こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「現在進行形」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回はbe動詞の否定文について話しました。be動詞の否定文は、どうすれば良かった

「be動詞の否定文は、be動詞の後ろにnotを入れてあげるだけ良かったです」

 「が言う通りだね。。それでは、He is a lawer.を否定文にすると、どうなるのか

be動詞がisです。isの後ろにnotを入れてあげれば良いので、He isn't a lawer.になります

 「正解。今回は、現在進行形について話します。現在進行形と聞いて、何かイメージできないかな。

 ▼関連記事です



「現在進行形は、進行形と言っているくらいだから今起きていることなのかな」

 「そう。現在進行形は今ちょうど起きていることについて表す時に使う。英語では動詞は1文で1つしか使えないのが、原則なんだよ。しかし、現在進行形では、1文で動詞を2つ使うことになる

「え。どういうことですか」

 「動詞にingを付けることで、1文に2つの動詞を使うことができるようになる。つまり、主語+be動詞+動詞ing~.になるんだよ

「なるほど。動詞にingを付けてあげれば良いんだ」

 「speakにingを付けると、どうなるかな

「speakingで良いのかな」

 「正解。しかし、動詞にingを付けることにも例外がある。takeにingを付けると、どうなると思う。

「え。分かりません」

 「takeのようにeで終わる一般動詞の場合には、eを取ってingを付けてあげることになる。。そう考えると、どうなるかな」

「takingですか」

 「その通り。takeのeを取ってあげてからingを付けてあげることになる。続いてgetにingを付けてあげると、どうなると思う。

「eで終わっているわけでもない。分かりません」

 「getを見てあげると、eの前が母音だよね。そしてtが子音だよね。母音+子音の場合には、子音を重ねてingを付けてあげることになる。つまり、getの場合には、tを重ねてingにし、gettingになる。。大丈夫かな」

「はい」

 「それでは、I study English.を現在進行形にすると、どうなるかな。

現在進行形は、主語+be動詞+動詞ing~.なので、I am studying English.ですか」

 「正解。studyはeで終わる一般動詞でもなく、母音+子音の動詞でもない。なので、studyingになるよね。今回は、現在進行形の肯定文について話しました。次回は、現在進行形の疑問文について話します。be動詞についても復習しておいてね。お疲れ様でした」

「分かりました。お疲れ様でした」

●まとめ
<ingの作り方について>
・原則→動詞ing

・-e→―ing

・母音+子音→母音+子音+子音ing

<現在進行形の作り方について>
主語+be動詞+動詞ing~.

現在進行形の肯定文について話している人

▼▼▼関連記事です



▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

第7講のみでも購入できます。