生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。「授業が分からない」「過去問の解説が分からない」あなたでも英語の知識を積み上げ、「授業が分かる」「過去問が解ける」あなたに。講義は何度でも受け直すことができます。

カテゴリ: 個別指導塾

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「学校の教師の悪口を話している講師の教え方は良いのか」について話して行きます。

受験対策を話している人

 学習指導要領の変更後から以前に増して「学校の教師の教え方に問題がある」「
学校の英語の時間は駄目だ」などの内容が書かれている記事を目にするようになりました。

 私は「学校の教師の教え方に問題がある」「学校の英語の時間は駄目だ」などの内容が書かれている記事を目にする度に「講師・オンライン家庭教師は、何を基にこの記事を書いたのだろうか」と考えています。

 私も生徒から「学校の先生の教え方では理解できない」など学校の教師の悪口を話されたことがあります。


 私は生徒にただ「そうなんだ」「へえ」「理解できていないのであれば、今日理解しようね」のみ生徒に話し、生徒と一緒に教師の悪口を話したことはありません。

 どうして私は教師の悪口を話さないのか。

 私が教師の悪口を話さない理由は、主に3つあります。

 1つ目は、私が学校の教師から指導を受講したわけではないからです。

 2つ目は、学校の教師は講師・オンライン家庭教師とは違い、ただ生徒に勉強を教えていれば良いだけではないことを知っているからです。

 3つ目は、生徒が生徒の都合の良いことだけを話していることもあるからです。

 「学校の教師の教え方に問題がある」「学校の英語の時間は駄目だ」などの内容が書かれている記事を書いている講師・オンライン家庭教師は、何を基にこの記事を書いたのでしょうか。

 講師・オンライン家庭教師は、学校の教師の指導を受講されたのでしょうか。

 講師・オンライン家庭教師は、インターネット記事・インターネットニュース・生徒が話していることなどを基に記事を書いていることが殆どです。


 どうして講師・オンライン家庭教師は、インターネット記事・インターネットニュース・生徒が話していることなどを基に記事を書いているのか。

 講師・オンライン家庭教師は、インターネット記事・インターネットニュース・生徒が話していることなどを基に記事を書いている理由は、たった1つです。

 講師・オンライン家庭教師は、生徒に自分が担当している講義を受講させることです。

 「学校の教師の教え方に問題がある」「学校の英語の時間は駄目だ」などの内容が書かれている記事を書いている講師・オンライン家庭教師の講義が、講師・オンライン家庭教師が話している程、良い講義ではないことが殆どです。


 「学校の教師の教え方に問題がある」「学校の英語の時間は駄目だ」などの内容が書かれている記事を書いている講師・オンライン家庭教師のことを信じ、講義を受講している生徒は以前よりも一層勉強が分からなくなったり、成績が上がりません。

 しかし、「学校の教師の教え方に問題がある」「学校の英語の時間は駄目だ」などの内容が書かれている記事を書いていない講師・オンライン家庭教師の講義は、良い講義のことがあります

 「学校の教師の教え方に問題がある」「学校の英語の時間は駄目だ」などの内容が書かれている記事を書いていない講師・オンライン家庭教師のことを信じ、講義を受講している生徒は以前よりも勉強が分かり、成績が上がります。

 あなたは、「学校の教師の教え方に問題がある」「学校の英語の時間は駄目だ」などの内容が書かれている記事を書いている講師・オンライン家庭教師と「学校の教師の教え方に問題がある」「学校の英語の時間は駄目だ」などの内容が書かれている記事を書いていない講師・オンライン家庭教師のどちらの講師・オンライン家庭教師の講義を受講したいですか。

 私が生徒から「学校の先生の教え方では理解できない」など学校の教師の悪口を話された時、私は学校の先生を批判しませんでした。

 どうして私が生徒から「学校の先生の教え方では理解できない」など学校の教師の悪口を話された時、私は学校の先生を批判しなかったのか。

 私が学校の先生を批判しなかった理由は、主に2つあります。

 1つは、私が学校の先生を批判したとしても、生徒が勉強をできるようになるわけではないからです。

 もう1つは、私が学校の先生を批判した場合、生徒は学校の教師にも私の悪口を話している可能性もあるからです。


 私は、生徒から「学校の先生の教え方では理解できない」など学校の教師の悪口を話された時、生徒がより理解できるような指導方法を考え、私の指導方法を改善しました。

 私は、生徒から「学校の先生の教え方では理解できない」など学校の教師の悪口を話された時、生徒がより理解できるような指導方法を考え、私の指導方法を改善した結果、生徒の成績は最大30点上がりました。

 あなたは、講師・オンライン家庭教師に何を求めていますか。

 あなたは、あなたと一緒になり、学校の教師の悪口を話すことですか。

 あなたは、勉強を分かるようになることですか。

 私からあなたに2つ提案があります。

 1つは、自分に都合の良いことだけを話すことを辞めませんか。

 もう1つは、主観的に物事を考えることを辞めませんか。

 あなたが自分に都合の良いことだけを話す・主観的に物事を考えることは、勉強に対する不安から来ているのではありませんか。

 なので、最後に私からあなたに勉強に対する不安を解消できるオンライン英会話レッスンの無料体験を一度、受講することをおすすめします。

 あなたが中学生の場合には、こちらです。

 あなたが高校生の場合には、こちらです。


 今回は、学校の教師の悪口を話している講師の教え方は良いのかについて話しました。

 お疲れ様でした。

●まとめ
・「学校の教師の教え方に問題がある」「学校の英語の時間は駄目だ」などの内容が書かれている記事を書いている講師・オンライン家庭教師のことを信じ、講義を受講している生徒は以前よりも一層勉強が分からなくなったり、成績が上がりません

