逆転英語ブログ

担当した生徒の成績を【最大30点上げた暗記式ではなく紐づけ式】英文法・英作文・英文読解の基礎講座を無料公開。解法講座をメールマガジンで有料公開。中学3年時2/5の成績→高校入学後4・5/5の成績に逆転→大学時代3年間塾講師のアルバイト。正解の理由を説明できなかった生徒を正解の理由もできる生徒にした講義。

カテゴリ: 逆転英語過去問講座

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「thatを使っている英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2019年度鹿児島県公立高校入試問題に出題された英文を読み、文構造を考えてくれるかな

【2019年度鹿児島県公立高校入試問題】
I am going to talk about something important that will help us in our lives.

「英文を見ると、thatがある。なので、that以下が何を説明しているのかを意識しながら文構造を考えないといけないと分かる。I am going to talk about something importantまでで文構造を考える必要がある。主語はI。動詞はam going to talk。目的語はsomething importantだと分かる。ここまでの英文で私は大切なことを話すことが分かる。that以下の英文を見て行くと、that will help us in our livesと書かれている。なので、that以下がsomething importantについて説明していることが分かる。that will help us in our livesの文構造を考える。主語はthat。動詞はhelp。目的語はusだと分かる」

 「正解。どうして英文の前半の動詞をam goingではなく、am going to talkと考えたのかな。

「英文の前半の動詞をam goingではなく、am going to talkと考えた理由は、am going toは客観的に決まっていることを表す時に使うから

 「正解。英文後半のthatは、英文法の何として使われているかな。

「英文後半のthatは、関係代名詞として使われている」

 「どうして関係代名詞として使われていると考えたのかな。

「関係代名詞として使われていると考えた理由は、that以下の英文がsomething importantについて説明しているから

 「正解。関係代名詞は、前に出て来たことを説明することができたよね」

「はい」

 「今回は、thatを使っている英文の文構造を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文の文構造について>
主語+動詞+目的語+主語+動詞+目的語.

thatを使っている英文の文構造について話している人

▼追伸
英文法だけではなく、英文の文構造も押さえ、難関大学に合格したいあなたへ

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「原因と結果の英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2019年度大学入試共通テストに出題された英文を読み、文構造を考えてくれるかな

【2019年度大学入試共通テスト】
My mother had several business trips so she couldn’t take care of the garden.


「英文を見ると、soがある。なので、so以下を意識しながら文構造を考えないといけないと分かる。英文が長いので、My mother had several business tripsまでで文構造を考える必要がある。主語はMy mother。動詞はhad。目的語はseveral business tripsだと分かる。ここまでの英文で私の母は何度か出張をしていたということが分かる。なので、今回の英文のso以下は、My mother had several business tripsの結果について説明していると予想することができる。so以下の文構造を考えると、主語はshe。動詞はtake care of。目的語はthe gardenだと分かる。またcouldn’tを使っているので、否定文だと分かる。なので、今回の英文のso以下は、結果について説明している」

 「正解。今回の英文を見ると、後半にsoがあるので、so that構文があるのかなと考え、thatがないと分かった瞬間、so以下をどのように解釈して良いのか分からなくなる人がいる。なので、今回の英文では、落ち着いて1文を2文にし、英文を解釈して行くことで、英文の前半を解釈した時に、so以下は、英文の前半の結果について説明しているんではないかと予想しながら、英文の後半を読み進めて行くことができる

「はい」

 「今回の英文は、現在・過去・未来のいつを表しているかな。

「今回の英文は、過去を表している」

 「どうして今回の英文は、過去を表していると考えたのかな。

「今回の英文が過去を表していると考えた理由は、英文にhad・couldn’tが使われていたから」

 「正解。今回は、原因と結果の英文の文構造を押さえるについて話しました。しっかり復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文の文構造について>
主語+動詞+目的語+主語+動詞+目的語.

因果関係の英文の文構造について話している人

▼追伸
英文法だけではなく、英文の文構造も押さえ、難関大学に合格したいあなたへ

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「to不定詞の英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度富山県公立高校入試に出題された英文を読み、文構造を考えてくれるかな

【2020年度富山県公立高校入試】
I’m reading a book about the first native English-speaker to teach English in Japan.


