こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「関係代名詞の文の形」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回は関係代名詞の種類について話しました。関係代名詞は、どんなものだったかな。

関係代名詞は、2文を1文にするための接着剤のようなもの

 「そうだよね。前の単語について後ろの文で説明をしたい時に関係代名詞を使う。関係代名詞には、3つ種類があったよね。何だったかな。

「1つ目は、人間の時に使うwho。2つ目は、物事・事物の時に使うwhich。最後3つ目は、人間・物事・事物の時に使うthat

 「その通り。それでは、それぞれの関係代名詞の変化はどうだったかな。

「まずwho・whosewhom。次にwhich・which(of which)which。最後that・所有格なしthat

 「その通り。ここまで大丈夫かな。
 
 ▼関連記事



「はい」

 「今回は関係代名詞の文の形について話します。関係代名詞の文の形は、主語+動詞+~+関係代名詞+動詞+~.。主語+動詞+~+関係代名詞+主語+動詞+~.の形を取るんだよ。例えば、I know the girl.The girl sings the song.を関係代名詞を使って一文にするには、どうすれば良いと思う。

「文を見ると、1文目のthe girlと2文目のthe girlが同じだと分かる。2文目の主語を確認すると、the girl。2文を一文にする時には、関係代名詞を使う。人間の時には、whoを使う。なので、I know the girl who sings the song.かな」

 「正解。関係代名詞に置き換えた単語は、書かないことも気を付けてね」

「はい」

 「今回は、関係代名詞の文の形について話しました。しっかりと復習しておいてね。次回は関係代名詞の疑問文について話します。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<関係代名詞の文の形について>
・主語+動詞+A.A+動詞+~.
→主語+動詞+A+関係代名詞+動詞+~.

・主語+動詞+A.主語+動詞+A.
→主語+動詞+A+関係代名詞+主語+動詞+~.

関係代名詞の文の形について話している人

▼▼▼関連記事



▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

第48講のみでも購入できます。