生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

【最大30点上げた暗記式ではなく紐づけ式】。生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、コンテンツは【完全返金保証】。基礎力・解答力を身に付けるため、1コマ1つのことを講義。講義はコンテンツ化しているので、あなたが勉強する時には毎回同じ内容・質の講義を受講できる。

カテゴリ: 逆転英語過去問講座

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「to不定詞の肯定文を使い、2020年度長野県公立高校入試の英文を理解する」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2020年度長野県公立高校入試に出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2020年度長野県公立高校入試】
I was also surprised to know that the Race is very popular.


授業を受けている生徒「今回の英文を見ると、to knowと書かれてる。なので、to不定詞について勉強することができる」

授業をしている講師「正解。to不定詞の肯定文の形は、どのような形だったかな

授業を受けている生徒「to不定詞の肯定文の形は、2つある。1つは、主語+動詞+to動詞の原形+~.。もう1つは、To動詞の原形+動詞+~.の2つの文の形がある」

▼関連記事



授業をしている講師「正解。実は、今回の英文では、正しく英文を理解するには、必要なことがあるのだけど、何か分かるかな

授業を受けている生徒「英文を見ると、1文が長いので、/を入れる必要があるのかな」

授業をしている講師「正解。/を入れると、どうなるかな

授業を受けている生徒「/を入れると、I was also surprised to know that/ the Race is very popular.」

授業をしている講師「正解。thatの後に/を入れることで、まずthatまでを理解し、thatまでを理解した後、that以下を理解することで正しく英文を理解することができる」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、to不定詞の肯定文を使い、2020年度長野県公立高校入試の英文を理解するについて話しました。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「お疲れ様でした」

●まとめ
<to不定詞の基本について>
・主語+動詞+to動詞の原形+~.

To動詞の原形+動詞+~.

逆転英語5

第16講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「itとwhatの違いを使い、2020年度大学入試共通テスト問題を解く」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2020年度大学入試共通テストに出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2020年度大学入試共通テスト】
When Ayano came to my house,() happened that nobody was at home.

1.it 2.something 3.there 4.what

授業を受けている生徒「英文を見ると、()の後ろには一般動詞があることが分かる。happenedの後ろを見ると、that nobody wasと書かれている。なので、今回の英文は、itとwhatの違いについての問題だと分かる」

授業をしている講師「正解。itとwhatの違いは何かな

授業を受けている生徒「()にitを入れる場合には、happens that+主語+動詞+~.。()にwhatを入れる場合には、happened was+~.となる」

授業をしている講師「正解。今回の英文の()を考える場合には、()以下の文の形を押さえることが必要になる。英文の()問題を感覚的に解いている生徒は、今回の問題を見た瞬間、英文の意味を考える。しかし、空欄問題の解き方を押さえている生徒は、英文を見た後、選択肢を確認し、選択肢を絞る。英文の意味で問題を解いた生徒は、今回の問題は正解できず、英文の意味で問題を解かなかった生徒は、今回の問題は正解できた

授業を受けている生徒「確かに空欄問題を解く時には、英文の意味を考えたくなる。しかし、最初に英文の意味を考えた場合、自分で問題を難しくしていることになるよね」

授業をしている講師「そういうこと。なので、空欄問題を解く時には、英文の意味ではなく、英文の形を押さえることが必要なんだよ

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、itとwhatの違いを使い、2020年度大学入試共通テスト問題を解くについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「お疲れ様でした」

●まとめ
<itとwhatの違いについて>
it→happens that+主語+動詞+~.

what→happened was+~.

逆転英語5

第15講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「比較の比較級の肯定文・接続詞を使い、2020年度京都府公立高校入試の英文を理解する」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2020年度京都府公立高校入試に出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2020年度京都府公立高校入試前期選抜】
It is very famous because all the other rivers in this country are shorter than it.

授業を受けている生徒「英文を見ると、shorter thanが使われている。なので、今回の英文は、比較の比較級の肯定文が使われていると分かる」

授業をしている講師「正解。比較の比較級の肯定文は、どのように作れば良かったかな

授業を受けている生徒「比較の比較級の肯定文の形は、主語+動詞+比較級+than+比較している人・物.

▼関連記事



授業をしている講師「正解。今回は、比較の比較級の肯定文以外にもう1つ気を付けないといけないことがある。比較の比較級の肯定文以外にもう1つ気を付けないといけないことが何か分かるかな

授業を受けている生徒「英文を見ると、1文が長いので2文にする必要があることが分かる。1文を2文にすると、It is very famous。 Because all the other rivers in this country are shorter than it。となる。つまり、Because以下の英文が、前半の英文について説明している

授業をしている講師「もっと具体的に言うと、どういうことかな」

授業を受けている生徒「もっと具体的に言うと、今回の英文では、接続詞because以下の主語・動詞も押さえることが大切ということ

授業をしている講師「そうだよね。接続詞because以下の主語・動詞は、何かな

授業を受けている生徒「接続詞because以下の主語は、all the other rivers in this country。動詞は、are

授業をしている講師「正解。shorterは、補語かな。それとも目的語かな

授業を受けている生徒「英文を見ると、all the other rivers in this countryshorterと言える。なので、shorterは補語として使われている」

授業をしている講師「正解。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、比較の比較級の肯定文・接続詞を使い、2020年度京都府公立高校入試の英文を理解するについて話しました。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「お疲れ様でした」

●まとめ
<比較級の文の形について>
主語+動詞+比較級than比較している人・物.

