生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。「授業が分からない」「過去問の解説が分からない」あなたでも英語の知識を積み上げ、「授業が分かる」「過去問が解ける」あなたに。講義は何度でも受け直すことができます。

カテゴリ:逆転英語過去問講座 > 宮崎県公立高校入試の英語問題解説

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「2020年度宮崎県公立高校入試問題【4-4】を解説する」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2020年度宮崎県公立高校入試問題【4-4】を読み、解答を考えてくれるかな

【2020年度宮崎県公立高校入試問題【4-4】】
【施設情報】と【二人の対話】の内容と合っているものを、次のアからエから1つ選び、記号で答えなさい。

アVisitors can enter the park without a fee if they are 4 years old.

イVisitors can use the restaurants after they finish watching fireworks.

ウJudy and Mami can use the swimming pool without an adult.

エJudy asked Mami to think about a special plan for Yumi.


授業を受けている生徒「問題を見ると、【施設情報】と【二人の対話】の内容と合っているものと書かれている。なので、文章内容理解問題だと分かる。また選択肢を見ると、選択肢ア・イはVisitorsについて書かれている。選択肢ウはJudy and Mami・選択肢エはJudyについて書かれている。【施設情報】と【二人の対話】を見ると、【施設情報】にChildren who are 12 years old and under must be with an adult.と書かれ、【二人の対話】にMami:We are 15 years old,と書かれている。なので、今回の問題はウJudy and Mami can use the swimming pool without an adult.

授業をしている講師「正解。今回の問題を正解できたか。それとも正解できなかったのかの分かれ目は、【二人の対話】からJudy and Mamiの年齢を読み取ることができたかだよ。今回の問題に正解できなかった受験生は、【二人の対話】からJudy and Mamiの年齢を読み取ることができなかった

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、2020年度宮崎県公立高校入試問題【4-4】を解説するについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の問題の正解について>
ウJudy and Mami can use the swimming pool without an adult.

逆転英語5

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「2019年度宮崎県公立高校入試問題【3-2(1)】を解説する」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2019年度宮崎県公立高校入試問題【3-2(1)】を読み、解答を考えてくれるかな

【2019年度宮崎県公立高校入試問題【3-2(1)】】
A:How do you practice English?

B:I usually (to/to/talk/try)foreigners.

授業を受けている生徒「英文を見ると、to/talk/tryと書かれている。なので、to不定詞を使う並び替え問題だと分かる。また動詞を判断させる並び替え問題だと分かる。Aが話した内容を見ると、practiceと書かれている。なので、Bが話した内容の動詞はtryだと分かる。残った英単語は、to/to/talk。to不定詞の形は、to動詞の原形だった。なので、to talk。ここまでを繋げると、try to talk。Bが話した内容を見ると、foreignersと書かれている。なので、foreignersへ向けてtalkするのだと分かる。今回の問題は、I usually try to talk to foreigners.

授業をしている講師「正解。今回の問題を正しく解くことができたか。それとも正しく解くことができなかったかの分かれ目は、動詞を判断することができたかだよ。今回の問題を正しく解くことができなかった受験生は、Bだけの会話を読み、動詞を判断し、talkを動詞と考え、正解することができなかった。なので、問題文をしっかりと読み、問題を解くようにしてね

▼関連記事



授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、2019年度宮崎県公立高校入試問題【3-2(1)】を解説するについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の問題の正解について>
I usually try to talk to foreigners.

逆転英語5




 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「as many asを使っている英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2020年度宮崎県公立高校入試問題に出題された英文を読み、文構造を考えてくれるかな

【2020年度宮崎県公立高校入試問題】
The number in 2018 was almost three times as many as the number in 2016.


授業を受けている生徒「英文を見ると、as asがある。なので、The number in 2018と比較している物は何かを意識しながら文構造を考えないといけないと分かる。three timesまでで文構造を考える。主語はThe number in 2018。動詞はwas。補語はthree timesだと分かる。as以下の英文を見ると、the number in 2016と書かれている。なので、The number in 2018は、the number in 2016と比較していることが分かる」

授業をしている講師「正解。今回の英文は、英文を見た瞬間、文構造が複雑だと考えてしまう。しかし、three timesまでの文構造を押さえることで、今回の英文の文構造はシンプルということが分かる。なので、今回の英文を初めて見た時、as以下の英文が分からなかったとしても、three timesまでの英文で英文の大まかな内容を押さえることができる

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師どうしてthree timesを補語と考えたのかな

授業を受けている生徒「three timesを補語と考えた理由は、The number in 2018=three timesの関係が成り立っているから

▼関連記事



授業をしている講師「正解。つまり、今回の英文の文構造は、主語+動詞+補語.となる。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、as many asを使っている英文の文構造を押さえるについて話しました。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文の文構造について>
主語+動詞+補語.

逆転英語5




↑このページのトップヘ