逆転英語ブログ

担当した生徒の成績を【最大30点上げた暗記式ではなく紐づけ式】逆転英語基礎講座・逆転英語中級講座開講中。逆転英語応用講座は開講準備中。

カテゴリ: 逆転英語英文読解基礎講座

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「英文読解では、まずは設問を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回は、英文読解で主語と動詞以外で優先的に押さえることについて話しました。英文読解で主語と動詞以外に優先的に押さえることは何だったかな。

「英文読解では、接続詞も優先的に押さえます

 「そうだよね。英文が丸っきり分からなかったとしても、接続詞以降、英文を読むと英文が何が言いたいのか分かることもある。今回は、英文読解で気を付けることについて話します。英文読解を解く時、どのようにしているかな。

「英文読解を解く時には、最初に英文を読み、次に設問を読み、最後に答えを考えている」

 「そうだよね。しかし、の解き方では試験のように限られた時間内で問題を解かないといけない場合、問題を全て解き終わる前に試験が終わってしまう。運よく全ての問題を解くことができたとしても、ケアレスミスがあり、試験で合格点を取ることができない

「それでは、どうすれば良いの」

 「現代文・古文・漢文の問題を解く時にも言えることだけど、まずは設問を確認することなんだよ。設問を確認することで、英文読解の問題の中には、英文を読まなくても解答できる問題があることが分かる。また設問で問われていることを予め意識しておくことで、英文を読む時にも設問の答えを意識しながら読むことができる。設問の答えを意識しながら読むことができることで、ケアレスミスもなくなる。勿論、時間内で問題を解くこともできるようになる

「確かに。設問で何を問われるのか分からずに英文を読んでいても、結局設問を解く時、再び英文を読むことになる」

 「そういうこと。試験会場でハイスピードで問題を解いていないように見えて、ハイスピードで問題を解き終わっている受験生は、問題の解き方を予め決めて解いているんだよ

「はい」

 「これから英文読解に限らず、現代文・古文・漢文の問題を解く時にも、文章よりもまず設問を確認するようにしてごらん。まず設問を確認して問題を解くようにしてから、問題を解く時間を短縮しながら、点数も上げることができるようになる

「はい。やってみます」

 「今回は、英文読解では、まず設問を押さえることについて話しました。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
設問を確認することで、英文読解の問題の中には、英文を読まなくても解答できる問題があることが分かる

設問で問われていることを予め意識しておくことで、英文を読む時にも設問の答えを意識しながら読むことができる

ハイスピードで問題を解き終わっている受験生は、問題の解き方を予め決めて解いている

英文読解を解くと胃には、まずは設問を確認することを話している人

▼▼▼関連記事



第4講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「英文読解では接続詞を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回は英文読解で優先的に押さえることについて話しました。英文読解で優先的に押さえることは何だったけ。

「英文読解で優先的に押さえることは、主語と動詞です」

 「その通り。試験時間は予め決まっているので、時間内に英文読解を正確に解くには、主語と動詞を優先的に押さえることなんだよ。今回は、英文読解では接続詞も押さえることについて話すね」

「どうして英文読解では接続詞も押さえることが大切なの」

 「接続詞を使う時は、どういう時が多いかな。

「日本語で接続詞を使う時は、理由・逆説・要約の時に使うことが多いかな

 「そうだよね。英文読解でも接続詞を押さえることが大切な理由は、筆者が英文の中で伝えたいことはたった1つのことだからだよ。筆者が伝えたいことを読者にも分かるようにするために、接続詞を使っている。例えば、現代文でつまりという接続詞が出て来るまで丸っきり分からなかった文章が、つまりという接続詞の後の文を読んだ瞬間、分かったことがないかな。

「ある」

 「そうだよね。なので、英文を最初から読んで何が書かれているのか分からなかったとしても、焦る必要はないんだよ。英文を読み進める中で接続詞が出て来る。接続詞が出て来たことで、筆者が英文で何が言いたいのかが分かることがあるんだよ」

「はい。試験で英文を読み、何を言っているか分からないと「もう駄目だ」と思ってしまうことがある。しかし、接続詞も押さえることで筆者が英文で何を伝えたいのか分かることがあるのであれば、接続詞まで「諦めずに英文を読んで行こう」と思える

 「英文読解は現代文とは関係ないと考えている人は、英文読解においても接続詞を軽く扱うんだよ。接続詞を軽く扱うことで、実は接続詞以降に書かれていることを理解することができれば、得点できた問題でも得点できなくなるんだよ。は、英文読解でも接続詞をしっかりと押さえるようにしてね」

「はい」

 「今回は、英文読解でも接続詞を押さえることについて話しました。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
接続詞が出て来たことで、筆者が英文で何が言いたいのかが分かる

接続詞を軽く扱うことで、実は接続詞以降に書かれていることを理解することができれば、得点できた問題でも得点できなくなる

英文読解でも接続詞を押さえる大切さについて話している人

▼▼▼関連記事



第3講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「英文読解では主語と動詞を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 
「早速だけど、前回は英文読解の概要について話しました。英文読解で大切なことは何だったかな

「英文読解で大切なことは、現代文で論理的思考を身に付けることです

 「そうだね。英語に限らず、ほとんどの科目の基礎は現代文なんだよ。なので、現代文を感覚的に解き続けている限り、ほとんどの科目の基礎を丸っきり理解できていないということになる。前回、現代文を感覚的に解くのではなく、論理的に解く力が身に付く問題集についても話したけど、解いているかな。

