生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。分からない項目のみ勉強しただけでも基礎力・解答力が身に付く。講座・コースで勉強した場合、体系的に基礎力・解答力が身に付く。毎回同じ内容・質の講義を受講できる。

カテゴリ:逆転英語過去問講座 > 福島県公立高校入試の英語問題解説

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「2019年度福島県公立高校入試問題【2-2】を解説する」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2019年度福島県公立高校入試問題【2-2】を読み、解答を考えてくれるかな

【2019年度福島県公立高校入試問題【2-2】】
[In a library]
A:Do you know who wrote Botchan?

B:Yes,of course.Natsume Soseki did.I think(are/by/the books/him/written)very popular among many people.


授業を受けている生徒「今回の問題の選択肢を見ると、are/by/writtenと書かれている。なので、受動態を使う並び替え問題の可能性があると分かる。受動態の作り方は、行為をされた人(物)+be動詞+動詞の過去分詞+by行為をした人(物).だった。なので、今回の問題は、I think the books are written by him very popular among many people.」

授業をしている講師「不正解。今回の問題を正しく解くことができたか。それとも正解できなかったのかの分かれ目は、are written by himではなく、written by him areになると判断することができたかだよ。授業を受けている生徒が解答したようにI think the books are written by him very popular among many people.と考えた場合、the booksはhimによってwrittenされたことを説明しただけになる。Bはthe booksはhimによってwrittenされたことだけを説明したかったのかな

授業を受けている生徒「Bが話した英文を見ると、very popular among many peopleと書かれている。なので、Bはthe booksはhimによってwrittenされたことだけを説明したかっただけではない。Bはhimによってwrittenされたbooksがvery popular among many peopleということも説明をしたかった。なので、I think the books written by him are very popular among many people.になる」

授業をしている講師「正解。今回の問題は、受動態と英文の文構造を理解できていれば、正解できた。なので、あなたが今回の問題を正解できなかった場合には、受動態と英文の文構造の勉強をし直してね

▼関連記事





授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、2019年度福島県公立高校入試問題【2-2】を解説するについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の問題の正解について>
I think the books written by him are very popular among many people.

逆転英語5




 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「be動詞を使っている英文の並べ替え問題を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2020年度福島県公立高校入試問題に出題された英文を題材にした並べ替え問題を読み、解答を考えてくれるかな

【2020年度福島県公立高校入試問題】
これは外国人の数についてですか。
(foreigners,this,Is,of,the,about,number)?


授業を受けている生徒「単語を見ると、Isがある。なので、英文の文頭にIsが来ることが分かる。また日本文を読むと、外国人の数と書かれている。なので、外国人の数に気を付けながら、単語を並び替える必要があると分かる。単語を考える。foreignersは外国人。numberは。aboutはについてだった。なので、外国人の数については、about the number of foreignersとなることが分かる。残りの単語はthis。日本文を見ると、これは外国人の数と書かれている。なので、主語=補語の関係にする必要があると分かる。今回の問題は、Is this about the number of foreigners?が正解」

授業をしている講師「正解。今回の問題のような並べ替え問題は、どの単語が繋がる可能性があるのかを考えることが必要になる。どの単語が繋がる可能性があるのかを考えずに、並べ替え問題を解こうとしても、並べ替え問題で正解することはできない。今回の問題では、3つのことが問題を正解できるか。問題を正解できないかの分かれ目になる。問題を正解できるかの分かれ目になる3つのことは、何か分かるかな

授業を受けている生徒「問題を正解できるかの分かれ目になる3つのことの中のまず1つ目は、英文の文頭にIsが来ること。2つ目は、外国人の数についての表し方。最後3つ目は、主語=補語の関係にすることが必要なことの3つのことかな」

授業をしている講師「正解。並べ替え問題を解く時に、問題を正解できるかの分かれ目になることも意識しながら、勉強することで、並べ替え問題が出題された場合に慌てることはなくなる」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、be動詞を使っている英文の並べ替え問題を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の並べ替え問題の正解について>
Is this about the number of foreigners?

逆転英語5




↑このページのトップヘ