生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。「授業が分からない」「過去問の解説が分からない」あなたでも英語の知識を積み上げ、「授業が分かる」「過去問が解ける」あなたに。講義は何度でも受け直すことができます。

カテゴリ:コース > 解答力養成コース

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「文型を使い、2021年度大学共通テストの英文を理解する」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2021年度大学共通テストに出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2021年度大学共通テスト】
In fact,young people say ”Sweet!” to mean something is “good” in English.

授業を受けている生徒「文を見ると、文頭が長いので、どうして良いのか分からない」

授業をしている講師「そうだよね。今回の英文のように少し長い英文は、1文で内容を理解しないことが大切なんだよ。1文で内容を理解せずに自分で理解できるように文に/を入れ、分解する。/を入れ、文を分解することで、主語・動詞を正しく押さえることができ、英文を正しく理解できるようになる

授業を受けている生徒「確かに少しだけ長い英文は、1文の長さに圧倒され、主語・動詞を押さえることができない」

授業をしている講師「今回の英文では、In fact,young people say/ ”Sweet!” to mean something is “good” in English.とすることで、まずは前半の英文を押さえ、次に後半の英文を押さえ、そして最後に前半の英文と後半の英文を総合し押さえる。3段階で英文を押さえることで、英文を正しく押さえることができる」

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師今回の英文では、文型についてしっかりと押さえることができている人と文型についてしっかりと押さえることができていない人では英文の内容を正しく理解するにかかる時間に大きな差が出る。英文の後半”Sweet!” to mean something is “good” in Englishの文型を押さえることができることで、落ち着いて英文を理解することができる。英文の後半は、何文型になるかな

授業を受けている生徒「文型には、5文型あった。主語=~と言うことができる時には、第2文型だと考えることができる。今回の英文で考えると、主語=~と言うことができる。なので、第2文型」

▼関連記事



授業をしている講師「正解。英文読解問題を解く時には、模試・過去問を解いている時以外にも文型をしっかりと意識しながら勉強することで、入試本番でも慌てることがなくなる

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、文型を使い、2021年度大学共通テストの英文を理解するについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<5文型について>
・第1文型→主語+動詞.

・第2文型→主語+動詞+補語.(主語補語)

・第3文型→主語+動詞+目的語.

・第4文型→主語+動詞+目的語目的語.

・第5文型→主語+動詞+目的語補語.(目的語補語)

逆転英語5




 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「現在完了形の肯定文を使い、2021年度神奈川県公立高校入試問題を解く」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2021年度神奈川県公立高校入試に出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2021年度神奈川県公立高校入試】
My grandfather lives in Osaka,and I() him for two months.

1.don’t see 2.was seeing 3.was seen 4.haven’t seen



授業を受けている生徒「うーん。各選択肢に一般動詞seeが入っているので、現在形・過去進行形・受動態・現在完了形のどの英文法を使うのかを聞いている問題だと分かる。文末を見ると、for two monthsと書かれているので、現在形・過去進行形・受動態と考えることはできない。なので、現在完了形を使うことになるのかな」

授業をしている講師「正解。今回の問題は現在完了形の肯定文についてしっかりと理解できているのかを確認する問題。現在完了形の肯定文は、どのように作れば良かったかな

授業を受けている生徒「現在完了形の肯定文は、have(has)+動詞の過去分詞を使えば良い」

▼関連記事



授業をしている講師「正解。つまり、現在完了形の肯定文の形は、主語+have(has)動詞の過去分詞+~.となる。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師入試問題を解くことで、これまで勉強して来た英文法がどのように出題されるのかを知ることができる。そして、自分の今の学力が、入試レベルに到達しているのか。それとも自分の学力が、入試レベルに達成しないのかを知ることができる」

授業を受けている生徒「確かに勉強したことが入試と関係なかったり、どのように入試で出題されるのかが分からなかった場合、正しい入試問題対策をすることができない」

授業をしている講師「そうだよね。今回は、現在完了形の肯定文を使い、2021年度神奈川県公立高校入試問題を解くについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<現在完了形の肯定文の作り方について>
主語+have(has)動詞の過去分詞+~.

