こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「動詞ingを使っている英文の並べ替え問題を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度大分県公立高校入試問題に出題された英文を題材にした並べ替え問題を読み、解答を考えてくれるかな

【2020年度大分県公立高校入試問題】
インターネットを使用する方法は他にもあります。
(Internet,ways,There,using,are,of,more,the).


「単語を見ると、Internet・Thereがある。なので、Internet・Thereのどちらかが文頭に来ると分かる。日本語を見ると、インターネットを使用する方法と書かれている。インターネットを使用するを考える。インターネットが何をしようするのかについて説明しているのが分かる。なので、インターネットを使用するは、using the Internetだと分かる。単語を見ると、waysがある。using the Internetがwaysについて説明しているのが分かる。なので、インターネットを使用する方法は、ways of using the Internetだと分かる。残った単語は、There・are・more。先考えたことを基にすると、Internetは既に使われているので、Thereが文頭に来る。日本語を見ると、方法は他にもと書かれている。moreはwaysについて説明していることが分かる。なので、今回の問題は、There are more ways of using the Internet.が正解」

 「正解。今回の問題は、more ways of using the Internetを文頭に持って来ないと判断することができたかが、問題に正解できたか。問題に正解できなかったかの分かれ目になる。今回の問題を日本語通りに英単語を並び替えないといけないと考えた場合、正解することができない。どうして今回の問題を日本語通りに英単語を並び替えないといけないと考えた場合、正解することができないのか。今回の問題を日本語通りに英単語を並び替えないといけないと考えた場合、正解することができない理由は、英単語の頭文字を大文字にしている英単語と英単語の頭文字を大文字にしていない英単語を使うことで、どの英単語を文頭に持って来ている英文以外は正解にしないと分かるようにしているからなんだよ」

「はい」

 「なので、並べ替え問題を解く時には、日本語だけ英単語だけに気を取られるんではなく、日本語と英単語の両方をヒントにしながら、問題を解くことで正しく問題を解くことができる

「はい」

 「今回は、動詞ingを使っている英文の並べ替え問題を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の並べ替え問題の正解について>
There are more ways of using the Internet.

動詞ingを使っている英文の並べ替え問題について話している人

▼追伸
志望校の授業が英語で行われることが分かったあなたへ



第43講のみでも購入できます。