こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「2018年度長野県公立高校入試問題【2-3-a】を解説する」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2018年度長野県公立高校入試問題【2-3-a】を読み、解答を考えてくれるかな

【2018年度長野県公立高校入試問題【2-3-a】】
下線部④が、次の英文とほぼ同じ意味になるように()に当てはまる最も適切な英語を、下のア~エから1つ選び、記号を書きなさい。
(下線部④の英文)
Some places like supermarkets and restaurants () one of these.

(2-3-aの英文)
We can see one of these at some places like supermarkets and restaurants.

アdo イhave ウwatch エgo


授業を受けている生徒「選択肢を見ると、アdo・イhave・ウwatch・エgoと書かれている。なので、()には一般動詞が入ると分かる。また問題文を見ると、ほぼ同じ意味になるようにと書かれている。なので、言い換え問題だと分かる。2-3-aの英文の文構造を見る。主語はWe。動詞はseeだと分かる。one of these at some places like supermarkets and restaurantsは何をseeなのかについて説明している。なので、one of these at some places like supermarkets and restaurantsは目的語だと分かる。2-3-aの英文の解釈をすると、スーパーマーケットやレストランなどの場所でこれらの1つを見ることができますとなる。下線部④の英文の文構造を見る。主語はSome places like supermarkets and restaurants。動詞は選択肢の一般動詞。one of theseは何を一般動詞なのかについて説明している。なので、one of theseは目的語だと分かる。下線部④の英文の解釈をすると、スーパーマーケットやレストランのようないくつかの場所がこれらの1つを一般動詞するとなる。スーパーマーケットやレストランなどの場所にこれらの1つがあるので、見ることができると考えることができる。なので、今回の問題は、Some places like supermarkets and restaurants have one of these.となり、

授業をしている講師「正解。今回の問題を正しく解くことができたのか。それとも正解できなかったのかの分かれ目は、問題を解く前に()に何が入るのかを確認してから解いたかだよ。今回の問題を3分以内で正しく解くことができた受験生は、2-3-aの英文とイhaveを見た瞬間、イhaveが正解になるのではないかと検討を付けていた。あなたが今回の問題を正しく解くことができなかった場合には、読解力の基礎が身に付いていない。なので、読解力の基礎から勉強し直してね

▼関連記事



授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、2018年度長野県公立高校入試問題【2-3-a】を解説するについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の問題の正解について>
Some places like supermarkets and restaurants have one of these.


逆転英語5

第86講のみでも購入できます。