生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。分からない項目のみ勉強しただけでも基礎力・解答力が身に付く。講座・コースで勉強した場合、体系的に基礎力・解答力が身に付く。毎回同じ内容・質の講義を受講できる。

カテゴリ:逆転英語英文法基礎講座 > 助動詞を使った基礎英文法

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「助動詞must,should」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師
「早速だけど、前回は助動詞mayについて話しました。mayには2つの使い方があったよね。何だったかな

授業を受けている生徒「1つは許可。もう1つは推量です」

授業をしている講師「正解。He drinks water.にmayを使うとどうなるかな

授業を受けている生徒「mayは主語の後ろに入れ、動詞を原形に戻してあげる。なので、He may drink water.です」

 ▼関連記事です



授業をしている講師「正解。それでは、今回は助動詞must,shouldについて話します。mustには2つ使い方があり、shouldには、1つ使い方があるんだよ。mustは~に違いないの断定と~しなければならないの義務。shouldは~すべきだの義務。そしてmustの義務では少しだけ注意しないといけないことがあるんだよ

授業を受けている生徒「mustの時に注意しないといけないことは、何ですか」

授業をしている講師話し手が命令する時にはmustを使い、必要性の時にはhave toを使うことになる

授業を受けている生徒「なるほど。ねえ、義務でmust,have to,shouldの3つが出て来たけど、強さとかあるのかな」

授業をしている講師「良いところに気が付いたね。実は、強さがあるんだよ。should<have to<mustの順になっているんだよ。あとhaveの使い方でも一般動詞として使われているhaveとそれ以外で使われているhaveを見分ける問題も出題されることもある。なので、現時点ではhaveの後ろにto動詞の原形があった場合には、助動詞で使われているhaveと押さえておけば良い

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師「それでは、He drinks water.をhave toを使った文にしてみてくれるかな

授業を受けている生徒「have toも主語の後ろに入れ、動詞の原形に戻すんだった。なので、He have to drink water.です」

授業をしている講師「おしい。主語を見ると、三人称単数のHeだよね。主語が三人称単数の時、どうすれば良かったかな」

授業を受けている生徒「あ。一般動詞にsを付けるんだった。なので、He has to drink water.です」

 ▼関連記事です



授業をしている講師「正解。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、今回は助動詞must,shouldについて話しました。しっかりと復習しておいてね。次回は、過去形について話すことにするね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「助動詞についてしっかりと復習しておきます。お疲れ様でした」

●まとめ
<mustの使い方について>
断定

義務

<shouldの使い方について>
義務

<mustとhave toの使い分けについて>
・must→話し手が命令

・have to→必要性

<must,have to,shouldの強さについて>
should<have to<must

逆転英語5

▼▼▼関連記事です







▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

動画でも学習できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「助動詞may」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師
「早速だけど、前回は助動詞canについて話しました。canの使い方には、2つあったよね。何だったけ

授業を受けている生徒「canの使い方は、可能と許可です

授業をしている講師「正解。canは何かと言い換えすることができたよね。何だったけ

授業を受けている生徒「canはbe able toに言い換えすることができます」

授業をしている講師「正解。She speaks English.をcanを使った文とbe able toで言い換えた文にしてみてくれるかな

授業を受けている生徒「canは主語の後ろに入れ、動詞は原形に戻してあげる。なので、She can speak English.です。主語を見るとSheなので、be動詞はisを使います。なので、She is able to speak English.です」

 ▼関連記事です



授業をしている講師「正解。それでは今回は助動詞mayについて話すね。mayにも2つの使い方があるんだよ。1つはcanと同じように許可。もう1つは、~かもしれないの推量。それでは、She speaks English.をmayを使った文にしてくれるかな

授業を受けている生徒「mayは主語の後ろに入れ、動詞を原形に戻してあげる。なので、She may speak English.です」

授業をしている講師「正解。今回は、助動詞mayについて話しました。今回は少しだけボリュームが軽いけど、ここまでにします。次回も助動詞について話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「ここ最近の講義は、ボリュームが多かったから、少しだけボリュームが軽い気がする。でも復習するから丁度良いボリュームかな。お疲れ様でした」

●まとめ
<mayの2つの使い方について>
許可

推量

逆転英語5

▼▼▼関連記事です





▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

動画でも学習できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「助動詞can」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師
「早速だけど、前回助動詞について話しをしました。主な助動詞には5つの種類があったよね。何だったかな

