こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「程度として使われるso that構文」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回は目的として使われるso that構文について話しました。目的として使われるso that構文は言い換えることができたよね。どのように言い換えることができたのかな。

「目的として使われるso that構文は、in order thatと言い換えることができる」

 「正解。それでは、He will call her so that she can wake up.をin order thatで言い換えすると、どうなるかな。

「in order thatで言い換えをする時には、so thatをin order thatに置き換えれば良かった。なので、He will call her in order that she can wake up.」

 ▼関連記事



 「正解。今回は、程度として使われるso that構文について話します。日本語で程度を表す時には、彼はとても忙しいので、数学を勉強することができません。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「それでは、彼はとても忙しいので、数学を勉強することができませんをso that構文を使い、英作文にすると、どうなるかな。

「文を見ると、主語は彼は。動詞を考える時、彼=忙しいと考えることができるので、be動詞を使うのだと分かる。過去・現在・進行形・完了形を確認すると、現在だと分かる。ここまで英作文にすると、He is busy。残りの日本語を見ると、主語は彼は。動詞は勉強する。文末にできませんとあるので、助動詞のcanを使うのだと分かる。ここまで英作文すると、He can't study math。とてもと書かれているので、程度を表すso that構文を使うのだと分かる。なので、He is so busy that he can't study math.

 「正解。程度を表す時には、so~thatとすることを押さえているね

「はい」

 「実は、程度を表すso that構文で否定を表す時には、言い換えをすることができるんだよ。程度を表すso that構文で否定を表す時には、too~toで言い換えをすることができる。程度を表すso that構文で否定を表す文をtoo~toで言い換えをする時には、so thatと置き換えをする。He is so busy that he can't study math.をtoo~toで言い換えをすると、どうなるかな。

「程度を表すso that構文で否定を表す文をtoo~toで言い換えをする時には、so thatと置き換えをすれば良いので、He is too busy to he can't study math.

 「おしい。実は、文の前半と文の後半で主語が同じ場合には文の後半の主語を削除するんだよ。またtoo~toだけで否定の意味も表している。なので、文の後半の否定の言葉も削除するんだよ。そうすると、どうなるかな。

He is too busy to study math.

 「正解。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「今回は、程度として使われるso that構文の否定の言い換えについて話しました。次回は、程度として使われるso that構文の肯定の言い換えについて話します。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
<程度として使われるso that構文の否定の言い換えについて>
主語+動詞+~+so… that+主語+否定文.

主語+動詞+~+tooto+動詞+~.

程度を表すso that構文で否定を表す文について話している人

▼▼▼関連記事



▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

第75講のみでも購入できます。