逆転英語5




 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「一般動詞の過去形・動名詞・文型を使い、2020年度東京都公立高校入試の英文を理解する 」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2020年度東京都公立高校入試に出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2020年度東京都公立高校入試】
I learned protecting the environment is very important.


授業を受けている生徒「うーん。learnedが使われているので、一般動詞の過去形の話もある。一般動詞+動詞ingがあるので、動名詞の話もあることが分かる。あと後半にbe動詞が出て来ているので、一文の主語と動詞がどれなのかをしっかりと押さえる必要があることが分かる」

授業をしている講師「そうだよね。今回の英文は、授業を受けている生徒が言ったように一般動詞の過去形動名詞の2つの英文法についてしっかりと理解できていることが前提にある。一般動詞の過去形について軽く質問するね。子音+yの一般動詞を過去形にする時、どうすれば良いのかな

授業を受けている生徒「子音+yの一般動詞を過去形にする時は、yをiにし、edを付ける」

▼関連記事



授業をしている講師「そうだよね。動名詞には、3つの形があったよね。動名詞の3つの形は、どんな形だったかな

授業を受けている生徒「動名詞の3つの形のまず1つ目は、主語として使われる動詞ing+動詞+~. 。2つ目は、動詞の目的語として使われる主語+動詞+動詞ing. 。最後3つ目は、前置詞の目的語として使われる主語+動詞+~+前置詞+動詞ing+~.の3つの形がある」

▼関連記事



授業をしている講師「正解。今回の英文のI learned protecting the environmentでは、3つのうちのどれで使われているかな

授業を受けている生徒「今回は、一般動詞の後ろにあるので、動詞の目的語として使われている」

授業をしている講師「そうだよね。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回の英文では、もう1つ知っていることが前提のことがある。今回の英文で知っていることが前提のもう1つのことは、文型だよ。文型を押さえておくことで、今回の英文の主語・動詞をしっかりと押さえることができ、英文を正しく理解することができる。今回は、何文型になるかな

授業を受けている生徒「え。急に文型について言われても分からない。しかも今回の英文は、後半にbe動詞まで出て来ているので、分からない」

授業をしている講師「そうだよね。文型をしっかりと押さえ、試験本番を迎えた受験生と文型を押さえずに、試験本番を迎えた受験生では、今回の英文1文とっても、理解できるか理解できないか分かれる。今回のように後半のbe動詞が出て来て、動詞が2つある文を見た時、どうすれば良いのか。実は、3つのことを意識することで、文型をしっかりと押さえることができる。まずは、1つ目は、2つ目の動詞が出て来るまでを大きな主語として考える。2つ目は、2つ目に出て来た動詞を大きな動詞として考える。最後3つ目は、2つ目に出て来た動詞の後ろは、大きな主語と=と言えるのか。それとも言えないのかを考える。この3つのことをすることで、文型をしっかりと押さえることができる

▼関連記事



授業を受けている生徒「なるほど。今回の英文の場合、大きな主語がI learned protecting the environment。大きな動詞がis。I learned protecting the environmentvery importantと言えるので、第2文型かな」

授業をしている講師「正解。もし主語=~と言えない場合は、何文型になるかな

授業を受けている生徒「主語=~と言えない場合は、~を目的語と考えることができるので、第3文型」

授業をしている講師「正解。今回の英文で押さえていることが前提の英文法は、まず1つ目は、一般動詞の過去形の肯定文。2つ目は、動名詞の肯定文。最後3つ目が、文型だったんだよ」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、一般動詞の過去形・動名詞・文型を使い、2020年度東京都公立高校入試の英文を理解するについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<一般動詞の過去形の肯定文について>
現在形 主語+一般動詞+~.

過去形 主語+一般動詞の過去形+~.

<動名詞の3つの使い方について>
・主語→動詞ing+動詞+~.

・動詞の目的語→主語+動詞+動詞ing.