逆転英語5

第14講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「一般動詞の過去形・be動詞の過去形を使い、2019年度大阪府公立高校入試の英文を理解する」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2019年度大阪府公立高校入試に出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2019年度大阪府公立高校入試】
I thought bringing bikes into trains was convenient.


授業を受けている生徒「今回の英文を見て、1文が長いので、2文にする必要があることが分かる。1文を2文にすると、I thought。bringing bikes into trains was convenient。になる」

授業をしている講師「そうだよね。2文を1文にしたことで今回の英文では何かが省略されていることに気が付かないかな

授業を受けている生徒「今回の英文で省略されているのでは、thatかな」

授業をしている講師何処に入るthatが省略されているかな

授業を受けている生徒「今回省略されているthatは、I thought that bringing bikes into trains was convenient.thatが省略されている」

授業をしている講師「正解。今回の英文を正しく理解するには、後半の英文の文構造を押さえておくことが必要なんだよ。bringing bikes into trains was convenientの文構造は、どうなっているかな

授業を受けている生徒「bringing bikes into trains was convenientの文構造は、主語は、bringing bikes into trains。動詞は、was。bringing bikes into trainsconvenientと言える。なので、convenientは、補語として使われている」

授業をしている講師「正解。英文の文型を確認する時には、主語=~と言えるかを考えることも大切だよね」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、一般動詞の過去形・be動詞の過去形を使い、2019年度大阪府公立高校入試の英文を理解するについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<主語・動詞が2つあると考えることができる英文について>
前半の英文と後半の英文の間に省略されていることはないか確認する

逆転英語5

第13講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「withoutを使った仮定法・受動態の肯定文の作り方・完了形の肯定文の作り方を使い、2020年度大学入試センター試験問題を解く」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2020年度大学入試センター試験に出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2020年度大学入試センター試験】
Tony:Those decorations in the hall look great,don’t they?I’m glad we finished on time.

Mei:Yes,thank you so much.Without your help,the preparations ()()()()()() all the guests arrive this afternoon.

1.been 2.by 3.completed 4.have 5.the time 6.would not


授業を受けている生徒「英文を見ると、Withoutが使われている。the preparations ()()()()()() all the guests arrive this afternoonは、Without your helpを受けてのことを説明しているのが分かる。なので、withoutを使った仮定法の知識が必要だと分かる。また選択肢を見ると、been・by ・completedがある。なので、受動態の肯定文についての知識も必要だと分かる」

授業をしている講師「おしい。今回の英文では、3つの英文法の知識が必要になる。まず1つ目は、withoutを使った仮定法。2つ目は、受動態の肯定文最後3つ目は、何だと思うかな。選択肢を見ると、何の英文法が必要なのか分かる」

授業を受けている生徒「選択肢を見ると、haveもある。あ、have・過去分詞があるので、完了形の肯定文の知識も必要ということかな」

授業をしている講師「正解。withoutを使った仮定法は、どのように作れば良かったかな

授業を受けている生徒「withoutを使った仮定法の作り方は、Without~,主語+助動詞の過去形+動詞の原形+~.

授業をしている講師「正解。完了形の肯定文は、どのように作れば良かったかな

授業を受けている生徒「完了形の肯定文の作り方は、have・has・had+動詞の過去分詞を使えば良かった」

▼関連記事



授業をしている講師「正解。つまり、完了形の肯定文は、主語+have(has・had)+動詞の過去分詞+~.ということになる。受動態の肯定文の作り方は、どうすれば良かったかな

授業を受けている生徒「受動態の肯定文の作り方は、主語+be動詞+動詞の過去分詞+~+by行為をした人・もの.

▼関連記事



授業をしている講師「正解。選択肢がある英文法の並び替え問題を解く時には、選択肢を確認し、勉強した英文法の中で使える英文法はないのかを考えることで正解することができる

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「最後に今回の英文では、all the guests arrive this afternoonを押さえることが大切なんだよ。all the guests arrive this afternoonの何を押さえることが大切だと思うかな

授業を受けている生徒「もしかして、主語と動詞を押さえることが大切なのかな

授業をしている講師「正解。今回の英文では、all the guests arrive this afternoonの文構造を正しく押さえることができないと中々問題を解くことができない。all the guests arrive this afternoonの主語と動詞は、何かな

授業を受けている生徒「主語は、all the guests。動詞は、arrive

授業をしている講師「正解。今回は、withoutを使った仮定法・受動態の肯定文の作り方・完了形の肯定文の作り方を使い、2020年度大学入試センター試験問題を解くについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<withoutを使った仮定法について>
Without~,主語+助動詞の過去形+動詞の原形+~.

<完了形の肯定文について>
主語+have(has・had)動詞の過去分詞+~.

<受動態の肯定文について>
現在形 主語+動詞+~.

受動態→主語+be動詞動詞の過去分詞+~+by行為をした人・もの.

逆転英語5

第12講のみでも購入できます。

↑このページのトップヘ