授業を受けている生徒「1つ目がwill.2つ目がcan。3つ目がmay。4つ目がmust。最後5つ目がshouldです」

授業をしている講師「正解。更に続けて助動詞・be動詞・一般動詞の優先順位についてはどうだったかな

授業を受けている生徒「えーと。助動詞>be動詞>一般動詞です」

授業をしている講師「その通り。助動詞の肯定文・疑問文・否定文は、どのように考えれば良かったかな

授業を受けている生徒「えーと未来を表すwillも助動詞だったから、未来形の時と同じように考えれば良かった

授業をしている講師「その通り。He swims.を助動詞のcanを使った肯定文・疑問文・否定文にしてみてくれるかな

授業を受けている生徒「最近、急に講義で復習する時のボリュームが増えて来ているよね」

授業をしている講師「講義で復習する時のボリュームが増えて来ているということは、それだけ英語の勉強が進んで来ているということなんだよ。あと無関係なことを復習しているわけではないんだよ。分かったかな」

授業を受けている生徒「分かりました。助動詞は主語の後ろに入れ、動詞を原形に戻してあげれば良い。なので、He  can swim.。疑問文は、助動詞を文頭に持って来て、文末に?を付けてあげれば良い。Can he swim?。疑問文に対する答え方も助動詞で聞かれているので、助動詞で答えてあげれば良い。なので、Yes,he can.No,he can't.。否定文は、主語の後ろに助動詞とnotを入れてあげれば良かった。なので、He  can't swim.。」

 ▼関連記事です



授業をしている講師「正解。今回は、助動詞canについて話すね。canでは2つ表すことができる。1つは~できるのようの可能。もう1つは~してもよいの許可。なので、He  can swim.を日本語訳すると、彼は泳ぐことができますとなる。実はね、canは別の言葉で言い換えることができるんだよ

授業を受けている生徒「え。言い換えもできるの」

授業をしている講師「そう。canはbe able toと言い換えることができるんだよ。He  can swim.をbe able toで言い換えるとどうなると思う

授業を受けている生徒「うーん。単純にcanと置き換えると、He  is able to swim.で良いのかな

授業をしている講師「正解。どうしてbe動詞をisにしたのかな

授業を受けている生徒「be動詞をisにしたのは、主語がHeだからです

 ▼関連記事です



授業をしている講師「正解。後で勉強することになるけど、be able toの後ろを動詞の原形にすることは、不定詞の時にも役に立つんだよ

授業を受けている生徒「どうして不定詞を勉強する時に役に立つんですか」

授業をしている講師He  is able to swim.をよく見てみて

授業を受けている生徒「あ。be動詞と一般動詞の2つの動詞が一文で使われている。もしかして、一文で動詞を2つ使いたい時の方法として、不定詞も使えるということなのかな

授業をしている講師「そう。現在進行形を勉強した時にも一文に動詞を2つ使う時のことについて話したよね。現在進行形で一文で動詞を2つ使いたい場合には、どうすれば良かったかな

授業を受けている生徒「現在進行形では、動詞を動詞ingにしてあげれば良かった

 ▼関連記事です



授業をしている講師「その通り。今回、助動詞canについて話をするついでに少しだけ不定詞についても話した。不定詞については「そんなことがあるんだ」と思ってくれておけば、今は良いよ

授業を受けている生徒「分かりました」

授業をしている講師「今回は、助動詞canについて話しをしました。次回も助動詞について話しを続けるね。復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「お疲れ様でした」

●まとめ
<canの2つの使い方について>
可能

許可

<canと言い換えできる言葉について>
can+動詞の原形

be able to動詞の原形

逆転英語5

▼▼▼関連記事です









▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

動画でも学習できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「助動詞」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、未来形の否定文について話しました。未来形の否定文は、どうすれば良かったんだっけ

授業を受けている生徒「未来形の否定文は、主語の後ろにwill+notを入れます」

授業をしている講師「その通り。つまり、未来形の否定文は、主語+will+not+動詞の原形+~.ということになる。She will speak English.を否定文にすると、どうなるかな

授業を受けている生徒文を見ると、willがあるので、未来形の文だと分かります。未来形の否定文は、主語の後ろにwill+notを入れてあげれば良かった。なので、She won't speak English.です

 ▼関連記事です



授業をしている講師「正解。それでは、今回は、助動詞について話します。実はもう助動詞の1つを勉強しているんだよ」

授業を受けている生徒「え」

授業をしている講師「そう。未来形を表すwillも助動詞の1つなんだよ。助動詞には、主に5つの種類がある。まず1つ目がwill。2つ目はcan。3つ目はmay。4つ目はmust。最後5つ目はshould。助動詞には、5つの種類があるけど、実は、肯定文・疑問文・否定文の作り方は、未来形の肯定文・疑問文・否定文の作り方を押さえておけば、理解できるんだよ

