こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「英文読解では接続詞を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回は英文読解で優先的に押さえることについて話しました。英文読解で優先的に押さえることは何だったけ。

「英文読解で優先的に押さえることは、主語と動詞です」

 「その通り。試験時間は予め決まっているので、時間内に英文読解を正確に解くには、主語と動詞を優先的に押さえることなんだよ。今回は、英文読解では接続詞も押さえることについて話すね」

「どうして英文読解では接続詞も押さえることが大切なの」

 「接続詞を使う時は、どういう時が多いかな。

「日本語で接続詞を使う時は、理由・逆説・要約の時に使うことが多いかな

 「そうだよね。英文読解でも接続詞を押さえることが大切な理由は、筆者が英文の中で伝えたいことはたった1つのことだからだよ。筆者が伝えたいことを読者にも分かるようにするために、接続詞を使っている。例えば、現代文でつまりという接続詞が出て来るまで丸っきり分からなかった文章が、つまりという接続詞の後の文を読んだ瞬間、分かったことがないかな。

「ある」

 「そうだよね。なので、英文を最初から読んで何が書かれているのか分からなかったとしても、焦る必要はないんだよ。英文を読み進める中で接続詞が出て来る。接続詞が出て来たことで、筆者が英文で何が言いたいのかが分かることがあるんだよ」

「はい。試験で英文を読み、何を言っているか分からないと「もう駄目だ」と思ってしまうことがある。しかし、接続詞も押さえることで筆者が英文で何を伝えたいのか分かることがあるのであれば、接続詞まで「諦めずに英文を読んで行こう」と思える

 「英文読解は現代文とは関係ないと考えている人は、英文読解においても接続詞を軽く扱うんだよ。接続詞を軽く扱うことで、実は接続詞以降に書かれていることを理解することができれば、得点できた問題でも得点できなくなるんだよ。は、英文読解でも接続詞をしっかりと押さえるようにしてね」

「はい」

 「今回は、英文読解でも接続詞を押さえることについて話しました。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
接続詞が出て来たことで、筆者が英文で何が言いたいのかが分かる

接続詞を軽く扱うことで、実は接続詞以降に書かれていることを理解することができれば、得点できた問題でも得点できなくなる

英文読解でも接続詞を押さえる大切さについて話している人

▼▼▼関連記事



第3講のみでも購入できます。