こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「比較の同格の否定文」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回は比較の同格の疑問文について話しました。比較の同格の疑問文は、どのように作れば良かったかな。

「比較の同格の疑問文の作り方は、be動詞がある時には、be動詞の疑問文と同じように考え、be動詞がない場合には、一般動詞の疑問文と同じように考えれば良い」

 「そうだよね。つまり、比較の同格の疑問文は、be動詞がある時には、文頭にbe動詞を持って来て、be動詞がない時には、do(does)を文頭に持って来て、一般動詞を原形にすれば良い。それでは、He eats as much as you.を疑問文にすると、どうなるかな。

「文を見ると、be動詞がないので、一般動詞の疑問文と同じように考えれば良い。一般動詞を見ると、三人称単数のsが付いているので、doesを使うのだと分かる。なので、Does he eat as much as you?

 「正解。比較の同格の疑問文では同格に気を取られ、一般動詞の三人称単数を見落とさないように気を付けることが大切なんだよ。

「はい」

 ▼関連記事



 「今回は、比較の同格の否定文について話します。否定文と聞いて何かイメージできないかな。

「もしかして、同格の否定文は、be動詞の否定文・一般動詞の否定文と同じように考えれば良いのかな」

 「正解。同格の否定文の作り方は、be動詞がある時には、be動詞の後ろにnotを入れ、be動詞がない時には、主語の後ろにdo(does) notを入れれば良い。それでは、He eats as much as you.を否定文にすると、どうなるかな。

「文を見ると、be動詞がないので、一般動詞の否定文と同じように考えれば良い。一般動詞には三人称単数のsが付いているので、doesを使う。なので、He doesn't eat as much as you.

 「正解。ここまで大丈夫かな。

 ▼関連記事





「はい」

 「今回は、比較の同格の否定文について話しました。次回は、比較級の文の形について話します。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
<比較の同格の否定文の作り方について>
・be動詞がある時→be動詞の否定文

・be動詞がない場合→一般動詞の否定文

比較の同格の否定文の作り方について話している人

▼▼▼関連記事







▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

第61講のみでも購入できます。