こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「助動詞の英作文」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回は一般動詞の英作文について話しました。一般動詞の英作文問題を解く時、どのように考えれば良かったかな。

「一般動詞の英作文問題を解く時にも、be動詞の英作文問題を解くように考えれば良かった」

 ▼関連記事



 「そうだね。今回は、助動詞の英作文について話します。彼は数学を勉強しなければならないを英作文にすると、どうなるかな。

「文を見ると、主語が彼は。動詞が勉強する。過去・現在・進行形・完了形・未来形か確認すると、現在だと分かる。なので、He studiesとなる。残りの日本語を見ると、しなければならないとある。確かしなければならないは、助動詞のmust。組み合わせると、He must study math.かな」

 「その通り。助動詞の英作文では、文末を確認し、どの助動詞を使うのか決めることが重要だよね。それでは、どうしてmustの後ろの一般動詞を原形にしたのかな。

「助動詞の後ろは、動詞の原形にしないといけないから

 「そうだよね。それでは、彼は数学を勉強しなければならないをmustを使わずに2語の助動詞を使って英作文にすると、どうなるかな。

「え。2語の助動詞。あ。もしかしてhave toを使えば良いのかな。そうすると、He has to study math.かな」

 「どうしてhave toではなく、has toにしたのかな。

has toにしたのは、主語が三人称単数だから」

 「その通り。mustとhave toの使い分けは、どうだったかな。

「うーん。mustは命令。have toは」

 「欲しい。mustは、話し手が命令している時に使い、have toは必要性がある時に使うんだよ。更に質問するね。must・have to・shouldの強さはどうだったかな。

「今回は、とても質問して来るね。must・have to・shouldの強さは、should<have to<must

 「正解。それでは、He has to study math.を疑問文・否定文にすると、どうなるかな。

「文を見ると、has toの後ろの一般動詞が原形なので、has toが助動詞として使われているのが分かる。助動詞の疑問文の作り方は、助動詞を文頭に持って来れば良かった。なので、Has he to study math?Yes,he has to.No,he has to not.になる。助動詞の否定文は、助動詞の後ろにnotを入れてあげれば良かったので、He has to not study math.になる」

 「残念ながら、違う。でも助動詞の疑問文・否定文の作り方の原則は、しっかりと理解できている。実は、have (has)toは例外なんだよ。have(has) toの時には、一般動詞の疑問文・否定文と同じように考えてあげることになる。なので、have(has) toの疑問文は、Do(Does)+主語+have to+動詞の原形+~?Yes,主語+do(does).No,主語+do(does)+not.。have(has) toの否定文は、主語+do(does)+not+have to+動詞の原形+~.になる。それでは、He has to study math.を疑問文・否定文にすると、どうなるかな。

「have toの疑問文・否定文は、一般動詞の疑問文・否定文と同じように考える。なので、疑問文は、Does he have to study math?Yes,he does.No,he doesn't.。否定文は、He doesn't have to study math.になる」

 「正解。英作文を勉強する時に、英文法も一緒に勉強することで、英文法の補足についても勉強することができる

「はい」

 「今回は、助動詞の英作文について話しました。しっかりと復習しておいてね。次回は、受動態の英作文について話します。お疲れ様でした」

「はい。しっかりと復習します。お疲れ様でした」

●まとめ
<助動詞の英作文の解き方について>
文末を確認し、どの助動詞を使うのか決める

<mustとhave toの使い分けについて>
・must→話し手が命令している時

・have to→必要性がある時

<must・have to・shouldの強さについて>
should<have to<must

<have(has) toの疑問文の作り方について>
Do(Does)+主語+have to+動詞の原形+~?

Yes,主語+do(does).

No,主語+do(does)not.

<have(has) toの否定文の作り方について>
主語+do(does)nothave to+動詞の原形+~.

助動詞の英作文の解き方について話している人

▼▼▼関連記事



第3講のみでも購入できます。