こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「複合関係副詞の種類」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回は複合関係代名詞の言い換えについて話しました。複合関係代名詞の言い換えには、2つあったけど、何だったかな。

「複合関係代名詞+~の時には、Anyone(thing) who(that)~。複合関係代名詞~,~の時は、No matter who(which・what)~,~と言い換えができる」

 「正解。Anyone who  wants to sing is welcome.を言い換えしてくれるかな。

「文を見ると、Anyone whoなので、複合関係代名詞+~に言い換えできることが分かる。なので、Whoever wants to sing is welcome.

 「正解。ここまで大丈夫かな。

 ▼関連記事



「はい」

 「今回は、複合関係副詞の種類について話します。複合関係副詞と言っても難しく考える必要はないんだよ。複合関係代名詞を作る時、どうすれば良かったかな。

「複合関係代名詞の作り方は、関係代名詞+everにするれば、良かった」

 ▼関連記事



 「そうだよね。実は、複合関係副詞も同じなんだよ。everを付けることで複合関係副詞になる。複合関係副詞には、3種類あるんだよ。まず1つ目は、方法・どんなにの時に使うhowever。2つ目は、時の時に使うwhenever。最後3つ目は、場所の時に使うwhereverhoweverが出て来たら、何の時だと分かるかな。

「howeverが出て来たら、方法かどんなにの時だと推測が付く

 「そうだよね。方法かどんなにのどちらの時かは、文を読んでから決めることができる。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「今回は、複合関係副詞について話しました。次回は、複合関係副詞の言い換えについて話します。お疲れ様でした」

「はい。複合関係副詞の文言い換えも少しイメージが付いた。お疲れ様でした」

●まとめ
<複合関係副詞の種類について>
・方法・どんなにの時→however

・時の時→whenever

・場所の時→wherever

複合関係副詞の作り方は、複合関係代名詞と同じと話している人

▼▼▼関連記事





▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

第54講のみでも購入できます。