生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。「授業が分からない」「過去問の解説が分からない」あなたでも英語の知識を積み上げ、「授業が分かる」「過去問が解ける」あなたに。講義は何度でも受け直すことができます。

カテゴリ:コース > 解答力養成コース

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「2014年度大学入試共通テスト問題【2-B-3】を解説する」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2014年度大学入試共通テスト問題【2-B-3】を読み、解答を考えてくれるかな

【2014年度大学入試共通テスト問題【2-B-3】】
Mother:Jack,I just finished washing your school uniform,and found your cellphone in the washing machine.It’s broken!

Jack:Oh,no.I have to call Bob now.

Mother:That’s not the point! I just bought it for you last week!

Jack:Oh,yeah.I’m sorry.But Mom,how am I going to call him?

Mother:()We’ll talk about your carelessness later.

1Buy him a new phone.
2I’ll call you soon.
3Just use my phone.
4Tell him to wait for me.

授業を受けている生徒「問題を見ると、会話の空欄問題だと分かる。()の前のJackの会話を見ると、But Mom,how am I going to call him?と書かれている。()の後のMotherの会話を見ると、We’ll talk about your carelessness later.と書かれている。なので、MotherはJackにBobにどのように電話をすれば良いのか話したことが分かる。今回の問題は、Just use my phone.

授業をしている講師「正解。今回の問題を正しく解くことができたか。それとも正解できなかったのかの分かれ目は、JackとMotherの会話が何について話しているのかを理解することができたかだよ。今回の問題を5分以内に正しく解くことができた受験生は、会話の内容を読解問題と考え、読解問題を解く時と同じように会話の内容を理解しながら、問題を解いた。なので、あなたが今回の問題を正解できなかった場合には、読解力の基礎力が身に付いていない。読解問題の基礎問題から勉強し直し、読解力の基礎を身に付けてね

▼関連記事



授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、2014年度大学入試共通テスト問題【2-B-3】を解説するについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の問題の正解について>
Just use my phone.

逆転英語5




 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「2015年度大学入試共通テスト問題【2-A-5】を解説する」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2015年度大学入試共通テスト問題【2-A-5】を読み、解答を考えてくれるかな

【2015年度大学入試共通テスト問題【2-A-5】】
I was fast asleep,so I didn’t hear the car accident that () at 2 a.m.

1happened
2happens
3was happened
4would happen


授業を受けている生徒「選択肢を見ると、一般動詞が書かれている。なので、一般動詞の変形問題だと分かる。英文を見ると、was・didn’tと書かれている。なので、過去の話だと分かる。また英文の文末にat 2 a.mと書かれている。なので、受動態ではないと分かる。今回の問題は、I was fast asleep,so I didn’t hear the car accident that happened at 2 a.m.

授業をしている講師「正解。今回の問題を正解できたか。それとも正解できなかったのかの分かれ目は、英文を見た瞬間、過去の話だと気が付くことができたかだよ。今回の問題を3分以内に正しく解くことができた受験生は、英文を見た瞬間、過去の話だと気が付くことができた

▼関連記事



授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、2015年度大学入試共通テスト問題【2-A-5】を解説するについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい、お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の問題の正解について>
I was fast asleep,so I didn’t hear the car accident that happened at 2 a.m.

逆転英語5




 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「2016年度大学入試共通テスト問題【2-A-8】を解説する」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2016年度大学入試共通テスト問題【2-A-8】を読み、解答を考えてくれるかな

【2016年度大学入試共通テスト問題【2-A-8】】
(A) you’ve completed this required class,you (B) be able to graduate.

1A:If B:won’t
2A:Unless B:would
3A:Until B:won’t
4A:While B:would


授業を受けている生徒「選択肢を見ると、1A:If B:won’t・2A:Unless B:would・3A:Until B:won’t・4A:While B:wouldと書かれている。なので、接続詞・前置詞を判断させる問題だと分かる。今回の問題はBはwon'tかwouldしか使われていない。なので、Aを優先的に判断する。Aの選択肢を見ると、1はIfと書かれている。Ifは仮定法を使う時に使う。2はUnlessと書かれている。Unlessは否定の条件の時に使う。3はUntilと書かれている。Untilは動作・状態が続く時に使う。4はWhileと書かれている。Whileは動作・状態が続く時に使う。AにIf・Unlessを当てはめた場合、後半の英文が前半の英文と逆のことを表すことになり、英文が何を伝えたいのか分からない。AにWhileを当てはめた場合、この必須クラスを修了している間は、卒業することができるとなり、英文が何を伝えたいのか分からない。なので、今回の問題は、Until you’ve completed this required class,you won’t be able to graduate.