・あなたが自分に都合の良いことだけを話す・主観的に物事を考えることは、勉強に対する不安から来ているのではありませんか

主語を判断させる英文の動詞変形問題について話している人

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「東大生の勉強法についての本を読んでも、1人では続けられそうにないあなたへ」について話して行きます。

受験対策を話している人

 「今回私があなたに紹介する現役東大生・難関大生よるオンライン個別指導塾スタディコーチを活用し、勉強することで、あなたは東大生の勉強法を続ける習慣を身に付け、成績が上がります

「どうして現役東大生・難関大生によるオンライン個別指導塾スタディコーチを活用し、勉強することで東大生の勉強法を続ける習慣を身に付け、成績が上がるの」

 「
オンライン個別指導塾スタディコーチを活用し、勉強することで東大生の勉強法を続ける習慣を身に付け、成績が上がるのには、スタディコーチの運営の仕方に理由がある」

「スタディコーチの運営の仕方にどんな理由があるの」

 「あなたが東大生の勉強法を続ける習慣を身に付け、成績が上がる理由は、4つある。まず1つ目は、現役東大生・難関大生による超徹底した個別指導が行われている。現役東大生・難関大生による超徹底した個別指導が行われていることで、あなたが勉強方法に迷ったり、成績が上がらない勉強法をしようとした時に、あなたの勉強についての不安を解決したり、成績が上がらない勉強法ではなく、成績が上がる勉強法を続けられるようにアドバイスを受けることができる。2つ目は、あなたに適した学習計画で勉強を継続する。あなたがこれまでYouTubeで観た勉強法を取り入れたにも関わらず、成績が思うように上がらない経験をしたことはないかな。あなたが成績が思うように上がらない原因は、YouTubeで紹介されている勉強法があなたに合っていないからなんだよ。スタディコーチは、あなたに適した学習計画を基に勉強できるので、あなたは成績を上げることができる。3つ目は、対策が必要な科目のみ、映像授業で効果的に対策をする。あなたは「成績を上げるには、先生の生授業を受けないと成績は上がらない」と思っていないかな。あなたが本当に「成績を上げたい」と思っている場合には、先生の生授業のみで勉強をすることは逆効果なんだよ。先生の生授業ではなく、映像授業は、あなたが「来週までには、関係代名詞の単元の問題を解けるようにしたい」と思った時でも、あなたは関係代名詞の単元の映像授業を受け、問題演習することで、関係代名詞の単元の問題を解けるようになる。最後4つ目は、保護者への手厚いサポートが行われている。勉強というと、あなただけに関係あることで、保護者には関係がないことだと思われている。しかし、勉強はあなただけでなく、保護者にも関係があることなんだよ。あなたが一生懸命に勉強をしているにも関わらず、保護者があなたのことを心配するあまりあなたに「そんなことやって意味があるのか」「私が受験生の時には、このように勉強をしていた。なので、私が受験生の時にしていた勉強法と同じ勉強法で勉強をしなさい」と言った場合、あなたが正しい勉強法をしていたとしても、正しい勉強法を辞めざるを得なくなる。当然ながら、あなたが正しい勉強法をしない場合には、成績は上がらない。保護者への手厚いサポートを行っているスタディコーチでは、保護者のちょっとした心配事から相談に乗り、ちょっとした心配事も解決をしている。保護者のちょっとした心配事も解決を解決することで、あなたは正しい勉強法を続け、成績を上げることができる

「なるほど。でも暗記すれば、点数を取ることができるんじゃない」

 「殆どの生徒がと同じように「暗記すれば、点数を取ることができる」と思っている。実は、試験で作問者があなたに求めている能力は、暗記力ではなく、思考力なんだよ。例えば、英文法の問題で2つの似た選択肢が用意されていた場合、暗記だけしていた生徒は問題を正解できるかな」

「正解できる」

 「実は、暗記だけし思考力が丸っきり身に付いていない生徒は、正解できない。また思考力が身に付いていないことに気が付かずに、正解を暗記し、勉強した気になる。勉強した気になる勉強をして、成績は上がるかな」

「成績は上がらない」

 「そうだよね。スタディコーチでは思考力が身に付く、東大生の勉強法を取り入れている。なので、あなたは成績が上がり、成績が上がることが嬉しくなり、勉強を続けることができる

「スタディコーチの無料体験を申し込むには、どうすれば良いの」

 「スタディコーチの無料体験を申し込むには、無料体験お申し込みフォームから①名前・②名前のフリガナ・③学年・④住まい・⑤電話番号・⑥メールアドレスの6つを入力することでできる。あなたが無料体験を申し込みをしてから、3日以内にスタディコーチの運営からメールにて無料体験についての連絡が届く」

「はい」

 「今回は、東大生の勉強法についての本を読んでも、1人では続けられそうにないあなたへについて話しました。あなたが今成績が伸び悩んでいる場合にも現役東大生・難関大生よるオンライン個別指導塾スタディコーチの無料体験に申し込みをしてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
・試験で作問者があなたに求めている能力は、暗記力ではなく、思考力

・スタディコーチでは思考力が身に付く、東大生の勉強法を取り入れている



主語を判断させる英文の動詞変形問題について話している人

↑このページのトップヘ