こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「thatを使っている英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2019年度鹿児島県公立高校入試問題に出題された英文を読み、文構造を考えてくれるかな

【2019年度鹿児島県公立高校入試問題】
I am going to talk about something important that will help us in our lives.

「英文を見ると、thatがある。なので、that以下が何を説明しているのかを意識しながら文構造を考えないといけないと分かる。I am going to talk about something importantまでで文構造を考える必要がある。主語はI。動詞はam going to talk。目的語はsomething importantだと分かる。ここまでの英文で私は大切なことを話すことが分かる。that以下の英文を見て行くと、that will help us in our livesと書かれている。なので、that以下がsomething importantについて説明していることが分かる。that will help us in our livesの文構造を考える。主語はthat。動詞はhelp。目的語はusだと分かる」

 「正解。どうして英文の前半の動詞をam goingではなく、am going to talkと考えたのかな。

「英文の前半の動詞をam goingではなく、am going to talkと考えた理由は、am going toは客観的に決まっていることを表す時に使うから

 「正解。英文後半のthatは、英文法の何として使われているかな。

「英文後半のthatは、関係代名詞として使われている」

 「どうして関係代名詞として使われていると考えたのかな。

「関係代名詞として使われていると考えた理由は、that以下の英文がsomething importantについて説明しているから

 「正解。関係代名詞は、前に出て来たことを説明することができたよね」

「はい」

 「今回は、thatを使っている英文の文構造を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文の文構造について>
主語+動詞+目的語+主語+動詞+目的語.

thatを使っている英文の文構造について話している人

▼追伸
英文法だけではなく、英文の文構造も押さえ、難関大学に合格したいあなたへ



第25講のみでも購入できます。