生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。「授業が分からない」「過去問の解説が分からない」あなたでも英語の知識を積み上げ、「授業が分かる」「過去問が解ける」あなたに。講義は何度でも受け直すことができます。

カテゴリ:逆転英語英作文基礎講座 > 比較を使った基礎英作文

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「比較の最上級の英作文」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、前回は比較の比較級の英作文について話しました。比較級は文はどのように作れば良かったかな

授業を受けている生徒「比較級の文は、主語+動詞+比較級than比較している人・物.」

授業をしている講師「正解。比較級の疑問文・否定文は、どうすれば良かったかな

授業を受けている生徒「比較級の疑問文・否定文は、be動詞がある時にはbe動詞の疑問文・否定文と同じように考える。be動詞がない時には一般動詞の疑問文・否定文と同じように考えれば良かった」

授業をしている講師「正解。ここまで大丈夫かな」

 ▼関連記事



授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、比較の最上級の英作文について話します。早速だけど、彼はクラスで一番頭が良いですかを英作文にすると、どうなるかな

授業を受けている生徒「文を見ると、主語は彼は。彼頭が良いと言えるので、be動詞を使うと分かる。ここまで英作文にすると、He is smart。残りの日本語を見ると、クラスで一番と書かれているので、比較の最上級を使うと分かる。ここまで英作文にすると、the smartest in the class。問題文を見ると、最上級の疑問文にしないといけないと分かる。be動詞がある時には、be動詞の疑問文と同じように考えれば良かった。なので、Is he the smartest in the class?が正解」

授業をしている講師「正解。比較の最上級の疑問文を作る時には、まずは肯定文を考えてから疑問文にすることで、ケアレスミスを無くすことができる

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師Is he the smartest in the class?を否定文にすると、どうなるかな

授業を受けている生徒「文を見ると、比較の最上級の否定文にすれば良いと分かる。be動詞もあるので、be動詞の否定文と同じように考えれば良い。なので、He isn't the smartest in the class.が正解」

授業をしている講師「正解。今回は、比較の最上級の英作文について話しました。so that構文の英作文について話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「お疲れ様でした」

●まとめ
<比較の最上級の肯定文の作り方について>
主語+動詞+the最上級+~.

<最上級の疑問文の作り方について>
・be動詞がある時→be動詞の疑問文

・be動詞がない時→一般動詞の疑問文

<最上級の否定文の作り方について>
・be動詞がある時→be動詞の否定文

・be動詞がない時→一般動詞の否定文

逆転英語5

▼▼▼関連記事





動画でも学習できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「比較の比較級の英作文」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「前回は、比較の同格の英作文について話しました。同格の肯定文は、どのように作れば良かったかな

授業を受けている生徒「同格の肯定文の作り方は、主語+動詞+as原形as+~.」

授業をしている講師「正解。同格の疑問文・否定文は、どのように作れば良かったかな

授業を受けている生徒「同格の疑問文・否定文の作り方は、be動詞がある時にはbe動詞の疑問文・否定文と同じように考えれば良い。be動詞がない場合には一般動詞の疑問文・否定文と同じように考えれば良い」

授業をしている講師「正解。しっかりと復習しているね」

 ▼関連記事



授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、比較の比較級の英作文について話します。早速だけど、彼は彼女よりもテストの点数が良かったと英作文にすると、どうなるかな

授業を受けている生徒「文を見ると、主語が彼は。動詞が点数を取るだと分かる。過去・現在・完了を確認すると、過去だと分かる。ここまで英作文にすると、He scored。残りの日本語を見ると、彼女よりもと書かれている。なので、比較の比較級を使うのだと分かる。ここまで英作文にすると、better than her on the test。2文を1文にすると、He scored better than her on the test.

授業をしている講師「正解。今回は、比較の比較級と過去形が組み合わせられている問題だったんだよ。He scored better than her on the test.を疑問文・否定文にしてくれるかな

授業を受けている生徒「比較の比較級の疑問文・否定文もbe動詞がある時には、be動詞の疑問文・否定文と同じように考えれば良かった。be動詞がない場合には、一般動詞の疑問文・否定文と同じように考えれば良かった。文を見ると、be動詞がないので、一般動詞の疑問文・否定文と同じように考えれば良いと分かる。一般動詞を見ると、過去形。なので、didを使う。疑問文は、Did he score better than her on the test?。否定文は、He didn't score better than her on the test.

授業をしている講師「正解。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、比較の比較級の英作文について話しました。次回は、比較の最上級の英作文について話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「お疲れ様でした」

●まとめ
<比較級の文の形について>
主語+動詞+比較級than比較している人・物.

<比較級の疑問文について>
・be動詞がある時→be動詞の疑問文

・be動詞がない時→一般動詞の疑問文

<比較級の否定文について>
・be動詞がある時→be動詞の否定文

・be動詞がない時→一般動詞の否定文

逆転英語5

▼▼▼関連記事





動画でも学習できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「比較の英作文」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、前回は関係詞の英作文について話しました。関係代名詞の文は、2つあったよね。どんな形だったかな

授業を受けている生徒「関係代名詞の1つの文の形は、主語+動詞+A.A+動詞+~.の場合には、主語+動詞+A+関係代名詞+動詞+~.。もう1つの文の形は、主語+動詞+A.主語+動詞+A.の時には、主語+動詞+A+関係代名詞+主語+動詞+~.」

授業をしている講師「正解。ここまで大丈夫かな」

 ▼関連記事



授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、比較の英作文について話します。早速だけど、彼は彼女と同じくらい英語を上手に話すを英作文にすると、どうなるかな

授業を受けている生徒「文を見ると、主語が彼は。動詞は話すだと分かる。過去・現在・完了を確認すると、現在だと分かる。ここまで英作文にすると、He speaks English。残りの日本語を見ると、彼女と同じくらいと書かれているので、比較の同格を使うと分かる。比較の同格は、as~asだった。ここまで英作文にすると、as well as her。2文を1文にすると、He speaks English as well as her.

授業をしている講師「正解。wellの比較級・最上級は何だったかな

授業を受けている生徒「wellの比較級は、better。最上級は、best

授業をしている講師「正解。比較級・最上級の特殊な変化についてもしっかりと復習してね。He speaks English as well as her.を疑問文・否定文にすると、どうなるかな

授業を受けている生徒「比較の同格の疑問文・否定文の作り方もbe動詞・一般動詞の疑問文・否定文を押さえておけば良かった。文を見ると、be動詞はない。なので、一般動詞の現在形の疑問文・否定文にすれば良い。一般動詞を見ると、三人称単数のsが付いているので、doesを使う。疑問文は、Does he speak English as well as her?。否定文は、He doesn't speak English as well as her.

授業をしている講師「正解。疑問文・否定文にする問題が出た時には、be動詞・一般動詞を意識してあげるとたとえ習っていない問題が出題されても正解できることもある

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、比較の同格の英作文について話しました。次回は、比較の比較級の英作文について話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「お疲れ様でした」

●まとめ
<同格の文の形について>
主語+動詞+as原形as+~.

<比較の同格の疑問文の作り方について>
・be動詞がある時→be動詞の疑問文

・be動詞がない時→一般動詞の疑問文

<比較の同格の否定文の作り方について>
・be動詞がある時→be動詞の否定文

・be動詞がない場合→一般動詞の否定文

逆転英語5

▼▼▼関連記事





動画でも学習できます。

↑このページのトップヘ