こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「be動詞を使っている英文の並べ替え問題を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度福島県公立高校入試問題に出題された英文を題材にした並べ替え問題を読み、解答を考えてくれるかな

【2020年度福島県公立高校入試問題】
これは外国人の数についてですか。
(foreigners,this,Is,of,the,about,number)?


「単語を見ると、Isがある。なので、英文の文頭にIsが来ることが分かる。また日本文を読むと、外国人の数と書かれている。なので、外国人の数に気を付けながら、単語を並び替える必要があると分かる。単語を考える。foreignersは外国人。numberは。aboutはについてだった。なので、外国人の数については、about the number of foreignersとなることが分かる。残りの単語はthis。日本文を見ると、これは外国人の数と書かれている。なので、主語=補語の関係にする必要があると分かる。今回の問題は、Is this about the number of foreigners?が正解」

 「正解。今回の問題のような並べ替え問題は、どの単語が繋がる可能性があるのかを考えることが必要になる。どの単語が繋がる可能性があるのかを考えずに、並べ替え問題を解こうとしても、並べ替え問題で正解することはできない。今回の問題では、3つのことが問題を正解できるか。問題を正解できないかの分かれ目になる。問題を正解できるかの分かれ目になる3つのことは、何か分かるかな。

「問題を正解できるかの分かれ目になる3つのことの中のまず1つ目は、英文の文頭にIsが来ること。2つ目は、外国人の数についての表し方。最後3つ目は、主語=補語の関係にすることが必要なことの3つのことかな」

 「正解。並べ替え問題を解く時に、問題を正解できるかの分かれ目になることも意識しながら、勉強することで、並べ替え問題が出題された場合に慌てることはなくなる」

「はい」

 「今回は、be動詞を使っている英文の並べ替え問題を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の並べ替え問題の正解について>
Is this about the number of foreigners?

be動詞を使っている英文の並べ替え問題について話している人

▼追伸
志望校の授業が英語で行われることが分かったあなたへ



第41講のみでも購入できます。