英語で1文以上話す時には、接続詞を使った方が聞き手が分かりやすい時には、接続詞を使って話をすることでスピーキング力を身に付けることができる

・接続詞を使った方が聞き手が分かりやすい時とは、逆接・理由などを話す時

逆転英語5

↑このページのトップヘ