こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「英文読解のコツは、例えを押さえることです」について話して行きます。

逆転英語英文読解

授業をしている講師
「早速だけど、英文読解を読んでいる時、例をどのように読んでいるかな

授業を受けている生徒「英文読解で例を読んでいる時は、特に意識していることはないかな」

授業をしている講師実は、英文読解で例を読んでいる時に、筆者が伝えたいことを伝えるために例を挙げていることを意識しているか意識していないかで、英文を読むスピードが変わって来るんだよ

授業を受けている生徒「え」

授業をしている講師もっと言ってしまうと、英文読解で例を読んでいる時に、筆者が伝えたいことを伝えるために例を挙げていることを意識しているか意識していないかで、英文を理解できるかも変わって来るんだよ

授業を受けている生徒「え」

授業をしている講師「面白いことに、現代文ではしっかりと筆者が伝えたいことを伝えるために例を挙げていることを意識している人でも、英文になると意識できなくなることもある。そのことで、何が起きると思うかな

授業を受けている生徒「ただ漠然と英文を読んでいることになるので、英文の内容を丸っきり理解できない」

授業をしている講師「その通り。英文読解を読んでいる時、例が出て来るまでは英文の内容を理解できなかったとしても、例が出てきた瞬間に、筆者が英文で伝えたかったことを理解できることもあるんだよ。英文読解問題の時は、例を意識し英文を読んだことで、設問で正解できることもある。なので、たかが例。されと、例なんだよ」

授業を受けている生徒「確かに」

授業をしている講師「なので、授業を受けている生徒がこれから英文を読む時には、例もしっかりと意識して読んでご覧。これまで内容が分からなかった英文の内容が理解できるようになる。これまで英文読解のスピードが上がらなかった状態から英文読解のスピードが上がるようになる。つまり、設問の正解率を下げずに早く英文読解を解けるようになる

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、英文読解のコツは、例えを押さえることですについて話しました。しっかりと英文読解でも例を押さえるようにしてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
英文読解でも例を押さえることで、設問の正解率を下げずに早く英文読解を解けるようになる

逆転英語5

第8講のみでも購入できます。