こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「クジラ構文の否定の構文の言い換え」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回はクジラ構文の否定の構文について話しました。クジラ構文の否定の構文は、どのように作れば良かったかな。

「クジラ構文の否定の構文は、主語+動詞+no more+~+than+・・・+動詞.」

 「正解。伝えたいことを冒頭に持って来れば良かったよね。今回は、クジラ構文の否定の構文の言い換えについて話します。クジラ構文の否定の構文の言い換えと言っても難しく考える必要はない。実は、noをnotにし、any more thanにしてあげれば良いだけなんだよ。つまり、クジラ構文の否定の構文の言い換えは、主語+動詞+not+~+any more than+・・・+動詞.。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 ▼関連記事



 「それでは、A whale is no more a fish than a  horse is.を言い換えすると、どうなるかな。

「文を見るとno more thanがあるので、クジラ構文の否定の構文の言い換えをすれば良いと分かる。クジラ構文の否定の言い換えは、主語+動詞+not+~+any more than+・・・+動詞.にすれば良かった。なので、A whale isn't a fish any more than a  horse is.

 「正解。しっかりと理解できているね」

「はい」

 「今回は、クジラ構文の否定の構文の言い換えについて話しました。次回は、クジラ構文の肯定の構文について話します。お疲れ様でした」

「クジラ構文は少しだけボリュームがあるから、分けて講義をして貰えてありがたい。お疲れ様でした」

●まとめ
<クジラ構文の否定の構文の言い換えについて>
言い換え前→主語+動詞+no more+~+than+・・・+動詞.

言い換え後→主語+動詞+not+~+any more than+・・・+動詞.

クジラ構文の否定の言い換えについて話している人

▼▼▼関連記事



▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

第79講のみでも購入できます。