こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「複合関係代名詞の言い換え」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回は複合関係代名詞の種類について話しました。複合関係代名詞の種類には、3つあったよね。何だったかな。

「まず1つ目は、誰の時には、whoever。2つ目は、どちらの時には、whichever。最後3つ目は、何でもの時には、whatever

 「正解。複合関係代名詞は、関係代名詞の基礎をしっかりと押さえておけば難しくない」

「はい」

 「それでは、歌いたい人は誰でも歓迎ですを複合関係代名詞を使って英作文にすると、どうなるかな。

「文を見ると、主語が歌いたい人。動詞がですだと分かる。どんな歌いたい人かを確認すると、歌いたい人は誰でもだと分かる。歌いたいを分解すると、歌うとしたいが合体した言葉だと分かる。一文で動詞を2つ使う時には、動詞ingかto不定詞を使えば良かった。日本語を確認すると、「~たい」なので、to不定詞を使うと分かる。歌いたいを英作文にすると、want to sing。歌いたい人の人をどのように表すかを考えると、誰でもが歌いたい人のことを補足しているのが分かる。なので、複合関係代名詞は、whoeverを使うと分かる。ここまでを英作文にすると、Whoever wants to sing。残った日本語を確認すると、歓迎です。歌いたい人=歓迎だと分かるので、be動詞を使うのだと分かる。なので、Whoever wants to sing is welcome.。」

 「正解。複合関係代名詞の英作文も一気に英作文にするのではなく、分かる所から英作文にすることで、ケアレスミスを防ぐことができる。ここまで大丈夫かな。

 ▼関連記事



「はい」

 「今回は、複合関係代名詞の言い換えについて話します。実は、複合関係代名詞+~の時、複合関係代名詞~,~の時は、言い換えができるんだよ。複合関係代名詞+~の時には、Anyone(thing) who(that)~。複合関係代名詞~,~の時は、No matter who(which・what)~,~と言い換えができるんだよ。それでは、Whoever wants to sing is welcome.を言い換えをすると、どうなるかな。

「文を見ると、カンマで区切られていないので、複合関係代名詞+~の時だと分かる。なので、Anyone who  wants to sing is welcome.

 「正解。助動詞でも言い換えができることについて勉強したけど、助動詞以外でも言い換えができることについて勉強して行くので、しっかりと押さえて行ってね。

「はい」

 「今回は、複合関係代名詞の言い換えについて話しました。次回は、複合関係副詞の種類について話します。お疲れ様でした」

「複合関係副詞は、複合関係代名詞を押さえていれば理解できそうな気がする。お疲れ様でした」

●まとめ
<複合関係代名詞の言い換えについて>
・複合関係代名詞+~の時→Anyone(thing) who(that)~

・複合関係代名詞~,~の時→No matter who(which・what)~,~

複合関係代名詞は言い換えができることについて話している人

▼▼▼関連記事



▼解法講座はこちらです
メルマガ詳細

▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

第53講のみでも購入できます。