こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「目的として使われるso that構文」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、前回はso that構文の形について話しました。so that構文には、2つ使い方があったよね。何だったかな

授業を受けている生徒「so that構文の1つの使い方は、目的。もう1つの使い方は、程度

授業をしている講師「正解。so that構文の文の形はどうだったかな

授業を受けている生徒「so that構文の文の形は、主語+動詞+~+so that+主語+動詞+~.」

 ▼関連記事



授業をしている講師「正解。今回は、目的として使われるso that構文について話します。目的として使われるso that構文と言っても、難しく考える必要はない。文の形は、前回講義した形なんだよ。なので、どんな時に目的として使われているso that構文なのかを押さえることが大切なんだよ。例えば、日本語で目的を表す時には、彼は彼女が起きれるために彼女に電話をかけますのように、ためにを使う。英語で目的を表す方法の1つとして、so that構文を使うことができる。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師彼は彼女が起きれるために彼女に電話をかけますをso that構文を使って英作文にすると、どうなるかな

授業を受けている生徒「文を見ると、主語が彼は。動詞が電話をかけるだと分かる。過去・現在・完了・未来を確認すると、未来だと分かる。未来を表す時には、助動詞willを使う。ここまで英作文にすると、He will call her。残りの日本語を見ると、主語が彼女が。動詞が起きるだと分かる。起きれると書かれているので、可能の助動詞canを使うのだと分かる。ここまで英作文にすると、She can wake up。2文を1文にすると、He will call her so that she can wake up.

授業をしている講師「正解。しっかりと助動詞についても復習ができているね」

 ▼関連記事





授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「実は、目的として使われているso that構文は、言い換えができるんだよ。目的として使われているso that構文は、in order thatと言い換えをすることができる。in order thatと言い換えをする時には、so thatがいる所にin order thatを置いてあげれば良い。つまり、主語+動詞+~+in order that+主語+動詞+~.。He will call her so that she can wake up.をin order thatで言い換えをすると、どうなるかな

授業を受けている生徒「in order thatと言い換えをする時には、so thatがいる所にin order thatを置いてあげれば良い。なので、He will call her in order that she can wake up.

授業をしている講師「正解。しっかりと復習しておいてね」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、目的として使われるso that構文について話しました。次回は、程度として使われるso that構文について話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「お疲れ様でした」

●まとめ
<目的として使われるso that構文の言い換えについて>
主語+動詞+~+so that+主語+動詞+~.

主語+動詞+~+in order that+主語+動詞+~.

逆転英語5

▼▼▼関連記事







▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ



動画でも学習できます。