こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「比較の比較級の英作文」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「前回は、比較の同格の英作文について話しました。同格の肯定文は、どのように作れば良かったかな

授業を受けている生徒「同格の肯定文の作り方は、主語+動詞+as原形as+~.」

授業をしている講師「正解。同格の疑問文・否定文は、どのように作れば良かったかな

授業を受けている生徒「同格の疑問文・否定文の作り方は、be動詞がある時にはbe動詞の疑問文・否定文と同じように考えれば良い。be動詞がない場合には一般動詞の疑問文・否定文と同じように考えれば良い」

授業をしている講師「正解。しっかりと復習しているね」

 ▼関連記事



授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、比較の比較級の英作文について話します。早速だけど、彼は彼女よりもテストの点数が良かったと英作文にすると、どうなるかな

授業を受けている生徒「文を見ると、主語が彼は。動詞が点数を取るだと分かる。過去・現在・完了を確認すると、過去だと分かる。ここまで英作文にすると、He scored。残りの日本語を見ると、彼女よりもと書かれている。なので、比較の比較級を使うのだと分かる。ここまで英作文にすると、better than her on the test。2文を1文にすると、He scored better than her on the test.

授業をしている講師「正解。今回は、比較の比較級と過去形が組み合わせられている問題だったんだよ。He scored better than her on the test.を疑問文・否定文にしてくれるかな

授業を受けている生徒「比較の比較級の疑問文・否定文もbe動詞がある時には、be動詞の疑問文・否定文と同じように考えれば良かった。be動詞がない場合には、一般動詞の疑問文・否定文と同じように考えれば良かった。文を見ると、be動詞がないので、一般動詞の疑問文・否定文と同じように考えれば良いと分かる。一般動詞を見ると、過去形。なので、didを使う。疑問文は、Did he score better than her on the test?。否定文は、He didn't score better than her on the test.

授業をしている講師「正解。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、比較の比較級の英作文について話しました。次回は、比較の最上級の英作文について話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「お疲れ様でした」

●まとめ
<比較級の文の形について>
主語+動詞+比較級than比較している人・物.

<比較級の疑問文について>
・be動詞がある時→be動詞の疑問文

・be動詞がない時→一般動詞の疑問文

<比較級の否定文について>
・be動詞がある時→be動詞の否定文

・be動詞がない時→一般動詞の否定文

逆転英語5

▼▼▼関連記事





動画でも学習できます。