こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「to不定詞×thatが出て来ても、分解することで正しく理解できます」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度長野県公立高校入試に出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2020年度長野県公立高校入試】
I was also surprised to know that the Race is very popular.


「今回の英文を見ると、to knowと書かれてる。なので、to不定詞について勉強することができる」

 「正解。to不定詞の肯定文の形は、どのような形だったかな。

「to不定詞の肯定文の形は、2つある。1つは、主語+動詞+to動詞の原形+~.。もう1つは、To動詞の原形+動詞+~.の2つの文の形がある。

 「正解。実は、今回の英文では、正しく英文を理解するには、必要なことがあるのだけど、何か分かるかな。

「英文を見ると、1文が長いので、/を入れる必要があるのかな」

 「正解。/を入れると、どうなるかな。

「/を入れると、I was also surprised to know that/ the Race is very popular.」

 「正解。thatの後に/を入れることで、まずthatまでを理解し、thatまでを理解した後、that以下を理解することで正しく英文を理解することができる」

「はい」

 「今回は、to不定詞×thatが出て来ても、分解することで正しく理解できますについて話しました。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
<to不定詞の基本について>
・主語+動詞+to動詞の原形+~.

To動詞の原形+動詞+~.

to不定詞とthatについて話している人

▼追伸
「試験科目に英語さえなければ」と思っているあなたへ



▼追伸
受験情報が多過ぎて何をして良いのか分からないあなたへ