こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「接続詞×比較級の肯定文が出て来ても、分解すれば理解できます」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度京都府公立高校入試に出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2020年度京都府公立高校入試前期選抜】
It is very famous because all the other rivers in this country are shorter than it.

「英文を見ると、shorter thanが使われている。なので、今回の英文は、比較の比較級の肯定文が使われていると分かる」

 「正解。比較の比較級の肯定文は、どのように作れば良かったかな。

「比較の比較級の肯定文の形は、主語+動詞+比較級+than+比較している人・物.

 「正解。今回は、比較の比較級の肯定文以外にもう1つ気を付けないといけないことがある。比較の比較級の肯定文以外にもう1つ気を付けないといけないことが何か分かるかな。

「英文を見ると、1文が長いので2文にする必要があることが分かる。1文を2文にすると、It is very famous。 Because all the other rivers in this country are shorter than it。となる。つまり、Because以下の英文が、前半の英文について説明している

 「もっと具体的に言うと、どういうことかな。

「もっと具体的に言うと、今回の英文では、接続詞because以下の主語・動詞も押さえることが大切ということ

 「そうだよね。接続詞because以下の主語・動詞は、何かな。

「接続詞because以下の主語は、all the other rivers in this country。動詞は、are

 「正解。shorterは、補語かな。それとも目的語かな。

「英文を見ると、all the other rivers in this countryshorterと言える。なので、shorterは補語として使われている」

 「正解。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「今回は、接続詞×比較級の肯定文が出て来ても、分解すれば理解できますについて話しました。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
<比較級の文の形について>
主語+動詞+比較級than比較している人・物.

比較の比較級の肯定文と長文について話している人

▼追伸
令和3年以降志望校を譲れないあなたへ



▼追伸
問題が丸っきり正解できないあなたへ



▼追伸
最後まで逆転英語紙上講義を受講して頂き、ありがとうございます。

1か月660円(税込み)で英語力を身に付けるアウトプット・インプットをし、英語の基礎力を身に付けませんか。