授業をしている講師「正解。今回の問題を正しく解くことができたか。それとも正解できなかったのかの分かれ目は、3つある。まず1つ目は、選択肢を見た瞬間、Aを優先的に判断すること。2つ目は、接続詞・前置詞を理解している。最後3つ目は、読解力の3つだよ。なので、あなたが今回の問題を正解できなかった場合、読解力の基礎力が身に付いていないと認識し、読解力の基礎から勉強し直してね

▼関連記事



授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、2016年度大学入試共通テスト問題【2-A-8】を解説するについて話しました。接続詞・前置詞を正しく理解することで、英文読解だけではなく他の科目の成績も上がるので、しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の問題の正解について>
Until you’ve completed this required class,you won’t be able to graduate.

逆転英語5




 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「2017年度大学入試共通テスト問題【2-A-6】を解説する」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2017年度大学入試共通テスト問題【2-A-6】を読み、解答を考えてくれるかな

【2017年度大学入試共通テスト問題【2-A-6】】
Please give me () information you get as soon as possible.

1as if
2even if
3whatever
4whenever


授業を受けている生徒「選択肢を見ると、3whatever・4wheneverと書かれている。なので、whateverとwheneverについての知識を問うている問題だと分かる。whatever+名詞は、複合関係形容詞と使われていると考えることができる。wheneverは、時を表す時に複合関係副詞として使われていると考えることができる。今回の問題は、時を表す必要はない。なので、今回の問題はPlease give me whatever information you get as soon as possible.

授業をしている講師「正解。今回の問題を正しく解くことができたか。それとも正解できなかったのかの分かれ目は、2つある。1つは、選択肢を見た瞬間、1as if・2even ifのグループと3whatever・4wheneverのグループに分けること。もう1つは、() information you get as soon as possibleを見た瞬間、3whatever・4wheneverのどちらかが正解になると考えることができたかだよ。あなたが今回の問題を正解できなかった場合には、関係代名詞・複合関係代名詞・複合関係形容詞・複合関係副詞の勉強をし直してね

▼関連記事









授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、2017年度大学入試共通テスト問題【2-A-6】を解説するについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の問題の正解について>
Please give me whatever information you get as soon as possible.

逆転英語5




 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「2013年度大学入試共通テスト問題【2-A-3】を解説する 」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2013年度大学入試共通テスト問題【2-A-3】を読み、解答を考えてくれるかな

【2013年度大学入試共通テスト問題【2-A-3】】
My brother () have been very popular when he was a high school student.He still gets lots of New Year’s cards from his former classmates.

1must
2ought to
3should
4would


授業を受けている生徒「選択肢を見ると、1must・2ought to・3should・4wouldと書かれている。なので、助動詞+have+動詞の過去分詞の知識を試す問題だと分かる。must have+動詞の過去分詞は、「~だったに違いない」と表す時に使う。ought to have+動詞の過去分詞は、「~するべきだったのに(しなかった)」と表す時に使う。should have+動詞の過去分詞は、「~だったはず」と表す時に使う。would have+動詞の過去分詞は、「~だっただろう」と表す時に使う。2文目の英文を見ると、He still gets lots of New Year’s cards from his former classmates.と書かれている。2文目の英文が1文目の英文について説明していることが分かる。なので、今回の問題はMy brother must have been very popular when he was a high school student.

授業をしている講師「正解。今回の問題を正しく解くことができたか。それとも正解できなかったのかの分かれ目は、2つある。1つは、助動詞+have+動詞の過去分詞の知識が身に付いていること。もう1つは、2文目の英文が1文目の英文を説明していることに気が付くことだよ。今回の問題を3分以内に正しく解くことができた受験生は、問題を見た瞬間に出題者の意思を汲み取り、問題を解いた

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、2013年度大学入試共通テスト問題【2-A-3】を解説する について話しました。あなたが今回の問題を正解できなかった場合には、助動詞+have+動詞の過去分詞の知識をしっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

▼関連記事





授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の問題の正解について>
My brother must have been very popular when he was a high school student.

逆転英語5




↑このページのトップヘ