生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。分からない項目のみ勉強しただけでも基礎力・解答力が身に付く。講座・コースで勉強した場合、体系的に基礎力・解答力が身に付く。毎回同じ内容・質の講義を受講できる。

カテゴリ:逆転英語過去問講座 > 群馬県公立高校入試の英語問題解説

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「疑問詞を使った英文の動詞変形問題を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2019年度群馬県公立高校入試問題に出題された英文を題材にした動詞変形問題を読み、解答を考えてくれるかな

【2019年度群馬県公立高校入試問題】
What are you (do) now?


授業を受けている生徒「英文を見ると、are・ (do) ・nowと書かれている。なので、進行形の文にできるように動詞を変形すれば良いと分かる。進行形の文の形は、主語+be動詞+動詞ing+~.だった。今回の英文は、進行形の疑問文。進行形の疑問文は、be動詞の疑問文と同じように考えれば、良かった。進行形の疑問文の文の形は、Be動詞+主語+動詞ing+~?だった。なので、今回の問題は、What are you doing now?

授業をしている講師「正解。今回の問題を正解できたか。それとも正解できなかったのかの分かれ目は、nowを見た瞬間に進行形の疑問文だと予想を付けることができたかだよ。疑問詞Whatに気を取られた受験生は、懸命に疑問詞の疑問文の作り方を思い出そうとする。しかし、今回の問題では、作問者は、疑問詞の疑問文の作り方の知識を聞いているわけではない。なので、疑問詞Whatに気を取られた受験生は、今回の問題に正解するまでの時間が、進行形の疑問文だと予想することができた受験生よりも2倍遅くなった

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、疑問詞を使った英文の動詞変形問題を押さえるについて話しました。あなたがファーストインプレッションで問題を解いている場合には、問題を落ち着いて読むようにしてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の動詞変形問題の正解について>
What are you doing now?

逆転英語5




 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「that×長文を使っている英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2020年度群馬県公立高校入試問題に出題された英文を読み、文構造を考えてくれるかな

【2020年度群馬県公立高校入試問題】
When you take pictures of real waves with a high-speed camera,you’ll know that the pictures are just Hokusai’s waves.

授業を受けている生徒「英文を見ると、,がある。なので、,の前の英文と,の後ろの英文に気を付けながら、英文の文構造を考える必要がある。,の前までの英文の文構造を考える。主語はyou。動詞はtake。目的語はpictures of real wavesだと分かる。,の後ろの英文の文構造を考える。主語はyou。動詞はknowだと分かる。that以下にthe pictures areと書かれている。なので、,の後ろの英文の文構造はここまでしか分からない」

授業をしている講師「今回の英文を試験当日に読んだ受験生の中には、授業を受けている生徒と同じように,の後ろの英文の文構造を把握することができなかった受験生もいた。どうして,の後ろの英文の文構造を把握することができないのか。,の後ろの英文の文構造を把握することができない理由は、2つある。1つは1文が長いこと。もう1つは主語+動詞+that the pictures areと書かれているからなんだよ。that以下の英文の文構造を考える時、that以下の英文の主語・動詞は何かと考えるのではなく、that以下の英文が何を説明しているのかを考えることで,の後ろの英文の文構造を把握することができる。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師that以下の英文は、何を説明しているかな

授業を受けている生徒「that以下の英文は、knowについて説明している」

授業をしている講師「正解。that以下の英文が、knowについて説明しているということは、that以下の英文はknowの何になっているかな

授業を受けている生徒「あ。that以下の英文は、knowの目的語になっている」

授業をしている講師「正解。つまり、,の後ろの英文の文構造は、主語+動詞+目的語.となる。that以下の英文の文構造を考えると、どうなるかな

授業を受けている生徒「that以下の英文の文構造を考えると、the pictures areと書かれている。なので、主語はthe pictures。動詞はareだと分かる。the picturesHokusai’s wavesの関係になっている。なので、Hokusai’s wavesは補語だと分かる。つまり、that以下の英文の文構造は、主語+動詞+補語.

▼関連記事



授業をしている講師「正解。今回の英文の文構造は、主語+動詞+目的語+主語+動詞+目的語.となる。今回の英文のようにthatが使われ1文が長い英文でも森を見てから、枝を見ることで正しく英文を理解できる

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、that×長文を使っている英文の文構造を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文の文構造について>
主語+動詞+目的語+主語+動詞+目的語.

逆転英語5




↑このページのトップヘ