「英文を見ると、to teachがある。なので、to不定詞を意識しながら文構造を考えないといけないと分かる。英文が長いので、I’m reading a book about the first native English-speakerまでで文構造を考える必要がある。主語はI。動詞はam reading。目的語はa bookだと分かる。to teach以下が何処について説明しているの分からない」

 「to teachまでの文構造を把握できている。どうしてa bookを目的語と判断したのかな。

「a bookを目的語と判断した理由は、I=a bookと言えないから」

 「正解。英文を見ると、about the first native English-speakerは何について説明しているかな。

「about the first native English-speakerは、どんな本なのかについて説明している。なので、a bookについて説明している」

 「正解。the first native English-speakerでは、具体的にどんなthe first native English-speakerなのか分からない。そこで英文を読み進めると、to teach English in Japanと書かれている。英文にto teach English in Japanと書くことで、具体的にthe first native English-speakerなのかについて説明している。to teach English in Japanは、何について説明していることになるかな。

「to teach English in Japanは、the first native English-speakerについて説明している」

 「正解。to teach English in Japanの文構造は、どうなっているかな。

「英文を見ると、to不定詞のto teachが使われている。なので、動詞はteachだと分かる。Englishを補語か目的語か考えると、目的語だと分かる。なので、動詞はteach。目的語はEnglish

 「正解。つまり、今回の英文の文構造は、主語+動詞+目的語+動詞+目的語.ということになる」

「はい」

 「to不定詞の4つの使い方があったよね。to不定詞の4つの使い方は、どんな使い方だったかな。

「to不定詞の4つの使い方のまず1つ目は、名詞的用法の~すること。2つ目は、形容詞的用法の~する~。3つ目は、副詞的用法(動作の目的)の~するために。最後4つ目は、副詞的用法(感情の原因) の~しての4つの使い方がある」

 「正解。今回は、to不定詞の英文の文構造を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文の文構造について>
主語+動詞+目的語+動詞+目的語.

to不定詞の英文の文構造について話している人

▼追伸
英文法だけではなく、英文の文構造も押さえ、難関大学に合格したいあなたへ

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「関係代名詞の英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2021年度和歌山県公立高校入試に出題された英文を読み、who以下の文構造を考えてくれるかな

【2021年度和歌山県公立高校入試】
It shows the number of peple who lived in foreign countries in 1927.


「英文を見ると、whoがある。なので、関係代名詞を意識しながら文構造を考えて行かないといけないと分かる。in foreign countriesは、livedについて説明している。who以下の文は、主語+動詞になっている」

 「正解。つまり、who以下の文構造は、主語+動詞になっている。折角なので、関係代名詞の文の形について質問するね。関係代名詞の文の形には、2つあったよね。関係代名詞の2つの文の形は、どんな文の形だったかな。

「関係代名詞の2つの文の形の1つは、主語+動詞+A.A+動詞+~.の時には、主語+動詞+A+関係代名詞+動詞+~.。もう1つは、主語+動詞+A.主語+動詞+A.の時には、主語+動詞+A+関係代名詞+主語+動詞+~.の2つの文の形」

 「正解。今回の英文では、どちらの関係代名詞の文の形かな。

「今回の英文では、1つ目の文の形」

 「正解。今回は、関係代名詞の英文の文構造を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文のwho以下の文構造について>
主語+動詞.

関係代名詞の英文の文構造について話している人

▼追伸
英文法だけではなく、英文の文構造も押さえ、難関大学に合格したいあなたへ

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「カンマ関係代名詞の英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2021年度大学入試共通テストに出題された英文を読み、文構造を考えてくれるかな

【2021年度大学入試共通テスト】
On my first visit,I used the underground,which is cheap and convenient.

「英文を見ると、,whichがある。なので、カンマ関係代名詞を意識しながら文構造を考えないといけない。,which以下はthe undergroundについて説明している。whichcheap and convenientと考えることができる。なので、cheap and convenientは補語。which以下の文は、主語+動詞+補語になっている。I used the undergroundの文を読む。Ithe undergroundと考えることができない、なので、the undergroundは目的語。I以下の文は、主語+動詞+目的語になっている」

 「正解。つまり、今回の英文の構造は、主語+動詞+目的語+主語+動詞+補語.。英文を読む時には、英文法を押さえる前に文構造を押さえることで英文を正しく理解することができる」

「はい」

 「折角なので、カンマ関係代名詞について質問するね。カンマ関係代名詞の文の形は、どんな形だったかな。

「カンマ関係代名詞の文の形は、2つある。1つは、主語+動詞+A.A+動詞+~.の場合には、主語+動詞+A+,関係代名詞+動詞+~.。もう1つは、主語+動詞+A.主語+動詞+A.の場合には、主語+動詞+A+,関係代名詞+主語+動詞+~.の2つの文の形」

 「正解。今回の英文は、2つのうちどちらの文の形かな。

「今回の英文は、カンマ関係代名詞の後ろにis cheap and convenientとあるので、1つ目の文の形

 「正解。今回は、カンマ関係代名詞の英文の文構造を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の文構造について>
主語+動詞+目的語+主語+動詞+補語.

カンマ関係代名詞の英文の文構造について話している人

▼追伸
英文法だけではなく、英文の文構造も押さえ、難関大学に合格したいあなたへ

↑このページのトップヘ