こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「目的語が長い英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度静岡県公立高校入試問題に出題された英文を読み、文構造を考えてくれるかな

【2020年度静岡県公立高校入試問題】
I think everyone from aboroad should see sakura.

「英文を見ると、think以下の英文が長い。なので、think以下の英文の文構造を気を付けることが必要なのが分かる。thinkまでの英文の文構造を考える。主語はI。動詞はthinkだと分かる。think以下の英文を見ると、seeがある。なので、everyone from aboroadが主語だと分かる。everyone from aboroadsakuraの関係になっていない。なので、sakuraは目的語だと分かる。動詞はsee。thinkまでの英文の文構造は、主語+動詞+目的語.になっている。everyone from aboroad should see sakuraが何を説明しているのかを考える。everyone from aboroad should see sakuraは、どうしてthinkなのかについて説明している。なので、everyone from aboroad should see sakuraは、目的語だと分かる。つまり、今回の英文の文構造は、主語+動詞+目的語.

 「正解。今回の英文を正しく理解するには、everyone以下の英文の文構造を押さえることが必要なんだよ。試験で初めて今回の英文を見た受験生の中には、everyone以下の英文を見た瞬間、英文の文構造が分からなくなり、I thinkしか押さえることができなかった受験生もいた。なので、日頃から英文の文構造を考えながら、問題を解くことが大切なんだよ

「はい」

 「今回は、目的語が長い英文の文構造を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文の文構造について>
主語+動詞+目的語.

目的語が長い英文の文構造について話している人

▼追伸
今年の夏から受験勉強を始めるあなたへ



第37講のみでも購入できます。