こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「英文読解では、下線について問う問題を急いで解かない」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回は英文読解の英文を読む前にやることについて話しました。英文を読む前にやることは何だったかな。

英文を読む前にやることは、まずは設問を見ること

 「正解。英文読解の英文を読む前に設門を押さえておくことで、何を押さえながら英文を読んで行けば良いのか把握しながら、問題を解くことができる。何を押さえながら英文を読んで行けば良いのか把握していることで、問題を解くスピードも上がるんだよ

「はい」

 「今回は、英文読解では、下線について問う問題を急いで解かないことについて話します。早速だけど、英文読解で下線を見た時、どうしているかな。

「英文読解で下線を見た時には、設問に戻り、直ぐに答えを探そうとしている」

 「そうだよね。しかし、英文読解で下線について問う問題の中には、下線までの英語では問題が解けない問題もある。下線までの英文では問題が解けない問題にも関わらず、下線まで読んだ英文だけで問題を解こうとすると、どうなると思う。

「問題で正解できなくなる」

 「そうだよね。なので、英文読解で下線を見た時、慌てて下線まで読んだ英文だけで解けない問題を無理やり下線まで読んだ英文で解こうとしないことが大切なんだよ。下線まで読んだ内容で解けない問題を無理やり解かないことは、英文読解だけではなく、現代文・古典・漢文でも言えることなんだよ

「はい。これからは英文読解の下線を問う問題を解き急がないようにします」

 「今回は、英文読解では、下線について問う問題を急いで解かないことについて話しました。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
英文読解で下線を見た時、慌てて下線まで読んだ英文だけで解けない問題を無理やり下線まで読んだ英文で解こうとしないことが大切

英文読解の下線を問う問題では、解き急がないことを話している人

▼▼▼関連記事



第5講のみでも購入できます。