授業を受けている生徒「そうなんだ」

授業をしている講師「そうなんだ。助動詞の肯定文は、主語+助動詞+動詞の原形+~.なんだよ。疑問文・否定文は、どうなると思う

授業を受けている生徒「助動詞は未来形の作り方と同じように考えれば良いと言っていた。なので、助動詞の疑問文は、助動詞+主語+動詞の原形+~?Yes,主語+助動詞.No,主語+助動詞+not.になるのかな。助動詞の否定文は、主語+助動詞+not+動詞の原形+~.になるのかな

 ▼関連記事です



授業をしている講師授業を受けている生徒が言った通りになる。文を見た時には、まず助動詞はないのか探してあげ、助動詞がある時には助動詞を一番優先に考えてあげる。助動詞がなかった場合には、be動詞はないのか探してあげ、be動詞があった時にはbe動詞を優先に考えてあげる。最後助動詞・be動詞がなかった時に初めて、一般動詞を考えてあげることになる。つまり、優先順位は、1位助動詞・2位be動詞・3位一般動詞ということになる

授業を受けている生徒「なるほど。優先順位を押さえておくことで迷うこともなくなるよね」

授業をしている講師He studies Japanese.を助動詞mustを使って、助動詞の肯定文・疑問文・否定文を作ってみてくれるかな

授業を受けている生徒「助動詞の肯定文は、主語の後ろに助動詞を入れ、動詞を原形に戻してあげれば良かった。なので、He must study Japanese.になる。助動詞の疑問文は、助動詞を文頭に持って来て、文末に?を付けてあげる。助動詞の疑問文の答え方は、助動詞で答えてあげる。なので、Must he study Japanese?Yes,he must.No,he must not.になる。助動詞の否定文は、主語の後ろに助動詞+notを入れてあげれば良かった。なので、He must not study Japanese.になる」

授業をしている講師「正解。助動詞と聞くと、「え」と思うけど、未来形と同じように考えれば良いと分かれば、難しくないでしょう」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、助動詞について話しました。次回は、助動詞のそれぞれについて少しずつ話して行くことにするね。しっかり復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。復習しておきます。お疲れ様でした」

●まとめ
<助動詞の主な種類について>
will

can

may

must

should

<助動詞・be動詞・一般動詞の優先順位について>
助動詞>be動詞>一般動詞

<助動詞の文の作り方について>
肯定文→主語+助動詞動詞の原形+~.

疑問文→助動詞+主語+動詞の原形+~?

・はい→Yes,主語+助動詞.

・いいえ→No,主語+助動詞not.

否定文→主語+助動詞not+動詞の原形+~.

逆転英語5

▼▼▼関連記事です







▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

動画でも学習できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「未来形の否定文」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師
「早速だけど、前回は未来形の疑問文について話しました。未来形の疑問文は、どうやって作れば良かったんだっけ

授業を受けている生徒「未来形の疑問文の作り方は、文を見て、willはないかを探し、willがあった場合には、willを文頭に持って来て、文末に?を付けてあげれば良かったです。疑問文に対する答え方は、willで聞かれている時には、Willを使って答えてあげれば良いです」

授業をしている講師「そうだね。つまり、Will+主語+動詞の原形+~?Yes,主語+will.No,主語+will+not.になる。He plays soccer.を未来形にし、未来形の疑問文にもしてみてくれるかな」

 ▼関連記事です



授業を受けている生徒「凄いボリュームだね。未来形にするには、文の中に未来を表すwillを入れてあげ、動詞を原形に戻してあげれば良かった。なので、He will play soccer.です。疑問文は、willを文頭に持って来て、文末に?を付けてあげれば良かった。疑問に対する答え方は、willで聞かれているので、willで答えてあげることになる。なので、Will he play soccer?Yes,he will.No,he won't.になります

 ▼関連記事です



授業をしている講師「正解。よく復習しているね。未来形の否定文は、どうなると思う

授業を受けている生徒「未来形の否定文は、will+notを主語の後ろに入れてあげれば良いのかな」

授業をしている講師授業を受けている生徒が言った通り。つまり、主語+will+not+動詞の原形+~.となる。He will play soccer.を否定文にすると、どうなるかな

授業を受けている生徒「未来形の否定文は、主語の後ろにwill+notを入れてあげれば良かった。なので、He won't play soccer.になります

授業をしている講師「正解。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「どうにか大丈夫です」

授業をしている講師「今回は、未来形の否定文について話しました。次回は助動詞について話します。なので、未来形について復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「助動詞か。何となくイメージできてきた。お疲れ様でした」

●まとめ
<未来形の否定文について>
肯定文 主語+will+動詞の原形+~.

否定文→主語+willnot+動詞の原形+~.

逆転英語5

▼▼▼関連記事です







▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

動画でも学習できます。

↑このページのトップヘ