こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「英文読解では主語と動詞を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 
「早速だけど、前回は英文読解の概要について話しました。英文読解で大切なことは何だったかな

「英文読解で大切なことは、現代文で論理的思考を身に付けることです

 「そうだね。英語に限らず、ほとんどの科目の基礎は現代文なんだよ。なので、現代文を感覚的に解き続けている限り、ほとんどの科目の基礎を丸っきり理解できていないということになる。前回、現代文を感覚的に解くのではなく、論理的に解く力が身に付く問題集についても話したけど、解いているかな。

 ▼関連記事です



「少しずつだけど、解いている。これまで如何に現代文を感覚的に解いていたのか分かった」

 「今回は、英文読解では主語と動詞を押さえることについて話します。試験では決められていることがあるんだけど、何か分かるかな

「分かりません」

 「試験では試験時間が決められている。なので、決められて時間内で問題を解き、正解を答えないといけない。なので、一文一文にたっぷりと時間をかけることはできないんだよ

「確かに試験は、時間が決められているので、一文一文にたっぷり時間をかけることはできない」

 「しかし、英語の文章に何が書かれているのかを押さえないといけない。そこで、簡単にあまり時間をかけずに英語の文章に何が書いてあるのかを押さえる方法がある」

「どんな方法」

 「英語の文章の主語と動詞を優先的に押さえて行く方法だよ。例えば、He swam in the sea.という英文があったとするね。文を理解するために大切なことは、誰が何をしたのかだよね。なので、He swam in the sea.の英文の主語と動詞を探してあげれば良い。主語と動詞は何かな

「英語は主語+動詞+~.という形を取っているので、主語はHeで動詞がswamです

 「その通り。主語と動詞を押さえることで、誰が何をしたのか見失わずに英文を読み進めることができる。He swam in the sea.では、仮にin the seaが分からなかったとしても、主語と動詞が分かっているので、彼は泳いだということを押さえて次の英文を読み進めることができる

「なるほど」

 「仮に英文を日本語訳する問題が出題されたとしても、記述問題であれば0点ではなく、部分点は取ることができる

「マーク式試験でも選択肢を絞ることもできそうだよね」

 「その通り。英文読解になると、主語と動詞を優先的に押さえずに全ての内容を押さえようとする生徒がいる。なので、自分で問題を難しくするのではなく、英文読解では主語と動詞を優先的に押さえるようにしてね

「はい」

 「今回は、英文読解では主語と動詞を優先的に押さえることについて話しました。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
試験では試験時間が決められている

英文読解では主語と動詞を優先的に押さえる

主語と動詞を優先的に押さえることについて話している人

▼▼▼関連記事です



第2講のみでも購入できます。