こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「中学校卒業レベルから大学入試外部検定試験対策ができます」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「今回私が紹介する産経オンライン英会話Plus を活用し、あなたが英語の勉強をすることで中学英語が理解できなかったあなたが大学受験英語も解けるようになります」

「確かに中学時代には、英語の成績が良かった人でも、高校進学後、英語の成績が悪くなる人がいるよね」

 「中学時代に英語の成績が良かった人が、高校進学後、英語の成績が悪くなる原因の1つは、中学時代は何となく英語の問題が解けてしまっていたことなんだよ。どうして中学時代は何となく英語の問題が解けてしまうことがあるのか。中学時代は何となく英語の問題が解けてしまう理由は、英語を理解していなかったとしても問題が解けるからなんだよ。つまり、中学英語で成績が良かった人が、高校英語では成績が悪くなった場合には、中学英語が丸っきり理解できていないことが原因なんだよ」

「確かに高校英語の問題は、中学英語を理解していることを前提に問題が出題されている」

 「高校進学後、英語の成績が悪くなった人の中には、自分が中学英語が身に付いていなかったことに丸っきり気が付かずに高校英語の参考書・問題集を使い、英語の知識を身に付けようとする人もいる。しかし、当然ながら、中学英語が身に付いていない状態で高校英語を勉強したとしても、英語の成績が上がらない

「高校英語の成績を上げるためには、どうすれば良いの」

 「高校英語の成績を上げるには、自分が中学英語が身に付いていないことを自覚し、中学英語から勉強し直すことが必要になる。中学英語から勉強し直すことが必要なことが分かっている人でも、書店で中学英語の参考書・問題集を購入することに抵抗がある人もいる」

「確かに中学英語の参考書・問題集を購入することには、抵抗があるかな」

 「実は、中学英語の参考書・問題集を書店で購入しなくても、中学英語から勉強をやり直しながら、大学受験に必要な英語力を身に付ける方法がある。中学英語の参考書・問題集を書店で購入しなくても、中学英語から勉強をやり直しながら、大学受験に必要な英語力を身に付ける方法は、産経オンライン英会話Plus 大学受験外部試験対策なんだよ。どうして産経オンライン英会話Plus大学受験外部試験対策なのか。産経オンライン英会話Plus大学受験外部試験対策の理由は、2つある。1つは、先程から私があなたに話しているように中学卒業レベルから段階的に勉強できる。もう1つは、難関大学で使用されている英語4技能に対応しているという2つの理由があるからなんだよ

「塾・予備校によっては、中学卒業レベルから段階的に勉強できるカリキュラムになっていない塾・予備校もあるので、中学卒業レベルから段階的に勉強できることはありがたい」

 「産経オンライン英会話Plus大学受験外部試験対策では、自分の考えを伝える練習・どうしてそのような考えを持つのかを伝える練習をすることもできる。なので、英語を勉強すると同時に論理的に考え、他者に伝える能力も身に付けることができる。令和3年以降の大学入試を見ると、論理的思考が身に付いていないと問題を正しく解けない問題が出題されている。なので、産経オンライン英会話Plus大学受験外部試験対策を活用し、英語の勉強をし、産経オンライン英会話Plus大学受験外部試験対策で身に付けた勉強法を他の試験科目でも応用することができる

「産経オンライン英会話Plus大学受験外部試験対策に申し込みをしたい」

 「実は、産経オンライン英会話Plus大学受験外部試験対策を申し込みするには、条件がある。産経オンライン英会話Plus大学受験外部試験対策に申し込みをする条件は、産経オンライン英会話Plusの4つのコースの中のカスタマイズプランに申し込みをすることなんだよ


「産経オンライン英会話Plus大学受験外部試験対策には、カスタマイズプラン以外のどんなプランがあるの」

 「産経オンライン英会話Plus大学受験外部試験対策には、カスタマイズプラン以外に3つのプランがある。まず1つ目は、同時予約1回までのプラン620。2つ目は、同時予約2回までのプラン1240。最後3つ目は、お試しプランの3つがある。3つ目のお試しプランは、2か月目以降は1つ目のプラン620に自動的に移行されるようになっている」

「なるほど。大学受験対策以外の英語力を身に付けるためのプランもあるんだね」

 「産経オンライン英会話Plus の特長の1つとして、1つのアカウントで家族5人のサブアカウントを作成し、レッスンに申し込みをする時に使うコインも共有することができる。なので、子供は受験勉強のために産経オンライン英会話Plus大学受験外部試験対策を受講し、親は産経オンライン英会話Plusで英会話レッスンを受講することもできる

「確かに家族で同じシステムを使え、コインを共有することができることで、コインを無駄にすることはなくなるよね

 「そうだよね。あとは家族で同じシステムを使い、目的に合わせて勉強することで、子供が勉強しているで分からないことがあった場合には、親に質問することができる。親も家の中で英会話の練習をしたい場合には、子供と英語を使い、話をし、英会話力を上げることができる」

「産経オンライン英会話Plusでレッスンを受講するには、Skypeが必要なのかな」

 「産経オンライン英会話Plusでは、Skypeではなく、独自開発のレッスンルームで全講師ビデオ通信でレッスンを受講することができる。なので、あなたがSkypeの使い方が分からなかったとしても、特に問題はない

「はい」

 「産経オンライン英会話Plusは、無料会員登録することで、4回無料体験レッスンを受講できる。なので、産経オンライン英会話Plusを使い、英語を勉強してみたい場合には、無料会員登録をし、4回無料体験レッスンを受講してから、正式に産経オンライン英会話Plusに申し込みをするのかを決めることもできる

「確かに正式に申し込みをした後に、レッスンが合わなかった場合、英語の勉強を続けることが嫌になる」

 「なので、今すぐにここから産経オンライン英会話Plus に無料会員登録できるようにしておくね

「ありがとうございます」

 「今回は、中学校卒業レベルから大学入試外部検定試験対策ができますについて話しました。高校進学後、英語の成績が下がった場合には、まずは無料体験レッスンを受講することをおすすめする。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
・中学英語で成績が良かった人が、高校英語では成績が悪くなった場合には、中学英語が丸っきり理解できていない

・高校英語の成績を上げるには、自分が中学英語が身に付いていないことを自覚し、中学英語から勉強し直すことが必要になる

産経オンライン英会話Plus 大学受験外部試験対策を活用し、英語の勉強をし、産経オンライン英会話Plus大学受験外部試験対策で身に付けた勉強法を他の試験科目でも応用することができる

・産経オンライン英会話Plusの特長の1つとして、1つのアカウントで家族5人のサブアカウントを作成し、レッスンに申し込みをする時に使うコインも共有することができる

中学英語ルから大学入試対策ができることについて話している人