こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「2020年度大学入試共通テスト入試問題の英語の問題を使い、接続詞を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度大学入試共通テスト入試問題の英語の問題を読み、何か気が付かないかな

【2020年度大学入試共通テスト入試問題の英語の問題】
The old man said he was looking for a way to the top of the mountain,so we decided to climb together.


「英文を見ると、1文が長いので、2文にする必要があると分かる。1文を2文にすると、The old man said he was looking for a way to the top of the mountain.So we decided to climb together.となる。またso以下が1文目について説明しているのが分かる」

 「おしい。今回の英文は、接続詞を押さえることができるのか試しているんだよが言った通りso以下の文がThe old manで始まる英文の前半について説明している。so以下の文がThe old manで始まる英文の前半をどのように説明しているかな。

「so以下の文は、The old manで始まる英文の前半が起きたので、行動したことについて説明している」

 「正解。つまり、順接の接続詞soを使い、どうしてThe old manで始まる英文の前半が起きたのかについて説明している。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「1文が長く理解できない場合には、が言った通り1文を2文にし、英文を理解することも正しく英文を理解するためには必要なことだったよね。逆転英語英文読解基礎講座の前半でも話したように、英文に限らず全ての科目の問題を正しく解くには、現代文の勉強が基礎にあるということは、特に接続詞が出て来た時に言える。現代文の基礎力が身に付いていなかった場合には、現代文の問題を解く時にも、何となく問題を解き、問題を正解できた。問題を正解できなかったと一喜一憂するだけなんだよ。しかし、現代文の基礎力が身に付いていた場合には、現代文の問題を解く時にも接続詞を意識し、問題を解く。問題を正解できた時、問題を正解できなかった時もどうして問題を正解できたのか。問題を正解できなかったのかを理解できる」

「確かに現代文の基礎力が身に付いていなかった場合、英文も何となく解いている」

 「なので、英文読解力を身に付けないと考えた場合には、現代文についても正しい勉強をすることが大切なんだよ。逆転英語英文読解基礎講座は、今回が最後になる。これから英文読解の問題を解く時、逆転英語英文読解基礎講座で勉強したことを使いながら、問題を解き、英文読解力を身に付いて行ってね

「はい」

 「今回は、2020年度大学入試共通テスト入試問題の英語の問題を使い、接続詞を押さえるについて話しました。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
英文に限らず全ての科目の問題を正しく解くには、現代文の勉強が基礎にあるということは、特に接続詞が出て来た時に言える

英文に接続詞が出て来た時について話している人

▼▼▼関連記事



第19講のみでも購入できます。