・前置詞の目的語→主語+動詞+~+前置詞+動詞ing+~.

<5文型について>
・第1文型→主語+動詞.

・第2文型→主語+動詞+補語.(主語補語)

・第3文型→主語+動詞+目的語.

・第4文型→主語+動詞+目的語目的語.

・第5文型→主語+動詞+目的語補語.(目的語補語)

逆転英語5




 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「過去形・受動態を使い、2020年度東京都公立高校入試の英文を理解する 」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2020年度東京都公立高校入試に出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2020年度東京都公立高校入試】
They were interested in Japanese culture and in studying Japanese.


授業を受けている生徒「うーん。wereが使われているので、過去形の文ということ。それとbe動詞+過去分詞がある。なので、受動態の文ということかな」

授業をしている講師「正解。今回の英文を受験ではない時には、何に気を付けて英文を押さえれば良いのか分かる受験生でも、受験では頭が真っ白になり、パニックになってしまう受験生がいる。なので、実際に入試で出題された問題でどんな英文法が使われた英文が出題されているのかを確認することが大切なんだよ。また入試問題を題材にした勉強をすることで、授業を受けている生徒が勉強した英文法がどのように使われるのかも確認することができる

授業を受けている生徒「確かに英文法を勉強していて、こんな英文法を勉強して何が意味があるんだろう。入試で出題されているのかなと考えてしまうことがある。なので、実際に入試で出題された問題でどんな英文法が使われた英文が出題されているのかを確認することで、勉強のモチベーションも上がる」

授業をしている講師「そうだよね。今回の英文は、授業を受けている生徒が言ったように2つの英文法を押さえていることが前提なんだよ。1つは、過去形。もう1つは、受動態の2つの英文法を押さえていることが前提にある。ここで質問するね。どうして今回の英文では、be動詞をwereを使っているのかな

授業を受けている生徒「be動詞をwereを使っているのは、主語がtheyだから」

授業をしている講師「そうだよね。be動詞の過去形には、もう1つあったよね。何だったかな

授業を受けている生徒「wereは、areの過去形。もう1つは、am・isの過去形のwas

▼関連記事



授業をしている講師「正解。今回は、were interested inを使い、受動態も使われている。受動態の肯定文の原則の形は、どうだったかな

授業を受けている生徒「受動態の肯定文の原則の形は、主語+be動詞+動詞の過去分詞+~+by行為をした人・もの.

▼関連記事



授業をしている講師「正解。実は、今回は過去形・受動態以外にも気を付けることがあるんだけど、何か分かるかな

授業を受けている生徒「うーん。and in studying Japaneseをどう解釈するかかな

授業をしている講師「正解。実は、were interestedは2つに掛かっているんだよ。何に掛かっているか分かるかな

授業を受けている生徒「were interestedが掛かってる1つは、in Japanese culture。もう1つは、in Japanese cultureと同じようにand inで繋がっているので、in studying Japaneseかな」

授業をしている講師「正解。つまり、They were interested in Japanese culture.They were interested in studying Japanese.と考え、英文を読むことができる。このように英文を分解することで、一見難しそうに見える英文も実は、難しくないということもある。なので、出来るだけ早めに入試問題を題材にし、1文1文を丁寧にどんな英文法が使われているのか。どのような文構造になっているのかを押さえる勉強をすることも大切なんだよ。入試問題を題材にし、1文1文を丁寧にどんな英文法が使われているのか。どのような文構造になっているのかを押さえる勉強をすることで、英文法だけではなく、英文読解の力も身に付いて来る

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、過去形・受動態を使い、2020年度東京都公立高校入試の英文を理解するについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<be動詞の過去形について>
・is,am→was

・are→were

<be動詞の過去形の肯定文について>
現在形 主語+be動詞+~.

過去形→主語+be動詞の過去形+~.

<受動態の肯定文について>
現在形 主語+動詞+~.

受動態→主語+be動詞動詞の過去分詞+~+by行為をした人・もの.

逆転英語5




↑このページのトップヘ