こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「英文読解では、一段落ごとに設問に戻る」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回は英文読解は、下線について問う問題では解き急がないことについて話しました。問題を解き急がないようにするには、何が大切だったかな。

「問題を解き急がないようにするために大切なことは、無理に下線について問う問題を解かないこと

 「正解。問題を目の前にすると、慌てて下線について問う問題を解き始める人がいるから気を付けてね。

「はい」

 「今回は、英文読解では、1段落ごとに設問に戻るについて話します。英文読解を解く時、1段落ごとに設問に戻っているかな。

「英文読解を解く時、まずは英文を全て読んでから設問を見ている」

 「英文を全て読んでから設問を見て、英文読解の点数はどうかな。

「英文読解の点数は、安定していない。答え合わせをした時、「あ。そうだった」ということが多いかな」

 「そうだよね。実は、英文読解で1段落ごとに設問に戻ることで、ケアレスミスも減らすことができるんだよ。どうして英文読解で1段落ごとに設問に戻ることで、ケアレスミスを減らすことができるのか。どうしてケアレスミスが減らせると思う。

「うーん。設問を見る回数が増えるから」

 「それもある。一段落ごとに設問に戻ることで、設問を解くタイミングで設問を解くことができるからケアレスミスを減らすことができる。また設問を解くタイミングで設問を解くことで、客観的に問題を解くことができやすくなる。客観的に問題を解くことができることで、何が起きると思う。

「客観的に問題を解くことができることで、現代文と同じように英文読解の点数が安定するようになる」

 「その通り。1段落ごとに設問に戻ることで、英文読解を解くスピードも上がり、試験時間ギリギリに問題が解き終わり、見直し時間がないということも防ぐことができる

「はい」

 「今回は、英文読解では1段落ごとに設問に戻るについて話しました。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
英文読解でケアレスミスをしないためには、1段落ごとに設問に戻る

1段落ごとに設問に戻ることについて話している人

▼▼▼関連記事



第6講のみでも購入できます。