こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「2019年度福島県公立高校入試問題【2-2】を解説する」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2019年度福島県公立高校入試問題【2-2】を読み、解答を考えてくれるかな

【2019年度福島県公立高校入試問題【2-2】】
[In a library]
A:Do you know who wrote Botchan?

B:Yes,of course.Natsume Soseki did.I think(are/by/the books/him/written)very popular among many people.


授業を受けている生徒「今回の問題の選択肢を見ると、are/by/writtenと書かれている。なので、受動態を使う並び替え問題の可能性があると分かる。受動態の作り方は、行為をされた人(物)+be動詞+動詞の過去分詞+by行為をした人(物).だった。なので、今回の問題は、I think the books are written by him very popular among many people.」

授業をしている講師「不正解。今回の問題を正しく解くことができたか。それとも正解できなかったのかの分かれ目は、are written by himではなく、written by him areになると判断することができたかだよ。授業を受けている生徒が解答したようにI think the books are written by him very popular among many people.と考えた場合、the booksはhimによってwrittenされたことを説明しただけになる。Bはthe booksはhimによってwrittenされたことだけを説明したかったのかな

授業を受けている生徒「Bが話した英文を見ると、very popular among many peopleと書かれている。なので、Bはthe booksはhimによってwrittenされたことだけを説明したかっただけではない。Bはhimによってwrittenされたbooksがvery popular among many peopleということも説明をしたかった。なので、I think the books written by him are very popular among many people.になる」

授業をしている講師「正解。今回の問題は、受動態と英文の文構造を理解できていれば、正解できた。なので、あなたが今回の問題を正解できなかった場合には、受動態と英文の文構造の勉強をし直してね

▼関連記事





授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、2019年度福島県公立高校入試問題【2-2】を解説するについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の問題の正解について>
I think the books written by him are very popular among many people.

逆転英語5

第85講のみでも購入できます。