 ▼関連記事です



「少しずつだけど、解いている。これまで如何に現代文を感覚的に解いていたのか分かった」

 「今回は、英文読解では主語と動詞を押さえることについて話します。試験では決められていることがあるんだけど、何か分かるかな

「分かりません」

 「試験では試験時間が決められている。なので、決められて時間内で問題を解き、正解を答えないといけない。なので、一文一文にたっぷりと時間をかけることはできないんだよ

「確かに試験は、時間が決められているので、一文一文にたっぷり時間をかけることはできない」

 「しかし、英語の文章に何が書かれているのかを押さえないといけない。そこで、簡単にあまり時間をかけずに英語の文章に何が書いてあるのかを押さえる方法がある」

「どんな方法」

 「英語の文章の主語と動詞を優先的に押さえて行く方法だよ。例えば、He swam in the sea.という英文があったとするね。文を理解するために大切なことは、誰が何をしたのかだよね。なので、He swam in the sea.の英文の主語と動詞を探してあげれば良い。主語と動詞は何かな

「英語は主語+動詞+~.という形を取っているので、主語はHeで動詞がswamです

 「その通り。主語と動詞を押さえることで、誰が何をしたのか見失わずに英文を読み進めることができる。He swam in the sea.では、仮にin the seaが分からなかったとしても、主語と動詞が分かっているので、彼は泳いだということを押さえて次の英文を読み進めることができる

「なるほど」

 「仮に英文を日本語訳する問題が出題されたとしても、記述問題であれば0点ではなく、部分点は取ることができる

「マーク式試験でも選択肢を絞ることもできそうだよね」

 「その通り。英文読解になると、主語と動詞を優先的に押さえずに全ての内容を押さえようとする生徒がいる。なので、自分で問題を難しくするのではなく、英文読解では主語と動詞を優先的に押さえるようにしてね

「はい」

 「今回は、英文読解では主語と動詞を優先的に押さえることについて話しました。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
試験では試験時間が決められている

英文読解では主語と動詞を優先的に押さえる

主語と動詞を優先的に押さえることについて話している人

▼▼▼関連記事です



第2講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「英文読解」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 
「早速だけど、英文読解と聞いて、どんなイメージがあるかな。

「英文読解は、英文法さえできていれば、点数が取れるというイメージがある」

 「確かに。英文読解は、英文法が理解できいれば、一定の点数を取ることはできる。私も高校時代までは現代文を本気で勉強しなくても、英文読解で点数を取ることができた。しかし、実は英文読解の勉強しかしていない場合には、ある意味目隠しして試験を解いているのと同じことなんだよ

「え」

 「英文読解の問題を見た時、問題には何と書いてあるかな

「問題には、次の文章を読んで問いに答えなさいと書いてあるよね」

 「そう。次の文章を読んで問いに答えなさいと書いてあるということは、問題のヒントは文章の中にあるということになるよね

「確かに」

 「英文を読み間違えてしまった場合、問いを1問も正解できないということもあるということになる。英文読解で0点を取ったことはあるかな」

「英文読解で0点を取ったことはないけど、安定した点数は取れたことはない

 「実は、英文読解だけではなく、全ての科目は現代文をしっかりと勉強し、論理的思考を身に付けることで安定した点数を取ることができるようになる。仮に英文で知らない英単語ばかりだったとしても、筆者が伝えたいことを意識し、英文を読み進めて行くことで、問いに正解することができるようになるんだよ」

「え」

 「勉強する時、現代文で身に付けた論理的思考を使うことで、暗記しようとしなくても、自然と理解でき、記憶することができるようになる

「現代文も勉強して、論理的思考を身に付けたいです」

 「現代文も勉強し、論理的思考を身に付けることができる問題集がある。実は、私が大学受験のために1浪し、予備校で現代文の講義を受け、劇的に受験科目の点数が上がったきっかけになった現代文の講師の問題集なんだよ
 
「出口汪先生の出口式中学国語 新レベル別問題集【0 スタートアップ編】ですか」

 「出口汪先生の現代文の問題集を解くことで、無理なく論理的思考を身に付けることができ、感覚的に現代文・英文読解を解かなくなり、安定して点数を取ることができるようになる。しかも、論理的思考を身に付けることで、書く文章も変わって来る

「どんなふうに書く文章が変わって来るの」

 「独りよがりの文章ではなく、読者を意識した文章を書けるようになる。読者を意識して文章を書けるスキルは、ブログ・SNSでも役に立つスキルなんだよ」

「確かに。出口汪先生の出口式中学国語 新レベル別問題集【0 スタートアップ編】が欲しいです」

 「まだ英文法を勉強しているうちから論理的思考を身に付けておくことで、英文読解を勉強する時には、とても楽になる。なので、ここから出口汪先生の出口式中学国語 新レベル別問題集【0 スタートアップ編】を買えるようにしておくね


「ありがとうございます」

 「今回は、英文読解について話しました。今回紹介した出口先生の現代文の問題集を使い、論理力を身に付けてね。お疲れ様でした」

「はい。頑張ります。お疲れ様でした」

●まとめ
<英文読解について>
現代文を勉強し、論理的思考を身に付けておくことで、英文読解でも安定した点数が取れるようになる

・おすすめ参考書
出口汪先生の出口式中学国語 新レベル別問題集【0 スタートアップ編】

英文読解と現代文を別々に考えている人

▼▼▼関連記事です



第1講のみでも購入できます。

↑このページのトップヘ